Standards Western Automatic Computer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SWACの記憶装置

SWACStandards Western Automatic Computer)は、1950年米国標準局(NBS)がカリフォルニア州ロサンゼルスで開発した第一世代のコンピュータである。

概要[編集]

設計者はハリー・ハスキー英語版。同時期に開発されたSEACと同様で、もっと強力なコンピュータ(特にレイセオン社のRAYDAC)が完成するまでのつなぎとして NBS 内で使用するために短期間で開発した小型のコンピュータである。

2300本の真空管で構成されている。256ワード主記憶装置ウィリアムス管使用)を備え、ワード長は37ビットである。命令は7種類で、加算減算乗算単精度倍精度)、比較、データ抽出、入力出力である。数年後に磁気ドラムメモリが追加された[1]

SWAC が1950年7月に完成したとき、世界最高速のコンピュータであった。この記録は一年後にIASマシンが登場するまで破られなかった。ふたつの数値の加算を行って、結果をメモリに格納するまでに64マイクロ秒かかった。同様に乗算は384マイクロ秒である。NBS は1954年までこれを利用し、その後カリフォルニア大学ロサンゼルス校で改造しながら1967年まで利用された。UCLAでは1時間40ドルで課金された。

1952年、Raphael M. Robinson は SWAC を利用して 5つのメルセンヌ数を発見した。当時としては最大の素数であり、157桁、183桁、386桁、664桁、687桁の数値であった。

脚注[編集]

  1. ^ Oral history interview with Alexandra Forsythe, Charles Babbage Institute, University of Minnesota.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • SEAC (Standards Eastern/Electronic Automatic Computer)

外部リンク[編集]