Rainy Blue

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rainy Blue
徳永英明シングル
初出アルバム『Girl』
B面 奇跡のようなめぐり逢い
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ラジオシティレコード
バンダイミュージック(1997年盤)
プロデュース 秋谷銀四郎
ゴールドディスク
チャート最高順位
徳永英明 年表
Rainy Blue
1986年
夏のラジオ
(1986年)
徳永英明 年表
情熱
1997年
Rainy Blue 〜1997 Track〜
(1997年)
青い契り
1999年
ミュージックビデオ
「レイニーブルー」 - YouTube
テンプレートを表示

Rainy Blue」(レイニー ブルー)は、1986年1月21日に発売された徳永英明のデビュー・シングル。発売元はラジオシティレコード(後にアポロン音楽工業バンダイ・ミュージックエンタテインメント)。1997年11月1日に再発売された。Gracenoteへの登録が「レイニー ブルー」であることから、近年は通常「レイニー ブルー」と表記される。

概要[編集]

徳永がバイト先の軽井沢で知り合った大木誠と共に作り上げた楽曲。秋谷銀四郎がプロデュース。

レコード化の際に歌詞を一部変更[1]。元のバージョンはライブで歌われることがあり、1990年発売のライブアルバム『徳永英明Live』に収録された。1997年にリアレンジされ「Rainy Blue 〜1997 Track〜」として再リリースされた。

収録曲[編集]

全作曲:徳永英明

「Rainy Blue」(1986年発売盤)[編集]

  1. Rainy Blue
    作詞:大木誠、編曲:武部聡志
  2. 奇跡のようなめぐり逢い
    作詞:竹花いち子、編曲:瀬尾一三

「Rainy Blue 〜1997 Track〜」(1997年発売盤)[編集]

  1. Rainy Blue 〜1997 Track〜 (5分8秒)
  2. 奇跡のようなめぐり逢い (4分5秒)
  3. Rainy Blue-No Vocal Edition-

収録アルバム[編集]

「Rainy Blue」バージョン[編集]

  • Girl (1986年1月21日) - シングル「Rainy Blue」と同時発売。
  • INTRO. (1987年12月5日)
  • シングルコレクション (1986〜1991) (1998年11月21日)
  • BEAUTIFUL BALLADE (2006年2月22日)
  • SINGLES BEST (2008年8月13日)

「Rainy Blue 〜1997 Track〜」バージョン[編集]

  • Ballade of Ballade (1997年11月1日) - シングル「Rainy Blue 〜1997 Track〜」と同時発売。
  • シングルコレクション (1992〜1997) (1998年11月21日)
  • INTRO.III (2001年2月28日)

その他のスタジオレコーディング・バージョン[編集]

  • INTRO.II (1992年12月4日)
  • セルフカヴァー・ベスト 〜カガヤキナガラ〜 (2003年10月1日)
  • 春の雪 (2011年1月19日)

B面(25th Anniversary Track)として収録(アレンジ)している。

ライブ・バージョン[編集]

  • 徳永英明Live (1990年7月1日) - 1990年3月16日、国立代々木競技場第一体育館で収録。デビュー前と後の2バージョンが収められている。
  • Live 1994 (1994年9月14日) - 1994年6月3日・4日、大阪城ホールで収録。
  • The Best of Glow Live + DVD - DVD付き2枚組のファンクラブ限定盤。規格品番はHTCD-001、HTCD-002。2001年4月7日・8日、神奈川県民ホールで収録。

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金剛地武志 :TOMORROW” (日本語). J-WAVE (2007年8月24日). 2008年12月29日閲覧。
  2. ^ “音楽史上初 宝塚歌劇団OGによるJ-POPカバーアルバムがリリース決定”. シアターガイド. (2014年11月21日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/21_05.php 2014年11月25日閲覧。