Sohey Sugihara

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
そうへい すぎはら
Sohey Sugihara
ソウヘイ・スギハラ
本名 杉原壮平[1]
出生地 日本の旗 日本北海道旭川市[2]
職業 ダンサー振付師

Sohey Sugiharaソウヘイ・スギハラ(そうへい すぎはら)は、日本ダンサー振付師。本名は杉原 壮平(すぎはら そうへい)。北海道旭川市出身。アメリカロサンゼルスを拠点に活動。[1][2][3]

2010年にアーティストビザを取得し、ジャネット・ジャクソンジャスティン・ビーバージェイソン・デルーロアッシャーなどさまざまなアーティストと共演するほか、テレビ番組(『アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー』)、TVCMなどにも出演。それ以外にもダンス講師としても世界中でワークショップを展開するなど、幅広く活動している。[3][4][5]

ダンススタイルは、Jazz funkHip Hop、Waacking、Houseなど。[6]

来歴[編集]

1998年、ダンスを始める。

2004年、東京で行われたDance Tribe Grand Prixで特別賞を受賞。[6]

2008年ブリトニー・スピアーズの長年の振付師アンドレ・フェンテスに見初められ、アシスタントとしてブリトニーのミュージックビデオ「Womanizer」「Circus」に参加。そしてブリトニー本人のアシスタントも務めるようになる。[4][5][6][7]

2015年5月、9月から始まるマドンナのワールドツアーに参加するために2年契約の終了前にブリトニーの元を離れることになる。きっかけは、YouTubeで自分の曲で踊っているSoheyをマドンナ自身が見つけ、関係者を通じて連絡してきたことだった。実はマドンナの前回のツアーのオーディションを受けていたが、その時は不合格だった。[5][8]

主な出演[編集]

ツアー[編集]

ライブステージ(イベント、テレビ番組など)[編集]

ミュージックビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b #008 SUGIHARA Sohey”. report ActOne (2016年12月26日). 2017年4月15日閲覧。
  2. ^ a b Sohey Sugiharaさんの自己紹介”. Facebook. 2017年4月15日閲覧。
  3. ^ a b 【DANCE@EXPRESS】「何ができるか?」常に考えて 世界で活躍する日本人 Sohey Sugihara(3/3ページ))”. SANKEI EXPRESS - SankeiBiz (2016年3月7日). 2017年4月15日閲覧。
  4. ^ a b 【DANCE@EXPRESS】「何ができるか?」常に考えて 世界で活躍する日本人 Sohey Sugihara(1/3ページ))”. SANKEI EXPRESS - SankeiBiz (2016年3月7日). 2017年4月15日閲覧。
  5. ^ a b c news, People Sohey”. トウキョウダンスマガジン (2016年6月7日). 2017年4月15日閲覧。
  6. ^ a b c ダンサーインタビュー:People Kento Mori / Sohey ~ Promising Young Dancers ~ 1”. トウキョウダンスマガジン (2009年3月3日). 2017年4月15日閲覧。
  7. ^ ダンサーインタビュー:People Kento Mori / Sohey ~ Promising Young Dancers ~ 2”. トウキョウダンスマガジン (2009年3月3日). 2017年4月15日閲覧。
  8. ^ 【DANCE@EXPRESS】「何ができるか?」常に考えて 世界で活躍する日本人 Sohey Sugihara(2/3ページ))”. SANKEI EXPRESS - SankeiBiz (2016年3月7日). 2017年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]