検索結果

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について ^ ラブ、エイジング。|私のからだもエイジング?! ^ 肋骨の上であるため、通常の成人では8±2~3cm程度の違いが出る。細身の女性でもアンダーバストでは65cmを切ることは余りなく、それを受けてブラジャーの規格もアンダー65(このサイズを着用できるのは通常は最小でも62.5cmの人まで)までしかない。
    5キロバイト (662 語) - 2018年4月16日 (月) 02:34
  • い、黒いネクタイで弔辞の装いとするのは日本独特の習慣である。ブラックスーツが日本で一般化したのは昭和50年代以降。 また2000年頃ディオールなどが細身で丈の短い黒いスーツを発表しモードであったが、これを洋服の青山などの量販店が表面上模倣して普及及び陳腐化し、仕事など日常のスーツとしても着ることがある。
    1キロバイト (165 語) - 2018年12月15日 (土) 18:03
  • サブリナパンツとは、八分丈・九分丈で細身の女性用ズボンのこと。カプリパンツの一種。 映画『麗しのサブリナ』で、主演のオードリー・ヘプバーンが着用したことからこの名で呼ばれる。 腰から裾までがぴったりと体の線に沿ったふくらはぎ丈のパンツで、活動的なヘプバーンの魅力を存分に発揮したことから1950年代当
    1キロバイト (133 語) - 2016年4月1日 (金) 12:18
  • りの布地を畳み込んで腰に挟む。布地のたたみ方に個人の趣味が現れ、着装者は思い思いに美しいひだを形作る。礼装として使用する場合染め模様や布地などで格式をあらわす。 カバヤ(インドネシア語ではペリッシュ)は女性の着る前開きの細身の下着のこと。熱帯の気候に合わせて上質のレースで涼しげに仕立てる。 ルンギー
    2キロバイト (220 語) - 2017年12月2日 (土) 03:17
  • レイピア(rapier)は、細身で先端の鋭く尖った刺突用の片手剣。16-17世紀頃のヨーロッパで主に護身あるいは決闘の際の武器として用いられた。 幅は2.5cmかそれ以下、全長1.2m前後のものが標準的。重量は1.3kgほどあり、見た目よりも重い。多くの場合、装飾を施した柄や、手の甲を覆う湾曲した金
    4キロバイト (556 語) - 2018年12月2日 (日) 14:59
  • latina(=くびれた胴と4本の弦をそなえた楽器)をもとにして、16世紀初期に派生したものである。初期のギターは、現代のギターと比べて もっと細身で厚みがあり、くびれの程度も少なかった。そしてギターはビウエラという、スペインでリュートの代わりに演奏されていた、ギターに似た形の楽器と緊密な関係がある。
    32キロバイト (3,725 語) - 2019年2月16日 (土) 10:21
  • Memories Over Memories of War. The New York Times. March 4, 2009. ^ 関谷一彦、細身和志、山上浩嗣編著『はじめて学ぶフランス──関西学院大学講義「総合コースフランス研究」より』、関西学院大学出版会、2004年10月。 p.54 ^ フランスの行革担当大臣から生の声を聞く
    160キロバイト (18,939 語) - 2019年2月6日 (水) 10:34
  • 腕を絞り胸の谷間を強調するポーズで、一世を風靡しこれ以降の水着グラビアに、一定の方向性を示したと言える。 イエローキャブ系の巨乳グラドルが隆盛の中、細身で美乳という新しいタイプのグラドルとして、藤崎奈々子や山川恵里佳らを擁するアバンギャルドが台頭し、彼女らもグラビアでの成功を機にマルチタレントへとス
    37キロバイト (4,897 語) - 2018年12月13日 (木) 14:39
  • (1748-1835) オールドフレンチボウの最高峰。ヴィオッティの助言を受け、ほぼ現在のものと同じ標準的な弓の形状を確立するとともに、材料にペルナンブコを採用して、細身で優雅な名弓の数々を製作した。 ジャン=バティスト・ヴィヨーム(英語版) (1798-1875) フランスの楽器制作家。万国博覧会で作品が3度の金賞
    41キロバイト (5,114 語) - 2019年2月12日 (火) 06:51
  • また、ステレオタイプなヘヴィメタルファッションとして、長髪、バンドロゴやアルバムジャケットをプリントした黒系のTシャツ、ジューダス・プリーストのような皮のジャンパーや皮ブーツ、細身ジーンズとスケーターシューズの合わせ、迷彩柄のカーゴパンツ、衣類に打たれたスタッド(鋲)やスパイク、バンドロゴのワッペンや缶バッジを大量に付けたジャ
    50キロバイト (5,820 語) - 2019年2月11日 (月) 08:12
  • のシルエットがやや広いモデルはセミタイトスカートとなる。 ペンシルスカート(英: pencil skirt):腰部から裾まで、鉛筆のように真っ直ぐな細身のシルエットを持つタイトスカートのなかの一種。1940年代に、使用する布地が少なく経済的であることから普及し始まったスカートで、1950年代からこの名でよばれるようになった。
    25キロバイト (3,086 語) - 2019年1月20日 (日) 03:31
  • seat。日本国有鉄道が提唱。 スタンドプレー - grandstand play (CLHJ) スマート - slender, slim smartは賢いという意味であり、細身の体形の意味は無い。逆に日本語のスマートは賢いの意味ではほとんど用いられない。 スモークハラスメント タオルケット - blanket made of
    15キロバイト (1,803 語) - 2019年2月8日 (金) 02:46
  • 態だった。天守へは、本丸御殿からの二階廊下が現在の外接エレベータの位置に架けられていた。 建物は独立式層塔型5重5階地下1階で、江戸城天守(初代)を細身にしたような外観があり、白漆喰塗籠の壁面だったとみられている。最上重屋根は銅瓦(銅板で造られた本瓦型の金属瓦)葺で、以下は本瓦葺だったという。高さは天守台を含めて58
    47キロバイト (5,752 語) - 2019年1月20日 (日) 06:37
  • 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』においてテレビシリーズ『機動戦士ガンダム』用の細身のゴッグの準備稿(正しくは「参考用デザイン」)が「前期型ゴッグと推測される」として掲載されている。なお、細身のゴッグの画稿を「ゴッグ試作1号機」として掲載した資料もみられる。 ^
    32キロバイト (4,054 語) - 2019年2月17日 (日) 21:56
  • 娘役としては史上最速となる入団2年目で、大地真央の相手役として『情熱のバルセロナ』で月組トップ娘役に就任。研2での就任については、小顔で男役としては細身だった大地が同じような体格で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目し、相手役にしたいと申し出たという。また、当時の月組トップであり副組長も兼任して
    52キロバイト (6,430 語) - 2019年2月15日 (金) 16:45
  • のシャツに多くスリットや縫い目がある、スクエアボトム)が出てきている(ローライズやワイシャツ、Tシャツを参照にされたい)。背中にダーツを入れ、近年は細身になる傾向がある。 20世紀に入ると、シャツの多様化が著しく進展した。シャツの種類の大部分は、20世紀以降に誕生している。現代では、ヨーロッパから発
    12キロバイト (1,697 語) - 2018年10月19日 (金) 09:40
  • また、この頃のベストには袖があり、袖口からシャツを覗かせる代わりにベストの袖口にレースを縫いつけたものも見られた。 18世紀に入るとジュストコールが細身になり、ルイ15世の時代にはベストの袖が無くなった。そして、この袖の無いベストはフランスではジレ(gilet)、イギリスではウェストコート(Waistcoat)とも呼ばれるようになった。
    5キロバイト (570 語) - 2018年11月25日 (日) 16:59
  • に蝶形骨を痛めた場合これが視神経にまで及び、最悪の場合は失明に到る恐れがあると報告されている。落下防止のために一山に多く用いられた。半掛けと比べると細身に作られている。 長手(ストレートテンプル) 落下防止のために一山に多く用いられた。 フレームを使用者に合わせて調整することを日本ではフィッティング
    88キロバイト (13,626 語) - 2019年1月19日 (土) 09:04
  • ワイシャツの標準的なプリーツ。 センタープリーツ - ボタンダウンに用いられるプリーツ。 ボックスプリーツ ダーツ(バックダーツ、背ダーツ) - 細身にするときに用いる。 ノープリーツ - プリーツがない為、痛みやすい。 メーカーにより呼称が異なる場合がある。 テールドボトム(マンハッタンカット、ラウンドボトム)
    31キロバイト (4,299 語) - 2018年8月2日 (木) 01:06
  • るのでセイウチの牙、水牛の角などとともに芯材の補強用にとどめる場合が多い。 鉄・青銅・真鍮などによる総金属造りのものも存在するが、金属部をしなやかな細身にしたり鋼管技術が発達するまでは柄として用いられたことは多くはない。これは、総金属製の柄でできた槍が重く、扱うために平均以上の膂力と全身持久力が必要
    86キロバイト (14,653 語) - 2018年11月26日 (月) 15:24

姉妹プロジェクトの結果

  • 暑(あつ)き草いきれにきりぎりす啼き、 ハモニカを近所の下宿に吹くは懶(ものう)けれども。 わが油じみし櫛笥(くしげ)の底をかき探れば、 陸奥紙(みちのくがみ)に包まれし細身の剃刀こそ出づるなれ。  ○ にがきか、からきか、煙草の味は。 煙草の味は云ひがたし、 甘(あま)しと云はば、かの粗忽者(そこつもの) 砂糖の如く甘しとや思はん。
  • 1のうち、近代スポーツ競技としてのフェンシング。スポーツフェンシング、フェンシング競技ともいう。 金網のマスクと白いユニフォーム(wp)を装着し、刃が無い細身の片手剣を持った2人の選手(剣士(wp))が、直線的な一定区域内で相対して、突き技と斬り技で勝敗を争う形式の、フェンシング競技。剣の形状や有効面(得

(前の20件 | 次の20件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示