S&Tモータース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S&Tモータース
S&T Motors Co. Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 韓国の旗 韓国
慶尚南道昌原市城山区완암로 28 (城山洞 77)
設立 1978年7月5日
業種 輸送用機器
事業内容 オートバイATV等の製造、販売
代表者 Kim Taekwon CEO
主要株主 S&Tホールディングス
外部リンク http://www.hisntmotors.com/
テンプレートを表示
S&Tモータース
各種表記
ハングル S&T 모터스
漢字
発音 S&T モートース
英語 S&T Motors Co. Ltd.
テンプレートを表示

S&TモータースS&T 모터스、S&T Motors Co. Ltd.)とは、大韓民国慶尚南道昌原市に本社を置くオートバイメーカーである。2007年ヒョースンモーター효성기계공업、暁星機械工業、Hyosung Motors & Machinery Inc.)から商号を変更した。

歴史[編集]

1978年ヒョースングループの機械工業部門として創業し、翌年より韓国国内市場向けに「ヒョースン・スズキ」として日本の二輪車メーカーであるスズキのオートバイのライセンス生産を開始した。1986年、日本の静岡県浜松市に設計開発センターを構え、翌年より自社独自のデザイン、設計を開始。1988年にはソウルオリンピックのオフィシャルサプライヤーとして自社製の車両を提供した。2003年、ヒョースングループから分離。その後2007年6月にS&Tグループに買収され、現在の社名となっている。

近年はビジネスバイクから、より趣味性の高い、排気量の大きな車種にまでラインナップを拡大している。またオーストラリア北ヨーロッパカナダアメリカなどの国々にも輸出を開始している。

2012年の海外販売数は約1万台。同年の韓国国内シェアは約17%。同年の韓国の二輪販売数は8.7万台[1]であり、S&Tモータースは韓国内で1.5万台程度の販売実績があるものと推定される。

日本においては大手オートバイ販売チェーン店のレッドバロンが2007年より取り扱いを行っている。

主な製品[編集]

オートバイ[編集]

海外輸出向けには「ヒョースン」 (Hyosung) のブランド名を使用し続けている。

ロードスポーツ(「コメット」シリーズ)
クルーザー(「Aquila」シリーズ)
オフロード
  • RX125D/SM
  • Troy

スクーター[編集]

  • Exceed
  • Megajet
  • Rapid
  • Grand Prix 125 4T
  • SF50 Prima/Rally/Rally50
  • SF100 Rally100
  • SD50 Sense
  • MS3 125/250
  • MS3-250/D

ATV(全地形対応車)[編集]

  • TE50 WOW50
  • TE100 WOW100
  • LT160
  • LT450

脚注[編集]

  1. ^ 他にはデーリムモーターが51%で4.4万台。また輸入車が32%を占める。朝鮮日報2013年7月7日付記事「「温室育ち」大林自、ホンダの安売り攻勢に打つ手なし」より。

外部リンク[編集]