Shock On The Piano

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Shock On The Piano
SUEMITSU & THE SUEMITHスタジオ・アルバム
リリース
録音 2006年2007年2008年
ジャンル J-POPロック
時間
レーベル キューンレコード
プロデュース 末光篤
チャート最高順位
SUEMITSU & THE SUEMITH アルバム 年表
The Piano It's Me
2007年
Shock On The Piano
2008年
Best Angle for the Pianist - SUEMITSU & THE SUEMITH 05-08 -
2008年
テンプレートを表示

Shock On The Piano』(ショック・オン・ザ・ピアノ)は、SUEMITSU & THE SUEMITHのセカンドアルバム2008年3月19日発売。

解説[編集]

  • 前作「The Piano It's Me」より1年ぶりとなる、先行シングル3枚を含むアルバムである。
  • ライヴの機会が増え、バンドでプレイしている感覚を意識するようになり、今作はライヴ感を色濃く出したバンドとしての "SUEMITSU & THE SUEMITH" を突き詰めた作品にしたという。
  • 初回限定生産盤は、スエミツセレクトの楽曲のロックアレンジインストを収録したボーナスディスク付の2枚組三方背ボックス仕様となっている。
  • ボーナスディスク収録の「The Entertainer [Astaire pt.2]」は、シングル「Astaire」と同時期にレコーディングされ、シングル化を競った楽曲である。

収録曲[編集]

Disc 1
  1. Shocking "SUEMITSU & THE SUEMITH" (Also sprach Zarathustra Op.30 ~ Einleitung
  2. Rock a Nova (Album mix)
  3. Teddy Bear
  4. The Island March
  5. It's a Brand New Day
  6. November is the Ballade
  7. Boyz, Boy Don't Cry
  8. ID
  9. Peppermint Blue Vespa
  10. Chill is a Drug
  11. Spellbound
  12. The Indication
  13. Sagittarius (Album mix)


Disc 2:Shock On The Piano feat. Instruments(初回限定ボーナスディスク)
  1. Skyscraper [at the Venue in 1968 Version]
  2. Mini Cooper [on the London Streets Version]
  3. Petite reunion (25 Leichte Etuden Op.100 - 4) [Kidz, Kid Don't Cry Version]
  4. The Entertainer [Astaire pt.2]


All Lyrics, Music and Arranged by SUEMITSU atsushi
except: Disc 1 Mv.4 & 8 Lyrics by ISHIWATARI junji
Disc 1 Mv.1 Music by STRAUSS richard georg, Mv.6 Music by CHOPIN frederic françois / SUEMITSU atsushi
Disc 2 Mv.3 Music by BURGMÜLLER johann friedrich franz

タイアップ[編集]