SCore

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SCore(エスコアー)とは、経済産業省の超並列処理研究推進委員会において1992年から10年計画で設立した技術研究組合新情報処理開発機構(Real World Computing Partnership, RWCP)にて開発されたLinux用クラスター計算機用超並列プログラム実行環境のこと。 実行環境とは、並列プログラムが動作するための共通API仕様に基づいたライブラリ群や補助ツール群を動作させる基盤のことで、当初はUNIXをベースに設計されていた。

RWCP解散後は、これらの実行環境を作成していた有志の会社/メンバによるPCクラスタコンソーシアム(PCCC)が開発/普及活動を受け継いでいる。

概要/経緯[編集]

OpenMPMPI、MPC++といった並列プログラミング環境をサポートし、対話型実行環境、ギャングスケジューリング(管理者権限で、他のプログラムの実行を停止し、独占的に特定プログラムを実行させる事ができるスケジューリング機能)を含むマルチスケジューリング、マルチユーザ環境を持つ。 1992年に当時の通商産業省によるRWCPプロジェクトの専用コンピュータRWC-1用の実行環境として作成されたが、汎用サーバでの同環境の提供が必要となり、1995年移植テストとして、まずSUNのSPARCstation 20に移植された。 同年後半より汎用的且つ低価格化を目指してPentium/NetBSDに移植され、翌年にはLinuxへと移植されている。2001年のSCore5.0リリースを最後にRWCPプロジェクトチームは解散した。

その後、PCCCが活動を引き継ぎ、多くのPC-Linux系のクラスタに使用されている。

ノード間通信にはファイバーチャネルMyrinetInfiniBandイーサネットなど、その時点で最新のネットワークを使用し、高速化を図っている。 RWCPで実証用に作成されたクラスターにおいては、RWC SCore Cluster IIが2000/11のTOP500リストで395位にランクインし、RWC SCore Cluster IIIが2001/6のTOP500リストで36位にランクインしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]