SHARE OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SHARE Operating System
開発者 SHAREユーザーグループ
開発状況 終了
初版 1959年 (64年前) (1959)
使用できる言語 英語
プラットフォーム IBM 709, IBM 7090
テンプレートを表示

SHARE OS (SHAREオペレーティングシステム、SOS) は、1959年にSHAREユーザーグループが開発したオペレーティングシステム。これはIBM 704用として初めてのOSであるジェネラル・モーターズのGM-NAA I/Oを改良したもの。プログラムの共有が主な開発目標だった。

SHARE OSはバッファ処理と新しい入出力デバイスに対応した。GM-NAA I / Oと同じくアセンブリ言語で記述したプログラムを実行できた。

SOSは当初真空管で動くIBM 709で動作し、後にトランジスタで動く後継機のIBM 7090に移植された。

このシステムで導入された発明の解説はJournal of the Association for Computing Machineryの1959年4月号に掲載されている[1]

IBMは1962年にSOSのサポートを終了し、互換性のない新たなOSであるIBM 7090/94 IBSYSを発売した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Alt, Franz Leopold, ed (1959-07-03). “(various)”. Journal of the ACM (New York, USA: Association for Computing Machinery) 6 (2). ISSN 0004-5411. https://dl.acm.org/citation.cfm?id=320964. 

参考文献[編集]