Doctor of Juridical Science

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S.J.D.から転送)
Jump to navigation Jump to search

Doctor of Juridical Science、Scientiae Juridicae Doctor(S.J.D.)はアメリカのロースクール学位のうち、最も高い学位。他の学問分野におけるPh. Dに相当。大学によってはJSDと訳されるが、SJDと同じものである。日本の博士(法学)に相当する。

概要[編集]

通常、アメリカのロースクールを卒業した場合、J.D.(Juris Doctor:法務博士と訳される)を取得するが、本学位は1960-70年代まではLL.B.(Bachelor of Laws:法学士)とされていた学位であり、SJDよりも格下の学位である。また、外国人留学生が通常取得するLL.M.法学修士号であり、形式上、JDとSJDの中間に位置する。

アメリカのロースクールの教員の多くは、J.D.の学位を取得した後、一定の実務経験を経て(又は経済学など他の学問領域でPh.Dを取得して)教員となるため、S.J.D.の学位を取得していることは稀である。

これに対し、外国で基礎法学教育を受けた人がアメリカのロースクールの教員になるためには、S.J.D.の学位 または これに相当する外国での法学博士の学位(Ph.DまたはLL.D.)が必要となる。

関連項目[編集]