RS3PE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

RS3PE (あーるえすすりーぴーいー、remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema)は、おそらく自己免疫性の機序を持つ関節炎疾患の一つである。

病名の適切な日本語訳はないが、「圧痕性浮腫を伴う血清反応陰性の寛解性対称性滑膜炎」という意味。「RS3PE症候群」とも呼ばれている。

歴史[編集]

1985年に、米国Daniel J. McCarthy(シカゴ大学ウィスコンシン大学医学部教授)が、米国医師会雑誌(JAMA)に8人の男性高齢患者と2人の女性高齢患者の症例報告として発表された(JAMA 1985;254:2763-2767)。彼らはこの症例を表すのに「RS3PE」と略称される表現を用いた[1]

1999年に、イタリアプラート「Azienda Usl 4, Prato」のFabrizio Cantiniらによって、腫瘍随伴症候群として出現することが報告された(Clin.Exp.Rheumatol., 17: 741-744,1999)。

2005年に、長崎大学医学部の有馬和彦と折口智樹らによって、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)高値であることと、2012年マトリックスメタロプロテアーゼMMP-3高値を示すことが報告された(臨床リウマチ,24: 206~214,2012)。

臨床像[編集]

文字通り、寛解性、対称性で、リウマチ因子抗核抗体は陰性であり、関節痛部位に強い圧痕性浮腫を伴う疾患で、患者は通常高齢である。急性の発症経過は特徴的で、短期間で完成する多発関節炎症状はしばしば診断の糸口となる。治療としては、少量の経口ステロイド投与などがおこなわれる。それらの臨床像や治療経過から、リウマチ性多発筋痛症の一症状ではないかとの考え方もある[2]。一部の患者ではその後関節リウマチへと進行する。時に腫瘍随伴症候群として出現することがあり、全身検索を行い悪性腫瘍の存在を除外する必要がある。

検査[編集]

治療[編集]

通常、プレドニゾロン10-15mg/dayで治療を開始にて比較的反応良好の報告が多い。巨細胞性動脈炎合併例では20mg/day以上で治療を開始することが多い。 悪性腫瘍合併の症例では、悪性腫瘍の治療によって症状改善の報告が多い。

脚注[編集]

  1. ^ McCarty DJ, O'Duffy JD, Pearson L, Hunter JB (November 1985). “Remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema. RS3PE syndrome”. JAMA 254 (19): 2763–7. doi:10.1001/jama.254.19.2763. PMID 4057484. 
  2. ^ 日本内科学会雑誌 99:2472-2477, 2010.
  3. ^ 日本医事新報 2014(4685): 64-66.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]