Sentinel-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

センチネル-2 は、  ESA が コペルニクス計画 の一環として開発している地球観測ミッションであり、森林監視や土地被覆変化の検出、自然災害対策などの事業を支援するような地表観測を行う。同一仕様の2機の衛星 センチネル-2Aとセンチネル-2Bから構成される。

概要[編集]

センチネル-2ミッションは、以下のような機能を持つ。

  • マルチスペクトル データ: 可視光近赤外光短波長赤外光 にわたる13バンド。
  • 南緯56°から北緯84° Nまでの地表と、沿岸海域の系統的・全球的なカバー、そして地中海全域
  • 同じ観測角で5日ごとのレビジット。高緯度地域ではセンチネル-2の観測は軌道同士で重複が生じるため、一部の地域では5日間のうちに2回以上観測されるだろう(観測角は異なるが)。
  • 空間分解能10 m, 20 m, 60 m
  • 290 キロの視野
  • 無料かつオープンのデータポリシー

頻繁な再観測と高いミッション目標を達成するために、二つの同一のセンチネル-2衛星(センチネル-2A、センチネル-2B)を同時運用する。設計軌道は高度786 km (488マイル)の 太陽同期 で、1日あたり地球のまわりを14.3周回し、下降ノードは午前10:30。この現地時間は雲被覆を最小にすることと、太陽光の照射量を適量確保することをすりあわせて決められた。Landsat と近く、スポットシリーズと一致するため、Sentinel-2のデータはそれらの過去の画像とともに長期時系列データを構築する。

打ち上げ[編集]

二つの衛星は、同一軌道を正反対の位置で動く。Sentinel-2Aは2015年6月23日01:52 UTCに Vega ロケットにより打ち上げ。[1] センチネル-2Bは2017年4月にRokotロケットにより打ち上げ予定。[2][3]

観測機器[編集]

(自動翻訳未修正)のセンチネル-2衛星で、それぞれを単一の マルチスペクトル計器 (MSI)13スペクトルチャンネルの可視/近赤外線(VNIR)および短波長赤外線スペクトル範囲(SWIR)です。

(自動翻訳未修正)このMSIイメージング装置用押し箒コンセプトやデザインを牽引してきた大 290キロメートル (180 mi) 観測要求の高い幾何学的およびスペクトルの要求性能を測定します。[4]

センチネル-2バンド 中心波長(μm) 解像度(m)
バンド1 沿岸のエアロゾル 0.443 60
バンド2 青
0.490 10
バンド3 緑 0.560 10
バンド4 赤 0.665 10
バンド5 植生のレッドエッジ 0.705 20
バンド6 植生のレッドエッジ 0.740 20
バンド7 植生のレッドエッジ 0.783 20
バンド8 近赤外 0.842 10
バンド8A 植生のレッドエッジ 0.865 20
バンド9 水蒸気 0.945 60
バンド10 短波長赤外-巻雲 1.375 60
バンド11 短波長赤外 1.610 20
バンド12 短波長赤外 2.190 20

用途[編集]

(自動翻訳未修正)このミッションは、主に情報提供のための農林業実践のための管理に役立ち食料安全保障します。衛星画像を決定する際に使用される各種工場の指標などの葉地域のクロロフィルと水のコンテンツ指します。このことは特に重要な効果的な利回り予測に関するアプリケーション地球の植生に由来しています。

(自動翻訳未修正)モニタリングと同様に、植物の成長には、センチネル-2でにマップするときに使用するとともに移り変わる土地のカバーを監視し、世界中の森林です。また、情報提供汚濁湖沼-沿岸海域です。画像の洪水、火山噴火-地すべりに貢献する防災マッピングや人道支援します。

  • 監視土地被覆変化のための環境モニタリング
  • 農業用途などの作物モニタリングおよび管理に食料安全保障
  • 詳細な植物および森林モニタリングおよびパラメータの生成などの葉面積指数、クロロフィル濃度、炭素量推計)
  • 観測海域の海洋環境モニタリングでは、沿岸域マッピング)
  • 内陸水モニタリング
  • 氷河のモニター、氷分布のマッピングは、積雪の監視
  • 洪水マッピング-管理リスク分析し、損失の評価、防災、洪水時)

(自動翻訳未修正)のセンチネルモニタ用する簡単な方法を提供観察-分析土地変化に基づくアーカイブセンチネル-2データです。[5]

製品[編集]

(自動翻訳未修正)センチネル-2のマルチスペクトルイメージング装置を行う体系的に取得単一の観測モードになります。[6]

  • レベル1B:トップの雰囲気輝度なセンサーの形状です。レベル1Bは顆粒一粒のサブ画像の12検出器の全トラック方向(25 キロメートルの範囲を含む指定された数のラインに沿ってトラック(約23 キロメートル)である。 各レベル1B顆粒のあるデータ量は約27応募を推奨いたします。レベル1Bが要求される製品の専門知識のorthorectification技術です。
  • レベル-1C:トップの雰囲気閾固定設定幾何学(UTM投影および楕円体WGS84)です。 レベル-1C画像の設定のタイルの100㎞2では、それぞれ約500MBのです。 これらの製品に含まれる応用放射線測定および幾何学的補正を含むorthorectification空間の登録)を持ちます。
  • レベル-2A:底部には雰囲気の閾、地図の形状です。この製品は現在に加工、利用者側によるプロセッサラ州のセンチネル-2ツールボックスです。の可能性、並びにその標準コアに製品を体系的に可能からSentinelsコア 地セグメント については現在、精査の一環として、CSCの進化活動します。

訓練データセット[編集]

(自動翻訳未修正)月2013年には、 Centre National d Etudes Spatiales ー(CNES)がリリース版の配布が開始され訓練データセットを取得した スポット4つの 衛星が同じrepetitivity計画どおりのためのセンチネル-2、今後のセンチネル-2ユーザーの開発手法やアプリケーションをmultitemporalデータです。この実験は、SPOT4(Take5)が開催されたとの間で、2013年月に、時にシリーズ45サイトのためのバリエーションを揃えている。 このデータセットは、軌道高度SPOT4の減少があったことから 2キロメートル (1.2 mi) のための場所での5日間に再度サイクルします。[7]

(自動翻訳未修正)この実験を繰り返しの スポット5つの 衛星カントリー社からの調達は ESA とCNESは、月および2015年月ます。この第二の実験は、150サイト世界に散らばるって観測されています。

(自動翻訳未修正)データの両方からの実験において自由にご利用からスポット(Take5)実験サイトです。[8]

脚注[編集]

  1. ^ Nowakowski, Tomasz (2015年6月23日). “Arianespace successfully launches Europe's Sentinel-2A Earth observation satellite”. Spaceflight Insider. http://www.spaceflightinsider.com/missions/earth-science/arianespace-successfully-launches-europes-sentinel-2a-earth-observation-satellite/ 2016年8月17日閲覧。 
  2. ^ Satellite: Sentinel-2B”. World Meteorological Organization. 2016年8月26日閲覧。
  3. ^ Launch Schedule”. Spaceflight Now (2016年8月17日). 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月28日閲覧。
  4. ^ Sentinel-2 MSI: Overview”. European Space Agency. 2015年6月17日閲覧。
  5. ^ Sentinel Monitoring”. Sentinel Hub/Sinergise. 2016年8月26日閲覧。
  6. ^ Sentinel-2 MSI: Product Types”. European Space Agency. 2015年6月17日閲覧。
  7. ^ Slides from the second SPOT (Take 5) Workshop”. Paul Sabatier University (2014年11月28日). 2015年4月23日閲覧。
  8. ^ Spot-Take5 Home (October 2015).

外部リンク[編集]