Senna

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Senna
開発元 (有)未来検索ブラジル
最新版 1.1.5 / 2010年4月14日
対応OS クロスプラットフォーム
種別 全文検索
ライセンス LGPL
公式サイト Senna 組み込み型全文検索エンジン
テンプレートを表示

Senna(せな、Senna: An Embeddable Fulltext Search Engine)は、未来検索ブラジルによって開発されているオープンソース全文検索エンジンである。検索速度が高速なことから、「音速の貴公子」と呼ばれたアイルトン・セナにちなんで名づけられた。

概要[編集]

MeCabによる形態素解析の結果を用いた単語ベースのインデックスと、N-gramによるトークン抽出を用いたインデックスの両方を作成することができる。

ライセンスはLGPLUNIX系OS及びWindowsで動作する。

バグフィックスを除いた新たな開発は事実上終了しており、開発元の未来検索ブラジルでは、後継となる検索エンジンとして『groonga』(ぐるんが)の開発を進めている。

特徴[編集]

  • 高速なインデックスの更新
    一般的に、作成済みの全文検索インデックスに対する新たなレコードの追加は負荷がかかる。Sennaでは更新のためにバッファを設けたり、転置インデックスデータ構造を工夫して、高速な更新を実現している。
  • 高精度な検索
    単語ベースのインデックスを作成することにより、単語境界と一致する文書を優先的に検索する。よって、適合率の高い検索を行うことができる。適合率の高い検索とは、ノイズの少ない検索のことを指す。
    また、転置インデックスのキーとして、部分一致が可能な単語表を採用している。よって、単語境界と一致しない文書も検索することができる。よって、再現率の高い検索を行うことができる。再現率の高い検索とは、漏れの少ない検索のことを指す。
  • 組み込み型ライブラリ
    Sennaは単体では機能しない、ライブラリ形式として提供される。
    MySQLパッチを当てることによって、MySQLの全文検索機能でSennaを利用することが可能となる。MySQLの全文検索機能は、バージョン5.1までは日本語に対応していないが、Sennaを利用することによって、高速な日本語検索が可能となる。
    PostgreSQLも、Ludiaもしくはtextsearch_sennaを利用することにより、Sennaによる全文検索が可能となる。

バインディング[編集]

PHPバインディングはメンテナンスされておらず、現在のSennaでは利用できない。現在対応版が開発中であり、Sennaのバージョン1.1から利用可能になるとされている。

利用されているアプリケーション[編集]

  • MySQL
    • Tritonnを用いて全文検索を行うことができる。
  • PostgreSQL
    • Ludia: NTTデータが開発したPostgreSQLの組み込み全文検索。LGPLに沿ってソースコードが公開されている。
    • textsearch_senna: PostgreSQL 8.3 以降にも対応した組み込み全文検索。

利用されているWebサービス[編集]

以下のWebサービスにおいて、Sennaが利用されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]