Runtime Revolution

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

LiveCode Ltd.(旧名 Runtime Revolution Ltd.)スコットランドエディンバラにあるパーソナルコンピュータ向けソフトハウスである。1997年創立。統合開発環境 「LiveCode(旧名Revolution)」シリーズで知られる。「LiveCode」シリーズは、クロスプラットフォームのデスクトップアプリケーション開発、iOSAndroid等のスマートフォンの開発、CGI等のウェブページが作成できるサーバーでの開発、並びにLiveCodeアプリをHTML5ウェブアプリに変換する機能(2017年開発途中)がある。LiveCode(旧名revTalk)は、通常の英語のようなプログラミング言語HyperTalkに類似した、「LiveCode」シリーズで使用されるスクリプト言語の名称でもある。

概要[編集]

LiveCodeのデスクトップアプリケーション開発環境は、MetaCardを基盤にしたHyperCard類似のオーサリングツール/プログラミング環境で、HyperCard同様に一枚一枚の「カード」に様々な表示やコントロールを埋め込み、そのようなカードを集めた「スタック」によってアプリケーションを構成する。表示機能、コントロール、スクリプト言語とも、macOS に代表される現代的な環境に合わせて大幅な拡張をしている。Windows、macOS、Linux(Raspberry Piを含む)用がある(Unix版は現在配布されていない)。Windows 95 〜 Windows 8、macOSでは、Universal BinaryPower PCインテルデスクトップアプリケーション及び iOSiPhone, iPad)、Androidスマートフォン開発が可能である。

またダイナミックWebスクリプト言語に拡張された「LiveCode(旧名revTalk)」が使用できるウェブサーバー開発環境は、LiveCode社のホスティングサービス「On-Rev」と、LinuxとmacOS Darwinサーバーにインストールできる無料の「LiveCode Community Server」がある。LiveCode Community Serverは、Windows、Mac OS、Linux 32、Linux64、Raspberry Piが配布されている。

2013年4月LiveCodeコミュニティ・オープンソース無料版が、クラウドファンディングKickstarterで資金調達が目標に達し、GNU_GPLv3ライセンスの下にリリースが開始された。完成アプリの配布も自由であり、有料版とはオープンソースと言うだけで機能上の違いはない。

2014年ユニコード(日本語)がオブジェクト名、ファイル・パス、スクリプト内で扱えるLiveCode 7、及びRaspberry Pi用がリリースされた。

2017年LiveCodeスクリプトで、HTML5ウェブ・アプリ開発ができる追加機能(2017年現在ベータ版)がリリースされた。

製品[編集]

  • LiveCode 9.0.0(2017年開発途中)
  • LiveCode 8.1.6(2017年最新版スティブル)
    • 無料 LiveCode コミュニティ(デスクトップ・アプリ作成 オープンソース)Win | Mac | Linux 32 | Linux 64 | RPi
    • 有料 LiveCode コミュニティプラス、インディ、ビジネス(デスクトップ・アプリ作成+スマートフォン開発)
    • 有料 Webアプリ開発追加機能
  • LiveCode 6.0 以降の製品ダウンロードが可能

日本語[編集]

LiveCode 7 以降、以下の日本語の問題はなくなった。

LiveCode 6 以前の日本語の問題点

  1. ファイル名、ファイルパスの日本語使用ができない。
  2. スクリプト中で直接日本語の使用ができない。またコメントが日本語で書けない。
  3. Linux版では、日本語表示ができない。

外部リンク[編集]