solar wind

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
solar wind
シュノーケルシングル
初出アルバム『EQ
B面 入道雲
弾丸ランナー
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
J-POPアニメソング
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 西村晋弥
チャート最高順位
シュノーケル シングル 年表
旅人ビギナー
(2006年)
solar wind
(2006年)
Bye-Bye×Hello
(2007年)
テンプレートを表示

solar wind」(ソーラー ウィンド)は、シュノーケルの4枚目のシングルである。

解説[編集]

前作「旅人ビギナー」から4ヶ月でのリリース。全曲「夏」をテーマとしているが、これは意識して制作されたわけではなく、奇跡なのだという[2]

2ndシングル「波風サテライト」以来2作目のアニメタイアップ曲。初回仕様特典として「」オリジナルキャラクターカードが封入され、「牙」描き下ろしクリアシートが付属された。

ジャケットのイラストはジム・ウードリング、歌詞カードのイラストは香葉村多望によるもの。

ミュージック・ビデオの監督はnicographics

収録曲[編集]

全曲 作詞・作曲:西村晋弥

  1. solar wind(3:42)
    (編曲:シュノーケル、tasuku
    テレビ東京系アニメ『牙 -KIBA-』エンディングテーマ[注釈 1]
    1stアルバム『SNOWKEL SNORKEL』のレコーディング時に制作された楽曲[2]。アニメではTV用に編集されたアレンジが使用され、サウンドトラック盤に収録されたが、シュノーケル関連の作品には未収録。
    ライブの定番曲であり、アンコールラストなど終盤で演奏されることが多い。
    演奏時間が3分42秒で、シュノーケルのシングル作品では8thシングル「ナツカゼ」の次に演奏時間が短い楽曲。
  2. 入道雲(5:02)
    (編曲:シュノーケル、河野圭
    インディーズ盤『ソラカラフル』の収録曲をバンド編成にアレンジし直したもの。歌詞も一部追加・変更されている。本作に収録のアレンジはアルバム未収録。
  3. 弾丸ランナー(4:34)
    (編曲:シュノーケル、河野圭)
    体育祭嫌いの文系男子の心情を描いた楽曲。アルバム未収録。

参加ミュージシャン[編集]

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

solar wind

  • 「牙」 オリジナル・サウンドトラック Vol.1(TV ver.)
  • EQ
  • Best+

ライブ映像作品[編集]

solar wind

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2006年7月2日 - 9月24日放送分(第14話 - 第26話)

出典[編集]

  1. ^ solar wind|シュノーケル”. ORICON NEWS. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ a b インタビュー:シュノーケル「自分達の世界観がより鮮明になった」”. livedoor ニュース (2006年8月31日). 2018年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]