S・A・ラヴォーチキン記念科学製造合同

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S・A・ラヴォーチキン記念科学製造合同
企業形態 国有企業
業種 航空宇宙防衛産業
設立 1937年
代表者等 セミョーン・ラヴォーチキン、設計者
製品 航空宇宙製品
ウェブサイト http://www.laspace.ru

S・A・ラヴォーチキン記念科学製造合同(ロシア語: НПО имени С. А. ЛавочкинаOKB-301)はロシア航空宇宙企業ロシアの宇宙開発における主要企業であり、フォボス・グルントのような探査機やフレガートロケットなどの開発と製造を行っている。ヴィクトル・ハルトフ英語版が現社長となっている[1]

ロケット、衛星、惑星探査機など宇宙機器の開発と製造を行っている。また、幾つかの軍事製品開発にも携わっており、Oko英語版早期警戒衛星や、プログノズ英語版アラスロシア語版や民間衛星のクーポンロシア語版などにかかわっている。最も有名な計画はフォボス・グルントである[2]。現在はエレクトロ-L英語版と呼ばれる新型気象衛星シリーズを開発中であり、これはナビゲータが標準化された衛星プラットフォームで、今後のロシアの衛星の基礎になると考えられている[3]

歴史[編集]

1937年にソビエト連邦の設計局OKB-301として設立された。設計の主任はウラジミール・ゴルブノフ英語版であった。1945年10月、セミョーン・ラヴォーチキン英語版が設計局の主任に昇格し、 第二次世界大戦中ピストンエンジン式の航空機の系統から区別されるようになり、後にミサイルやジェット戦闘機の開発を行うようになった。1960年の主任設計者死去の後再組織され、その名前からラヴォーチキン設計局と呼ばれるようになった。その後はルノホート計画ベガ計画フォボス計画などの惑星探査機や月探査機の設計などにかかわっている。

2012年1月、ラヴォーチキン役員はフォボス・グルント計画の失敗に伴ってコンピューターシステムの設計の再考慮を行わなかったため行政処分されている[4]

航空機[編集]

ロケット・ミサイル[編集]

地対空ミサイル[編集]

宇宙機[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Russia starts building Moon spaceship, eyes Lunar base”. Space Travel (2012年7月24日). 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ Harvey, Brian (2007). “The design bureaus”. The Rebirth of the Russian Space Program (1st ed.). Germany: Springer. ISBN 978-0-387-71354-0. 
  3. ^ Russia meteo satellite Electro-L successfully orbited”. ITAR-TASS (2011年1月21日). 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ “Phobos-Grunt chips supposedly were counterfeit”. ITAR-TASS. (2012年1月31日). http://www.itar-tass.com/en/c32/330734.html 2012年5月7日閲覧。