Save the 下北沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Save the 下北沢は、東京都世田谷区下北沢駅周辺における都市計画道路を含む再開発の見直しを求め、“歩いて楽しめる街”として下北沢の良さを守ろうとする運動団体である。

概要[編集]

2003年11月に活動を開始し、公式サイト開設、マスコミ出演、ビラまきなどを行い、署名や、寄付を募ったり、物品販売をしたりしている。代表は歯科医師・日本バックギャモン協会代表 の下平憲治。地域の内外から集まった市民や、彼らを主な客層とする商店等によって支えられている。

運動に賛同するアーティスト黒田征太郎浦沢直樹リリー・フランキー曽我部恵一ら)が、作品等の販売の傍ら、同運動のメッセージを載せたTシャツのデザインなどに協力している。

さらに、下北沢商業者協議会、東京都市計画都市高速鉄道事業第9号線事業認可取消等を訴える“まもれシモキタ!行政訴訟の会”、などと連帯し、下記の主張を掲げ続けている。

主張[編集]

  • 補助54号線計画(環状7号線 - 補助26号線間)の中止
  • 上記に伴う区画街路10号線の見直し
  • 既存市街の大規模な破壊を伴わない修復型のまちづくりへの転換

背景[編集]

下北沢は狭い道路などが多いため、以前から防災上の不安が指摘されてきた。また利用者数に比べ駅前空間が狭いため、他の交通手段との乗り換えに利便性や安全性の問題があった。「2003年2月に、東京都世田谷区は、都市計画道路補助54号線と「駅前広場」を含む区画街路10号線の都市計画決定を行ない、具体的な工事等が始まろうとしている。もしこれらの道路が計画通りに建設されたならば、駅北側の既存市街が大きく踏みつぶされるだけではなく、“歩いて楽しめる街”として全国でも有数のにぎわいを誇り、音楽演劇等、若者文化の地としても名高い下北沢の魅力は取り返しのつかないダメージを受けることになる」と団体側は主張している。

石原慎太郎都知事に何度も「大規模再開発の見直し」を求める意見書・要望書を出したものの、計画が見直されることはなかった。そのため、『浅野さんが都知事になれば、シモキタの計画の見直しが行なわれる可能性が出てくる』として、改革派・市民派の知事と知られていた 浅野史郎宮城県知事を都知事選に出馬依頼する「浅野史郎さんのハートに火をつける会」発足につながった経緯がある[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ サンデー毎日3月18日号

外部リンク[編集]