Redox OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Redox
Redox logo 2015.svg
Redox running Orbital.png
Orbital(GUI)を起動しているRedox OS
開発元企業 / 開発者 Jeremy Soller and Redox Developers[1]
プログラミング言語 Rustアセンブリ言語
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
初リリース 2015年4月20日(2年前) (2015-04-20
最新開発版リリース 0.2.0 / 2017年4月23日(2か月前) (2017-04-23
対象市場 デスクトップ、ワークステーション,サーバ、組込みシステム
使用できる言語 英語
パッケージ管理 Magnet
対応プラットフォーム IA-32, x86-64, ARM
カーネル種別 マイクロカーネル
ユーザランド カスタム
既定のユーザインタフェース CUI, GUI
ライセンス MIT
テンプレートを表示


Redox OSRustで書かれたUnix系マイクロカーネルオペレーティングシステムである。ライセンスはMIT License[2][3]。Redoxは既に実ハードウェア上で動作している[4]

RedoxはJeremy Sollerにより開発が開始され、2015年4月20日にGitHubに最初のコミットがなされた[5]。現在に至るまで40人以上の貢献者によって活発に開発が進められている[6]

OSコンポーネント(エコシステム)[編集]

RedoxはプロジェクトがRustで記述した以下のようなソフトウェアからなるエコシステムから成っている:

  • Redoxカーネル
  • Ionシェル
  • Sodium(エディタ、Vimライク)
  • TFS(ファイルシステム、ZFSライク)
  • Orbital(ウィンドウシステム、描画プログラム、ウィジェットツールキット)
  • rallocメモリアロケータ
  • magnetパッケージマネージャー

参考文献[編集]

  1. ^ Redox Contributors”. 2017年1月12日閲覧。
  2. ^ Redox Website”. 2017年1月12日閲覧。
  3. ^ Yegulalp, Serdar. “Rust's Redox OS could show Linux a few new tricks”. InfoWorld. http://www.infoworld.com/article/3046100/open-source-tools/rusts-redox-os-could-show-linux-a-few-new-tricks.html 
  4. ^ Redox Screenshots”. 2017年1月12日閲覧。
  5. ^ Redoxのファーストコミット”. 2017年1月12日閲覧。
  6. ^ Redox Repository”. 2016年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]