SOS遭難事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SOS遭難事件(エスオーエスそうなんじけん)とは、1989年7月24日大雪山山系旭岳で確認された遭難事件である。一部解明されなかった点が残ったものの、遭難者が特定され、事件としては一定の解決を見ている。

経緯[編集]

1989年7月24日午後、大雪山系で黒岳から旭岳に向かう途中に行方不明になった東京都登山者男性2名を捜索していた北海道警察ヘリコプターぎんれい1号が、登山ルートから外れた旭岳南方の忠別川源流部で、シラカンバの倒木を積み上げて造られたSOSという文字を発見。行方不明だった登山者2名はそこから2~3km北で間もなく無事救助された。北海道警察はSOSの文字もこの2名が造ったものと見て、救助後に事情を聞いたところ、2名とも「それについては知らない」と話した。別の遭難者がいたと見た北海道警察は、翌日改めてヘリコプターを派遣し、調査を進めた。その結果、動物により噛まれた痕のある人骨の破片とSOSと叫ぶ若い男性の声が記録されたカセットテープレコーダーなどが収容された。人骨は旭川医科大学で鑑定され、行方不明者のリストや遺留品などから1984年7月頃に遭難した愛知県江南市の会社員男性(当時25歳)と特定された。当初人骨は女性の骨(血液型O型)との鑑定結果が出されたため、カセットテープに救助を求める男性の声が入っていた事実や、収容された人骨は1名分と見られたこと、女性の物に該当するような遺留品が現場になかったことなどにより、一時捜査や報道に混乱を来した。男女で入山していたのではないかという憶測も流れ、北海道警察は度々現場の捜査を行ったが、複数名の人骨はなかった。1989年7月28日、旭川医科大学にて再鑑定を行った結果、男性の骨(血液型A型)と確定された。

倒木で造られたSOS[編集]

文字の一辺は5m以上あり、後日、発見の数年前に撮影された空中写真にも写っていたことが確認されている。文字はシラカンバの大きな倒木を3本以上積み重ねて造られており、かなりの重労働であったものと推定される。SOSの文字は遭難した男性が造ったものと推測されたが、その場合遭難後になおもそのような重労働が可能な体力が残っていながら、男性が自力での移動・脱出に至らなかった点については不明とされた。

遺留品のカセットテープのケースにアニメキャラクターの切り抜きを使用したり、アニメソングが入っていたことから、遭難者の男性はアニメファンとみられた。また手塚治虫作品に、倒木をSOSと並べるシーンがあることが注目されて報道された[1]

遭難地点の状況[編集]

北緯43度37分39.55秒東経142度51分59.59秒
地理院地図(標高点1322付近)

旭岳の稜線部の道標に金庫岩という大岩があり、さらにこの岩と錯覚しやすいニセ金庫岩も存在する。このニセ金庫岩を目印にして下山すると、遭難地点付近にたどり着くことが後に判明した。遭難地点上部の斜面は、横倒しに生育するササ原になっており、上部から下部へ進入しやすいが、下部から上部へは登りづらいこと、さらに遭難箇所の下部が崖状になっており脱出しにくい地形であることも判明。このことは、遭難が発覚した数日後、現地を訪れた某報道機関の取材班が二重遭難(全員無事)したことからも裏付けられた。SOSの文字を作っていた倒木は、当年の秋を待って警察当局により撤去されている。

残されたテープレコーダー[編集]

遺留品のカセットテープレコーダーには遭難した男性と見られる人物の叫び声で次のような内容が吹き込まれていた。「がーけーのーうーえーでー身動きとれずー。エースーオーエースー(SOS)。たーすーけーてーくーれー。がーけーのーうーえーでー身動きとれずー。エースーオーエースー。たーすーけーてーくーれー。場所は初めにヘリに会ったところー。ササ深く上へは行けないー。こーこーから吊り上げてくれー」(2分17秒。中断二度あり)。聞いている者がいないのになぜこのような事を絶叫し遺したのかは不明。一つの推測として、テープレコーダーに大声で録音したものをボリューム最大で再生すれば、地声による「SOS」よりも誰かの耳に止まる可能性が高いと考えたということがあげられる。

また男性の声がヘリコプターに言及しているため、遭難して崖の上にいる状況でヘリコプターが飛んでいるのを見て声を出して動いている際、バッグの中で偶然カセットテープレコーダーの録音スイッチが入ったため声が録音されたのではないか、との説もある。

テープの音声には他に『超時空要塞マクロス』と『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(ともに1982年-1984年放送)の主題歌などが収録されていた[1]

類似した事件[編集]

2012年、ロシアトムスク州で、男女3人がコケモモを求めて山中奥深くに入り込み遭難。シラカンバの幹でSOS文字を作り、救助を待ったところ、たまたま森林火災の消火を行っていた航空機がこれを発見。遭難から5日という短い期間で救助された[2]

出典[編集]

  1. ^ 謎のテープレコーダー・大雪山SOS事件とは探偵ファイル・山口敏太郎の怪奇探偵
  2. ^ シラカバの幹で「SOS」、シベリアで3人救出MSN産経ニュース2012年8月3日(同日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]