Sケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sケンの一例。青と黄の部分が各々の陣地で緑が安全地帯、それ以外は片足跳びで移動する。

Sケン(エスケン)とは、参加者が2チームに別れ、地面に大きく描かれたS字状の陣地を用いて相手チームを全滅させるか、若しくは相手陣地にある「宝物」を奪うことを目的とした子供の遊び。

概要[編集]

発祥の時期、地域などは明らかではないが全国的に遊ばれており、名称もSケンという呼称が一般的である。地方により数多くのローカルルールが存在する。 この遊びを「S字合戦」という名前で紹介している書籍がある。[1]

遊び方[編集]

  • 参加者(規定はないが、10~20人程度の参加者がいたほうが面白い)は2チームに別れ、それぞれ地面に大きく描かれたS字の陣地の円の内側に入る。
  • 開始の合図と共にそれぞれの陣地のS字型の切れ目より攻撃隊が出撃し相手陣地に攻め込む。このとき、双方の陣地および安全地帯外での行動は片足跳び(いわゆる「ケンケン」)に限定されており、疲労、格闘での敗北を問わず両足を地面に着いたり、転倒した者は「死亡」とみなされゲームから脱落する。なお、「S字陣地」と「ケンケン」という特徴が本ゲームの名前の由来となっている。
  • 陣地ラインを超え、押し出され、また引きずり込まれた者も「死亡」となる。
  • チームの全員が敗北し「死亡」するか、「宝物」を設置する場合は相手チームに奪われた時点で勝敗が決定する。

その他[編集]

  • 陣地外に、両足を着いて良い「島(安全地帯)」を設ける場合も多い。
  • S字を二重にして出撃のための通路とし、「相手の陣地の外周を回る危険性」を加えた「通路Sケン(ひまわり)」などのバリエーションもある。
  • 宝箱を設けないパターンもあり、この場合は相手チームを全滅させることでのみ決着が付く。
  • 「死亡」となった後自チームの陣地から再びゲームを始めるパターンもある。この場合は「宝物」を奪うことでのみ決着がつく。

脚注[編集]

  1. ^ 石川球太 『遊びのガキ大将 : 母艦水雷からメンコ・ビー玉まで121種』、主婦と生活社、1974年、16-17頁