SMLいすゞ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SMLいすゞ株式会社
SML Isuzu Limited
本社所在地 インドの旗 インド
チャンディーガル
設立 1983年
業種 輸送用機器
事業内容 商用車トラックバス
主要株主 住友商事(43.96%)、いすゞ自動車(15.0%)
外部リンク http://smlisuzu.com/
テンプレートを表示
スワラジマツダのインド軍救急車

SMLいすゞ (SML Isuzu Limited) 、旧社名スワラジマツダ (Swaraj Mazda Limited) は、インドパンジャーブ州チャンディーガルに本社を置く商用車(トラック・バス)メーカーである。

概要[編集]

インド資本のパンジャーブ・トラクターズ社(現:マヒンドラ&マヒンドラのスワラジ部門)は、「スワラジ」ブランドで販売している農業トラクター・メーカー。マツダの技術援助を受け小型トラック(マツダ・タイタンがベース)をはじめとする商用車を手がけ始める。マツダの技術援助は2004年に終了し、2005年には資本関係も解消されたが、代わって2006年からいすゞ自動車が技術援助を行っている。2011年には「スワラジマツダ」から「SMLいすゞ」に社名を変更し、製品のブランド名もそれまでの「スワラジマツダ」から「SML」および「いすゞ」の2ブランドに改められた。

なお、いすゞはピックアップトラックSUVについてはSMLいすゞとは別に「いすゞモーターズインディア」で事業を展開している。

歴史[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]