S.VII (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランスの旗 SPAD S.VII

フランス空軍のSPAD S.VII

フランス空軍のSPAD S.VII

SPAD S.VII(SPAD VIIS.VIISPAD 7などとも)は、フランススパッド社が開発した戦闘機である。高速戦闘機として、第一次世界大戦やその後の各地の戦闘で使用された。

概要[編集]

S.VIIは、スパッド社の開発した最初の本格的な成功した軍用機である。当時主流であった複葉構造を持つ機体で、左右が繫がった水平尾翼を持っていた。機体は全木製構造で、布製の外皮を持っていた。機首のエンジンまわりなど一部はアルミニウム製であった。降着装置は、主脚は車輪式、尾部は式であった。機首前面はおよそ円形のラジエターとなっており、V型8気筒イスパノ・スイザレシプロエンジンを冷却するのに用いる空気を効率よく取り入れられるよう設計されていた。

矢羽根形の尾翼は、戦前のドゥペルデュサン・モノコック・レーサーなど、同じくルイ・ベシュロー設計による機体の共通の特徴である。片翼に2対ずつの支柱を持つために、デザイン上一見大型の機体のようだが、むしろ同時期の戦闘機の中でも小型で、実際には内側の支柱は、1張間の張り線の振動を抑える補助支柱である。この構造もまた、これ以前にベシュローが設計したスパッド A.2から引き継いだものであった。

S.VIIは、1916年4月に初飛行に成功した。S.VIIは、エンジンの出力と信頼性により見事な旋回速度性能を発揮した。その性能は、当時の最高水準のものであった。優れた性能により、すぐに量産化の指令が下った。9月には最初の量産機が配備に就き、年内に500機以上が製造された。

最初の量産シリーズは、150馬力イスパノ・スイザ 8Aaエンジンを搭載していた。2番目の量産シリーズでは、エンジンが180馬力のイスパノ・スイザ 8Acに変更され、主翼面積も若干増加された。このシリーズは、スパッド社などで6000機が製造された。また、エース・パイロットのジョルジュ・ギンヌメールの提案を元に、S.VIIの派生型のひとつとして対大型機用に37mmモーターカノンを搭載したS.XIIが開発・生産され、S.VIIに混じって使用された。

その他、1917年には二つの試作機が飛行した。ひとつはルノー 12エンジンを搭載した機体で、もうひとつは200馬力のイスパノ・スイザ 8Bcエンジンを搭載した機体であった。200馬力級イスパノ・スイザを搭載し、機首の機銃も2丁とした発展形、S.XIIIが採用され、1917年中盤以降、フランス軍航空隊の一線部隊ではS.VIIから代替されていったほか、他各国でも運用された。

最高速度は時速200㎞に達した。また、一度急降下に入ると時速350㎞から400㎞を出すこともできたと言われ、降下するS.Ⅶを追尾したドイツ軍の主力機アルバトロス D.IIIは強度不足から、ことごとく空中分解した。

当初、フランス軍の前の主力機ニューポール 17に比べ重く鈍重であるとしてパイロットから嫌われていたが、速度を活かした一撃離脱戦法を確立。それまでの旋回中心の格闘戦から空戦の様相を一変させた。

チェコスロヴァキア軍のSPAD S.VII

第一次世界大戦時の運用は、母国フランスに加えイギリスベルギーイタリア(214機)、アメリカ合衆国の派遣飛行隊(189機)、ロシア帝国(43機)で運用された。捕獲機としては、ドイツ帝国オーストリア・ハンガリー帝国でも使用された。1917年ロシア革命によりロシア帝国への配備は少数に留まったが、その後、白軍(白衛軍)を支援したイギリス・フランスにより、南ロシア軍各軍やロシア軍でも運用が続けられた。対する赤軍でも運用された。ポーランド・ウクライナ戦争ではポーランド正規軍西ウクライナ人民共和国ウクライナ・ハルィチナー軍双方で使用された。また、チェコスロヴァキアブルガリアハンガリーなど中欧東欧の新たな独立国家でも、その国の最初の戦闘機のひとつとして運用された。大日本帝国でも陸軍で購入された機体が試験運用されたが、軍備としての採用はされなかった。

本国フランスでのS.VIIは、S.XIIIへの代替後、多くは各国に供与・売却されたが、一部は訓練用に使われ、運用は1928年まで続けられた。戦後は練習機として改修型の開発が継続された。最終発展型は、1923年に初飛行したSPAD 62SPAD 72であった。

第一次世界大戦では多くのエースパイロットが使用した名機であり、日本人で唯一のエースパイロットである滋野清武の愛機WAKATORI号があった。

スペック[編集]

滑走するSPAD S.VII
  • 初飛行:1916年
  • 翼幅:7.82 m
  • 全長:6.08 m
  • 全高:2.20 m
  • 翼面積:17.85 m2
  • 空虚重量:500 kg
  • 通常離陸重量:705 kg
  • 発動機:イスパノ・スイザ 8Ab/8Ac ×1
  • 出力:180 馬力
  • 最高速度:212 km/h
  • 巡航速度:187 km/h
  • 飛行継続時間:1時間30分
  • 飛行上限高度:5550 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:ヴィッカース製 7.7 mm機銃 ×1

運用国[編集]

フランス空軍で運用されたSPAD S.VII
アメリカ陸軍で運用されたSPAD S.VII
ロシア帝国空軍で運用されたSPAD S.VII
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
空軍 - 2 機
ベルギーの旗 ベルギー
空軍
Flag of Brazil (1889-1960).svg ブラジル
空軍
チリの旗 チリ
空軍 - 1 機
チェコスロバキアの旗 チェコスロヴァキア
空軍
エストニアの旗 エストニア
空軍 - 2 機
フィンランドの旗 フィンランド
空軍 - 1 機
フランスの旗 フランス
空軍
ギリシャの旗 ギリシャ
空軍
イタリア王国の旗 イタリア王国
空軍
日本の旗 大日本帝国
陸軍
オランダの旗 オランダ
空軍 - 1 機
ペルーの旗 ペルー
空軍 - 2 機
ポーランドの旗 ポーランド
空軍
ポルトガルの旗 ポルトガル
空軍
ルーマニアの旗 ルーマニア
航空隊
Russian Empire 1914 17.svg ロシア帝国
空軍
ロシアの旗 臨時政府
ロシアの旗 南ロシア軍
ロシアの旗 ロシア軍
タイ王国の旗 タイ王国
空軍
ウクライナの旗 西ウクライナ人民共和国
航空隊 - 2 機
イギリスの旗 イギリス
空軍
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸軍
アメリカ合衆国の旗 ユーゴスラヴィア王国
空軍
Flag of the Russian SFSR.svg ロシア共和国
航空隊
ソビエト連邦の旗 ソ連
空軍

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • John F. Conners, SPAD FIGHTERS in action, squadron/signal publications, 1989
  • 『航空機名鑑 第一次大戦・大戦間編』p.63。コーエー、2001年10月2日発行、ISBN4-87719-721-4
  • 『萌える!戦闘機図鑑』pp.42-43。関賢太郎、双葉社、2014年6月22日発行、ISBN978-4-575-30688-0