検索結果

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 谷山尚義 (カテゴリ 集英社の人物)
    谷山 尚義(たにやま なおよし、1937年? - 2010年7月11日)は、株式会社集英社顧問、日本雑誌広告協会理事長。一ツ橋綜合財団理事。宮崎県出身。 宮崎県立高鍋高等学校卒業 早稲田大学第一文学部卒業 1961年 - 集英社入社。 少女漫画の編集畑を歩んだ。「週刊マーガレット」編集主任、「セブンテ
    1キロバイト (167 語) - 2019年2月7日 (木) 01:52
  • 株式会社集英社インターナショナル(しゅうえいしゃインターナショナル)は、日本の出版社。集英社の子会社であり活字本を主に出版している。 1994年:集英社の子会社として発足。 1998年:元『週刊プレイボーイ』編集長・島地勝彦が代表取締役となる。 1999年:単行本の出版を開始、『痛快
    3キロバイト (225 語) - 2017年1月5日 (木) 08:27
  • 株式会社集英社クリエイティブ(しゅうえいしゃ -)は、東京都千代田区神田神保町に所在する日本の出版社。一ツ橋グループに属する。 2012年10月1日に株式会社創美から現在の商号へと社名変更を行なうと同時に、集英社の関連会社であった株式会社綜合を吸収合併した。 1969年4月26日、株式会社
    5キロバイト (511 語) - 2018年5月30日 (水) 12:59
  • 集英社文庫(しゅうえいしゃぶんこ)は、株式会社集英社が発行している文庫レーベル。 もともとは、当時集英社が出していた『小説ジュニア』に掲載されていた赤松光夫や吉田としなどの青春小説の文庫化からはじまった(今のコバルト文庫である)。また、1976年からは集英社
    5キロバイト (642 語) - 2019年1月25日 (金) 11:10
  • 陶山巌 (カテゴリ 集英社の人物)
    1979年11月30日)は島根県出身の出版事業家。株式会社集英社の初代社長および小学館の元役員。 1932年小学館に入社し、編集、宣伝部長、出版部長を経て、1947年、小学館の子会社であり休眠状態であった集英社が再出発した際に出向し初代社長に就任。元編集者だった陶山は部下の編集者を指導し集英社を日本屈指の出版社に育て上げる。
    939バイト (121 語) - 2018年6月2日 (土) 16:42
  • 山下秀樹 (カテゴリ 集英社の人物)
    ひでき、1943年3月 - )は、株式会社集英社会長。静岡県出身。 1966年 - 東京外国語大学卒、集英社入社 『明星』編集部に配属される 1996年 - 取締役 2000年 - 常務取締役 2004年 - 専務取締役 2005年8月 - 代表取締役 2011年8月 - 会長 ^ “集英社の「距離」”. 新文化
    1キロバイト (139 語) - 2016年8月13日 (土) 11:45
  • 集英社新書(しゅうえいしゃしんしょ、SHUEISHA SHINSHO)は、株式会社集英社が発行している新書レーベル。1999年12月に刊行開始。第1号は、五木寛之著『知の休日』。装幀は原研哉。カバーには水の上を船で行く人のイラストが描かれ、"A pilot of wisdom"という言葉が入っている。
    3キロバイト (349 語) - 2018年4月1日 (日) 15:40
  • 小説すばる (カテゴリ 集英社の雑誌)
    『小説すばる』(しょうせつすばる、: SYOSETSU SUBARU)は、株式会社集英社が出版している月刊小説誌。毎月17日に発売されている。 1987年11月に創刊された。通称「小すば」。純文学を志向している『すばる』に対して、大衆文学の色彩が濃い。小説すばる新人賞を募集している。2009年7月
    3キロバイト (266 語) - 2019年1月26日 (土) 10:38
  • 小学館より娯楽雑誌部門として分離、創業(この年をもって集英社の創業年となる)。 1933年 - 東京商科大学跡の旧校舎を改修し、本社を神田区一ツ橋通町3番地(現・千代田区一ツ橋2-3-1)に移転。 1947年 - 合資会社集英社に改組。 1949年 - 株式会社集英社に改組。 1952年 -
    15キロバイト (1,457 語) - 2019年3月2日 (土) 05:02
  • 若菜正 (カテゴリ 集英社の人物)
    2002年5月10日)は、株式会社集英社の第3代社長。『マーガレット』『セブンティーン』の創刊編集長。福島県出身。 慶應義塾大学文学部卒。『明星』編集部を経て、『マーガレット』『セブンティーン』を創刊させる。1964年に役員に昇格後、『non-no』『MORE』『月刊プレイボーイ』などを創刊。1988年に集英社
    2キロバイト (234 語) - 2018年5月15日 (火) 22:52
  • 集英社オレンジ文庫(しゅうえいしゃオレンジぶんこ)は、株式会社集英社が2015年1月20日に創刊したライト文芸レーベルである。単にオレンジ文庫とも呼ばれる。毎月20日頃に発売されている。 コバルト文庫から派生したレーベルで、作風や作家、新人賞等コバルト文庫との類似点が多い。コバルト文庫よりも一般文芸
    5キロバイト (576 語) - 2019年3月10日 (日) 11:02
  • コバルト文庫 (集英社コバルト文庫からのリダイレクト)
    コバルト文庫(コバルトぶんこ)は、株式会社集英社が1976年から集英社文庫コバルトシリーズとして刊行された少女向け小説の文庫レーベルである。近年[いつ?]はライトノベル系レーベルにも分類される。 前身は1965年創刊の、集英社コバルト・ブックス。このシリーズはジュニア小説の叢書で、B6サイズのソフト
    8キロバイト (1,045 語) - 2019年2月3日 (日) 16:09
  • 青春と読書 (カテゴリ 集英社の雑誌)
    『青春と読書』(せいしゅんとどくしょ)は、株式会社集英社が発行する文芸雑誌、出版社PR誌。月刊誌。 1966年(昭和41年)9月に創刊された。判型はA5判。毎月20日に発売されている。雑誌コードは05665。2018年3月号で通巻500号を達成している。本誌に連載された木内昇『漂砂のうたう』は、第
    5キロバイト (459 語) - 2018年2月19日 (月) 04:14
  • 渡辺淳一文学賞 (カテゴリ 集英社主催の賞)
    渡辺淳一文学賞(わたなべじゅんいちぶんがくしょう)は、株式会社集英社と公益財団法人一ツ橋綜合財団が主催する文学賞。 作家・渡辺淳一の功績をたたえ、集英社により創設された。純文学・大衆文学の枠を超えた、人間心理に深く迫る豊潤な物語性をもつ小説作品が顕彰される。2015年4月23日、創設することが発表
    3キロバイト (235 語) - 2019年1月20日 (日) 17:21
  • 株式会社講談(こうだんしゃ、称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。 創業者の野間清治により1909年(明治42年)11月に「大日本雄辯會」(だいにっぽんゆうべんかい)として設立される。当初は弁論雑誌である『雄辯』を出版していた。「講談
    40キロバイト (4,585 語) - 2019年1月28日 (月) 05:10
  • 小学館 (カテゴリ 日本の映像ソフト会社)
    Inc.を統合し、集英社、小学館プロダクションとの共同出資会社VIZ Media, LLCを設立。 2006年(平成18年) - 小学館プロダクションに集英社が資本参加し、商号を小学館集英社プロダクションに変更。 2007年(平成19年) - 演劇出版社の株式を取得し、関連会社化。 2009年(平成21年)
    28キロバイト (2,976 語) - 2019年1月31日 (木) 02:58
  • 株式会社小学館集英社プロダクション(しょうがくかん・しゅうえいしゃプロダクション、英語表記:Shogakukan-Shueisha Productions Co., Ltd.)は、東京都千代田区神田神保町に本社を置く一ツ橋グループの一企業。未就学児向けを中心とした教育事業、キャラクターライセンス事業
    12キロバイト (1,352 語) - 2019年3月18日 (月) 05:57
  • 東映ビデオ (カテゴリ 日本の映像ソフト会社)
    東映ビデオ株式会社(とうえいビデオ、TOEI VIDEO COMPANY, LTD.)は、劇場用映画をはじめテレビ映画・アニメのビデオ・DVDソフトの製作・販売活動を行う会社。母体は1965年設立の東映芸能(旧)と、1970年設立の東映ビデオ(旧)、1972年設立の東盛商事の3
    32キロバイト (3,688 語) - 2019年3月17日 (日) 05:16
  • 徳間書店 (アサヒ芸能新聞からのリダイレクト)
    株式会社徳間書店(とくましょてん、: Tokuma Shoten Publishing Co., Ltd.)は、日本の出版社。エンタテインメント分野が中心。 カルチュア・コンビニエンス・クラブの連結子会社。 第二次世界大戦終結直後、言論統制の反動からか雨後の筍の如く勃興した新興新聞
    20キロバイト (2,421 語) - 2019年3月8日 (金) 12:12
  • 株式会社中央公論新(ちゅうおうこうろんしんしゃ)は、日本の出版社である。読売新聞グループ本社の傘下。略称は中公(ちゅうこう)。 本項では、旧法人の株式会社中央公論(ちゅうおうこうろんしゃ)についても述べる。 1886年(明治19年)に京都・西本願寺の有志が集まり「反省会」を設立(中央公論新
    11キロバイト (1,373 語) - 2019年2月5日 (火) 13:43

姉妹プロジェクトの結果

  • 明治5-明治9年 1872-1876年 ウィキペディアに学問のすゝめのページがあります。 底本:「日本の名著 33 福沢諭吉」中公バックス、中央公論 1984(昭和59)年7月20日初版発行 底本の親本:「福沢諭吉全集 第三巻」岩波書店 1959(昭和34)年4月1日初版発行 初出:「学問のすすめ」
  • RNAの基本構造は、 塩基+糖+リン酸 からなるヌクレオチドである。 RNAの糖はリボース(:ribose)である。RNAでは、DNAのアデニン(A)に結びつくのは、RNAのウラシル(U)であり、RNAはT(チミン)を持たない。(ウラシル、:uracil) RNAポリメラーゼ(RNA

(前の20件 | 次の20件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示