検索結果

移動先: 案内検索
  • である日章旗や国旗に等しい旭日旗を掲げたことがある。副団長は田邊憲司・松井光彦。 また同じ、台湾独立派を支持する台湾研究フォーラムとは共闘関係がある(副団長の田邊憲司と台湾研究フォーラム会長の永山英樹は友人であり、田邊は研究フォーラムの会員でもある) 他には頑張れ日本
    3キロバイト (319 語) - 2017年10月15日 (日) 03:04
  • ヨーロッパではモンゴル自由連盟党やヨーロッパ人とともに抗議デモ活動をおこなっている。日本にも支部があり、モンゴル自由連盟党、日本ウイグル協会、チベット問題を考える会、台湾研究フォーラム、南モンゴル応援クリルタイと共同で抗議活動をおこなったこともある。 また内モンゴル(南モンゴル)にはチベットやウイグルの様に、国旗に値する旗
    3キロバイト (332 語) - 2017年9月26日 (火) 17:45
  • 田中秀雄(たなか ひでお、1952年 - )は日本近現代史研究家、映画評論家である。東亜連盟の流れをくむ石原莞爾平和思想研究会をはじめ、台湾研究フォーラム、日韓教育文化協議会、軍事史学会、戦略研究学会等の会員、福岡県出身。慶應義塾文学部を卒業。 映画『南京の真実』第一部『七人の死刑囚』については高く評価している。
    3キロバイト (403 語) - 2017年9月4日 (月) 09:49
  • 永山 英樹(ながやま ひでき、1961年〈昭和36年〉 - )は、日本の台湾・中国問題研究家。台湾研究フォーラム会長、頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事、アジア自由民主連帯協議会常任幹事。 埼玉県生まれ。法政大学法学部法律学科を卒業後、山西大学漢語班を修了する。2013年10月より、チャンネル桜の番組「台湾チャンネル
    5キロバイト (602 語) - 2016年8月3日 (水) 03:03
  • 協賛団体 モンゴル自由連盟党 - 協賛団体 内モンゴル人民党 - 協賛団体 日本李登輝友の会 - 協賛団体 チベット問題を考える会 - 協賛団体 台湾研究フォーラム - 協賛団体 南モンゴル応援クリルタイ - 協賛団体 チベット亡命政府 チベット独立運動 内モンゴル独立運動 台湾共和国 日本ウイグル協会公式サイト
    5キロバイト (515 語) - 2017年5月26日 (金) 09:02
  • PDF-P.4 ^ 中曽根康弘、石原慎太郎共著『永遠なれ日本』(PHP研究所 2001年)p.115 ^ 戦間期台湾地方選挙に関する考察 台湾研究フォーラム ^ タクシーの謎・・・なぜ大手4社は「大日本帝国」?(裏読みWave) - 日本経済新聞電子版(2013年10月25日)
    51キロバイト (6,498 語) - 2017年10月23日 (月) 04:43
  • ISBN 7-80716-121-3 ^ 厳密な統治開始終了月(日)が不明なため これだけ差異が生じえる ^ 戦間期台湾地方選挙に関する考察 台湾研究フォーラム ^ 『台湾の歴史』p147 ^ a b 伊藤(1993年)148ページ 戴国フェイ『台湾―人間・歴史・心性―』(岩波書店、1988年)
    34キロバイト (4,767 語) - 2017年8月19日 (土) 02:00
  • com/world/china/091205/chn0912051358004-n1.htm 2010年8月27日閲覧。  ^ a b c 戦間期台湾地方選挙に関する考察 台湾研究フォーラム ^ 王育徳 『苦悶的歴史』 1979年 ^ 涂照彦 『日本帝国主義下的台湾』 ^ 柴公也『日本統治時代の台湾生活誌』 ^
    66キロバイト (9,202 語) - 2017年11月11日 (土) 11:11
  • 皇民化運動の事例として創氏改名とともにとりあげられ、改姓には独特の規制があり、役所の昇給の条件であったと紹介された改姓名について、台湾研究フォーラム会長の永山英樹は「1.6%に過ぎず強制でないことは一目瞭然だ」と主張した。 同番組で「漢民族でした」というナレーションとともに紹介された台湾
    73キロバイト (10,649 語) - 2017年11月17日 (金) 10:08
  • (文芸評論家・関東学院大学教授) 中西輝政 (歴史学者・京都大学名誉教授) 中山紘治郎 (愛媛銀行会長・日本会議愛媛県本部会長) 永山英樹 (「台湾研究フォーラム」会長) 西尾幹二 (評論家) 西村幸祐 (作家・ジャーナリスト) 濱口和久 (領土問題研究家・拓殖大学日本文化研究所客員教授) 藤岡信勝 (教育学者・拓殖大学客員教授)
    16キロバイト (2,091 語) - 2017年11月8日 (水) 12:25
  • 2011年1月8日閲覧。 ^ 永山英樹 (2011年1月5日). “ハダ氏と家族を釈放せよ! 中国政府の南モンゴル弾圧に対する抗議行動”. 台湾研究フォーラム. 2011年1月8日閲覧。 ^ a b c “中国、ハダ氏19年ぶり解放 少数民族の運動家”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年12月10日)
    13キロバイト (1,492 語) - 2016年12月4日 (日) 13:13
  • (ビーチバレー選手、『ミスタービーチバレー』の異名を持つ、ビーチバレー界の草分け的存在) 坂井宏朱 - (オートレース選手、44年ぶりの女子オートレーサー) 永山英樹 - (台湾研究フォーラム会長、日本李登輝友の会理事) 中島洋 - (太平洋学会専務理事) 伊井弥四郎 - (労働運動家) 村上一郎 - (建国義勇軍首謀者) 片岡利明
    180キロバイト (19,920 語) - 2017年11月18日 (土) 06:59