Silver-Rose

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Silver-Rose
別名 シルヴァー・ローズ
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
ジャンル ロック
活動期間 1989年 - 1994年
事務所 ティアーズ音楽事務所
メンバー Yowmay(ボーカル)
Hitoshi(ギター)
Koichi(ギター)
Kaiki(ベース)
Kyo(ドラムス)
旧メンバー Eiji(ドラムス)

Silver-Rose(シルヴァー・ローズ)は、名古屋出身のヴィジュアル系ロックバンド。当時は黒夢と並んで「名古屋2大巨頭」とされていた[1]

解説[編集]

  • Hitoshi、Kouichi、Kaikiは尾張桜組の一員としても活躍した。
  • インディーズながら、数々のワンマンライブを展開し、全国的にも人気があった。
  • また、バンド名の由来はYOWMAYとKAIKIの好きな言葉「Silver」と「Rose」からである。
  • 解散後ギターのKouichiはLaputaに、ベースのKaikiはROUAGEに、そしてドラムのKyoはMerry Go Round加入した。

メンバー [編集]

  • Yowmay(ヨウメイ)(vo)
秋田県出身。KAIKIとは中学からの付き合い。作詞のみならず作曲にも貢献している。解散後はSLIDE RAREやNaked Armerで活動。SLIDE RAREではハードロックをやっていて、ミニアルバムを1枚発表している。(Naked Armerではシングルを数枚無料配布したのみで公式音源は無し)`99年3月、Naked Armer解散に伴い音楽活動を停止。現在は引退し、会社員として働きつつ、元・黒夢の鈴木新率いる草野球チーム「水南デンジャーズ」に外野手として参加している。
  • Hitoshi(ヒトシ)(G)
青森県出身。Silver-Roseには結成当初から参加。KOICHI加入後は主にバッキングを担当。解散後、一時期SLIDE RAREのサポートをしていた時期があった。一時期、音楽活動を引退していたが、近年、音楽活動を再開した模様で、最近ではかつての同僚・Kouichiのソロプロジェクト・Everlasting-Kのサポートをしている。
  • Kouichi(コウイチ)(G)
三重県鈴鹿市出身。Silver-Rose加入前はVIVIAN LEEをやっていた。もう一本ギターが欲しいと思ったKAIKIに誘われ、「EMERGENCY EXPRESS 1992」よりSilver-Roseに加入、リード・ギターを担当。本人曰く「当時はソロばかり弾いていてバッキングは疎かにしていた」との事である。解散後、Laputaに加入。
  • Kaiki(カイキ)(B)
本名・高橋浩一郎。兵庫県出身。中学の時、愛知県豊田市へ引っ越し、YOWMAYと出会う。高校生の時にバンド活動を始め、最初はドラムだったが、高3の時にベースに転向。Silver-Rose結成前はR-STREETで活動していた。解散後、ROUAGEに加入。
  • Kyo(キョウ)(Dr)
愛知県出身。2代目ドラマーSilver-Rose加入前はMANICUREで活動。2ndアルバム「Keen Kiss Me」より参加。解散後、Merry Go Roundに加入し`98年まで在籍。Merry Go Round脱退後はKneuklid Romanceに加入しメジャーデビューするが、2000年に解散。その後、DIET-COKE HEAD BARBIE DREAMSで活動。現在は音楽活動を引退しており、家業を営んでいる。

 旧メンバー [編集]

  • Eiji(エイジ)(Dr)
初代ドラマー「EMERGENCY EXPRESS 1992」まで参加。
脱退後の動向は不明。

歴史[編集]

  • 1989年結成。YOWMAYと元R-STREETのKAIKIを中心にHITOSHIとEIJIを加えた4人で結成。音楽性は当時のヴィジュアル・ロック・シーンの主流であったポジティブ・パンクをベースとしたものだった。。変幻自在なメロディーラインと様々なジャンルより吸収されたビートを武器に名古屋を中心に活動し、徐々に人気を獲得。
  • 1991年1stアルバム「Silver-Rose」を発表している。Silver-Rose」発表後、KAIKIはもう1人ギターが欲しいと考え、元VIVIAN LEEのKOICHIを誘い、加入させた。5人編成となって音圧も増し、Silver-Roseは更に精力的に活動を行う。
  • 1992年、V.A.「EMERGENCY EXPRESS 1992」に「Silver-Rose」に収められていた「RAIN」を提供。その直後にEIJIが脱退し、後任として元MANICUREのKYOが加入。6月には2ndアルバム「Keen Kiss Me」を発表し、その人気を全国区へと広げていくのであった。
  • 1993年初頭、2ndアルバム収録曲全曲のPVとLIVE映像を収めたVIDEO「Keen Kiss Me」を発表。この頃行われた東名阪TOURでは各会場ごとに内容の異なるCDシングルを無料配布している。さらに、春にはプロデューサーに元X JAPAN高井寿を迎え、3rdアルバム「Labyrinth~迷宮~」を通販用・店頭販売用の2種類を同時発表。さらにアルバムからのカットとしてSingle「GRASSIC NONFICTION」を発表している。この時既に、名古屋では絶大なる人気を博し、全国でもSilver-Roseの名は大いに知れ渡っていたのであった。その後もLIVEアルバム「LIVE NEW ROSE TOUR1992-SILVER ROSE」やVIDEO「いつつのバラの幻想 ~TOUR 記念」「銀色の幻想集~Labyrinth~」等を発表したり、年間100本以上のLIVEを行う等、精力的に活動を続けていたが、この頃からKAIKIとKOICHIの仲は険悪な状態になっていた。最終的に、KAIKIとKOICHIの仲違いと、メンバー間の意見の相違等により、Silver-Roseの解散が決定。
  • 1994年1月のクラブチッタ川崎でのLIVEを最後にSilver-Roseは5年間活動し幕を下ろし解散した。(解散後に2枚組みBESTアルバム「~Dear Argent~終止符」発表)
  • 2004年解散から10年の時が過ぎ、一夜限りの再結成を果たした。(ただし、YowmayとHitoshiのみであり、不揃いでのままサポートメンバーの元DIE-ZW3EのYUKIとRANと共にliveをした)

ディスコグラフィ[編集]

デモテープ
  • SILENT HIGHT
  • TWONGIHT
  • 薔薇
  • 漂流
CDシングル
  • LED FREEDOM
  • MISTY LOVE
  • FLOAT ABOUT
  • GRASSIC NONFICTION
CDアルバム
  • Silver-Rose
  • Keen Kiss Me
  • Labyrinth ~迷宮~
  • LIVE NEW ROSE TOUR1992-SILVER ROSE
  • ~Dear Argent~ 終止符
ビデオ
  • Fin
  • いつつのバラの幻想
  • Keen Kiss Me
  • 銀色の幻想集
参加オムニバス
  • EMERGENCY EXPRESS'1992 ~surging the next crisis~
  • PLACTICAL J・O・K・E volume1
  • Scene3

脚注[編集]

  1. ^ SHUN.'S FAVORITE THINGS Vol.30 90年代名古屋系”. Visulog (2015年1月27日). 2015年8月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]