SOUND IN MY LIFE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(TOYOTA → McDonald's)
SOUND IN MY LIFE
ジャンル 音楽情報・バラエティー
放送方式 生放送
放送期間 2001年10月6日 -2014年3月29日
放送時間 土曜15:00 - 15:55(55分)
→15:00 - 15:25(25分)
→15:00 - 15:30(30分)
→14:00 - 14:55(55分)
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 小林克也、ほか
参照
提供 トヨタ自動車
日本マクドナルド
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

SOUND IN MY LIFE」(サウンド・イン・マイ・ライフ)は、TOKYO FMをキーステーションにJFN系列生放送された音楽情報バラエティー番組。毎週土曜日午後に放送していた。トヨタ自動車日本マクドナルドによる一社提供番組。

概要[編集]

「音楽の時空間をタイムトリップ!」をキーワードに、毎回多彩なゲストを迎えて、そのゲストにまつわる思い出の時代にヒットした曲や流行などを追う。

番組の歴史[編集]

TOYOTA SOUND IN MY LIFE(15時台60分枠時代、2001年10月~2009年3月)[編集]

TOYOTA SOUND IN MY LIFE(15時台30分枠時代、2009年4月~2010年3月)[編集]

  • 2009年4月4日より放送時間が15:00 - 15:25となった。時間短縮に伴う形として、2001年の放送開始から長く務めたSINJIが降板し男女ペアが解消され、単独パーソナリティ制となる。
  • 最初の3ヶ月間は鈴木万由香がパーソナリティを担当していた。鈴木にとっては『コスモ ポップス ベスト10』以来9年ぶりのカウントダウンステーション枠番組のレギュラーだった(後続の『MUSIC APARTMENT』も続けて担当していた)。
  • 2009年7月4日の放送より、小林克也がパーソナリティに就任する。
  • なお、時間短縮に伴って、後続の15:25 - 15:55は『MUSIC APARTMENT』が放送開始された。同番組でも当初は本番組と連続して鈴木が出演していたが、こちらも同様に7月4日放送分以降は小林が出演していた[1]
  • 小林のパーソナリティ就任後ならびにトヨタ・15時台末期には、番組冒頭に『Katsuya Kobayashi RADIO SHOW』のタイトルコールが流れていたが、マクドナルド・14時台移行によりタイトルコールが廃止となった。

McDonald's SOUND IN MY LIFE(2010年4月~2014年3月)[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
  • 2010年4月3日より放送時間が14:00 - 14:55に変更。『コスモ ポップス ベスト10』との枠交換で、1年ぶりに1時間番組へ復帰。さらに、放送開始から一貫して一社提供してきたトヨタ[2]からマクドナルドにスポンサー交代、番組タイトルも『McDonald's SOUND IN MY LIFE』に変更。この大幅な改編に伴って、番組内容もリニューアルされた。
  • 14時台への移動に伴い、FMぐんまのネットが終了[3]、JFN37局ネットとなる。
  • 提供交代および枠変更に伴い、スポンサー読み上げがトヨタ時代の英語から日本語に変更となった。
  • 番組開始以来長らく番組公式ホームページが開設されていなかったが、2010年4月の時間枠ならびに提供変更でようやく開設された。ホームページ掲載のタイトルロゴにはマクドナルドの店舗をイメージした赤と黄色が使用され、赤色の屋根部分にはMcDonald's SOUND、黄色の部分にはIN MY LIFE、小林をイメージしたイラストが描かれたものとなった。
  • マクドナルド提供になってからは、番組途中にマクドナルドのサイドストーリー仕立てのCM2種類が流れるようになった。ただし、2011年4月以降は放送されていない。
  • 2014年3月29日を以て番組終了、トヨタ時代から換算して12年半の歴史に幕。後番組として翌週4月5日より、引き続きマクドナルド一社提供で『McDonald's HAPPINESS×happiness』がスタートした。

放送時間の変遷[編集]

  • 2001年10月6日 - 2009年3月28日:土曜日15:00 - 15:55
  • 2009年4月4日 - 2009年9月26日:土曜日15:00 - 15:25
  • 2009年10月3日 - 2010年3月27日:土曜日15:00 - 15:30
  • 2010年4月3日 - 2014年3月29日:土曜日14:00 - 14:55

歴代パーソナリティ[編集]

※このほかにもピンチヒッターで松本ともこが担当する場合などもあった。
※2011年2月19日の放送分は坂上みきが担当。小林の春休みと小林担当の他局番組の関係で海外におり、帰国が難しいことから。
※2013年3月30日の放送分は増子直純怒髪天)が小林の代役を担当。[4]
※2014年3月22日の放送分はクリス松村が小林の代役を担当。

収録場所[編集]

基本的には渋谷・パルコのスペイン坂スタジオから放送されるが、2005年10月頃は改装工事のため、半蔵門の本社スタジオから放送されていた。また、トヨタ提供時代の時は、全国各地から出張生放送を行うときもあった。

など。

主なコーナー[編集]

ここではマクドナルド・小林時代に行われた主なコーナーを挙げている。

  • FLASH BACK TALK - ゲストが毎回「FLASH BACK YEAR」(思い出の年)を選択し、パーソナリティとゲストがトークを展開。ゲストのその年の思い出の曲をオンエアする。途中リスナー向けにクイズ(ゲストに関するものが多い)や洋楽の歌詞を翻訳したものを小林がゲストに読み聞かせるというものもある。
  • ゲストクイズ - ゲストがプライベートに関するクイズを3択で出題。正解者から抽選でマックカードを進呈。
  • サプライズクイズ - 番組中盤のCM直前に突然出題される音楽クイズ(ゲストやFLASH BACK YEARとは関係ない)。CM明けには正解が発表される。正解者から抽選でマックカードを進呈。
  • 記念日リクエスト - リスナーが"勝手に"決めた記念日とそれにまつわる"勝手な"リクエストを募集する。採用者にはマックカードが最大5,000円分プレゼントされる。

ネット局[編集]

(いずれも放送当時)

放送地域 放送局 備考
東京都 TOKYO FM ※制作局
北海道 AIR-G'
青森県 AFB
岩手県 FM IWATE
宮城県 Date fm
秋田県 AFM
山形県 Rhythm station
福島県 ふくしまFM
栃木県 RADIO BERRY
群馬県 FMぐんま 2010年3月27日終了(放送時間移動に伴う[3]
新潟県 FM-NIIGATA
富山県 FMとやま
石川県 HELLO FIVE
福井県 FM福井
長野県 FM長野
岐阜県 Radio 80
静岡県 K-mix
愛知県 FM AICHI
三重県 レディオキューブ FM三重 2009年2月7日ネット開始。
滋賀県 e-radio
放送地域 放送局 備考
大阪府 FM OSAKA
兵庫県 Kiss FM KOBE[5] 2003年4月5日ネット開始。[6]
鳥取県
島根県
V-air
岡山県 FM岡山
広島県 HFM
山口県 FMY
香川県 FM香川
徳島県 FM徳島
愛媛県 JOEU-FM
高知県 Hi-Six
福岡県 FM FUKUOKA
佐賀県 FMS
長崎県 FM Nagasaki
熊本県 FMK
大分県 Air-Radio FM88
宮崎県 JOY FM
鹿児島県 μFM
沖縄県 FM沖縄

エピソード[編集]

  • トヨタ(55分枠)SINJI・有坂時代のある回で、有坂来瞳がゲストのGLAYに対して『ラルクさん』と誤って呼んでしまい『ラルクじゃないよ!』と抗議された。
  • トヨタ(25分枠)鈴木時代の2009年4月18日の放送で、この日のゲストはエレファントカシマシのボーカル・宮本浩次だったが、パーソナリティの鈴木万由香が、アルバム『昇れる太陽』の紹介の際に「全曲がメインディッシュで食べにくい」とコメントしたところ(ただ、その後「こんなに美味しいもんないや」と続けている)、この発言に対し宮本が気分を害し暴言を発したため問題となる。後日、双方ともウェブで謝罪している[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお『MUSIC APARTMENT』は9月26日で終了し、10月3日より15:30 - 15:55にて『東京海上日動 ROUTE38』が放送開始された(現在は『東京海上日動 LOVING HOME』に改題)。
  2. ^ これによって『WEEKLY ALBUM TOP10』→『SUPER WORLD COUNTDOWN』→『TOYOTA SOUND IN MY LIFE』と続いた土曜15時台のトヨタ一社提供枠は廃枠となるも、同年4月より土曜10:00の『MUSE Beauty Charge 〜Passoハナ女子大学RADIO SEMINAR〜』に移行して継続。ちなみに、同曜日10:30開始の『LIFE - LOVE CiRCLE』と併せて、TFM制作・JFN系列の土曜10時台はトヨタ一社提供枠として統一された。
  3. ^ a b radikoを介してRADIO BERRYまたはTOKYO FMを選択すれば聴くことが出来た。
  4. ^ なお、増子は最終回のゲストとして登場した。
  5. ^ かつては独立放送局
  6. ^ JFN2010年4月30日付けで除名され、また同年5月31日をもってJFNからの番組供給が停止される予定だったが、9月まで供給延長が決まり、続行されることになった。更に、9月28日に供給延長が再び決まり、11月4日の新規加盟まで続行された。なお、2010年9月30日までの社名は「株式会社Kiss-FM KOBE」であった。
  7. ^ 鈴木の謝罪文(鈴木公式HP内ブログより)

外部リンク[編集]

TOKYO FM 土曜日 15時台前半 (2001.10 - 2010.3)
前番組 番組名 次番組
TOYOTA SOUND IN MY LIFE
コスモ ポップス ベスト10
(→14:00 - 14:55から移動)
TOKYO FM系 土曜日 15時台後半 (2001.10 - 2009.3)
TOYOTA SUPER WORLD COUNTDOWN
TOYOTA SOUND IN MY LIFE
(→2009年4月より30分短縮
→2009年10月より5分延長)
TOKYO FM系 土曜日 14時台 (2010.4 - 2014.3)
コスモ ポップス ベスト10
(→15:00 - 15:25へ移動)
McDonald's SOUND IN MY LIFE