RIEHATA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リエハタ
RIEHATA
生年月日 (1990-08-09) 1990年8月9日(33歳)
出身地 新潟県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 B型[1]
職業 ダンサー振付家
事務所 RIEHATATOKYO Inc.
(個人事務所)
STARBASE(エージェント)
公式サイト RIEHATA (@riehataqueen) - Twitter
RIEHATA (@riehata) - Instagram
テンプレートを表示
RIEHATA
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年7月26日[2] - 現在
ジャンル ダンス、日常
登録者数 94,400人
総再生回数 5,578,062回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年9月29日時点。
テンプレートを表示

RIEHATA(リエハタ、1990年8月9日 - )は、新潟県出身の日本の女性ダンサーアーティスト振付師である。川崎市川崎区にあるダンススタジオSTUDIO S.W.A.G.[注釈 1]プロデューサーインストラクターとして在籍していた。

来歴[編集]

神奈川県内にある中学校を卒業後、単身ロサンゼルスへ渡りダンスを学ぶ[3]。ロサンゼルスで人気ダンサーであるLyle Benigaでのレッスンで彼女が踊る姿が撮影されたYouTube動画がアップされることがきっかけとなり、その後アメリカのストリートシーンで話題となっていたムーブであるドギー英語版などの最先端であるダンスを取り入れ、世界中から一気に注目を浴びる。まだ"SWAG"という単語や最先端のムーブに馴染みがなかった日本で流行りを生む一人となる[要出典]

2009年からスタートしたアメーバブログでは彼女の個性溢れるファッションスナップを始めとした、クールな私生活の写真を多くアップし日本のファンを虜にした[要出典]

2010年レディー・ガガ来日時に行われた”MUSIC STATIONパフォーマンス”のバックダンサーオーディションに初の日本人ダンサーとして合格。海外ダンサーに引けを取らないオーラとヒールを使用したスキルフルなパフォーマンスが話題となる[3]

2012年、第一子である男児を出産。一時復活を遂げるがアーティストのツアーダンサーとして出演中に以前から怪我をしていた前十字靭帯を断裂。休養中、第二子である男児を出産[3]。その後、手術・リハビリ・休養を行いダンサーとして再度復活を遂げる。ダンスシューズメーカーJADEとのコラボシューズや、自動車メーカーフィアットのキャンペーン動画への出演もこなす[要出典]

2014年にはAIのバックダンサーをDee(ディー、ダンサー)と務めている。2015年からはDeeと共にInstagram上からクリス・ブラウンと親交を深めたのち、ロサンゼルスにある彼の家で共に撮影したダンス動画や写真をInstagramへアップしダンサー以外の層からも大きな注目を浴びた。2015年、クリス・ブラウンライブツアーのフィリピン公演にサプライズゲストとして招待を受け本人と即興ダンスを4曲に渡りパフォーマンスし共演を果たす。2016年、クリス・ブラウン本人指名により”PARTY feat. Usher & Gucci Mane”のミュージック・ビデオに出演。振付を行ったダンスシーン以外にも冒頭、日本語を喋るキーパーソンとして登場している[4]

2017年には全てのロケーションを日本で行ったオマリオン "Word 4 Word"のミュージック・ビデオに女性として唯一登場し圧倒的な存在感を残している[5]

2019年には自身の個人事務所『RIEHATATOKYO Inc.』を設立。また芸能事務所のTWIN PLANETと業務提携している[6][1]

2021年にはダンスリーグのD.LEAGUEでオーナーチームの「avex ROYALBRATS」をディレクターとして優勝へ導いた[7]

人物[編集]

  • 父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフ。姉が1人いる[8]
  • ダンス、ファッション、ライフスタイルなどをメインコンテンツとし更新するInstagramのフォロワー数は、2021年時点で45万人を超え交友関係のある著名人のInstagramにも度々登場し注目を集めている[3]
  • 安室奈美恵SPEEDに憧れ、小学5年生よりダンススタジオに通い始める[8]
  • 自他共に認めるカフェ好き。カフェラテを好み、2021年時点ではほうじ茶ラテをよく飲んでいる[1]。お酒はあまり飲まない[要出典]
  • 洋服にこだわりが強く、家を出る前にTシャツなどをカットして自分流の形に変え出かける[要出典]

主な出演作品(振付含む)[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

テレビ番組[編集]

書籍[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c RIEHATA 【31の質問】みんなからの質問に答えました✨まさかの爆弾発言あり!? - YouTube(2021年9月3日)2022年9月19日閲覧。
  2. ^ RIEHATA×atmos pink 20SS feat.RHT Dance Visual 『BACK IN THE DAYS』 - YouTube(2020年7月26日)2022年9月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e ダ・ヴィンチ世界が認めたダンサーRIEHATA。逆境をモチベーションに成功を重ねてきたサバイブ術とは?』(インタビュアー:川島敦子)、KADOKAWA、2021年5月4日https://ddnavi.com/review/777789/a/2022年9月19日閲覧 
  4. ^ クリス・ブラウン (2016年12月16日). “【緊急解禁!】アッシャー、グッチ・メインを迎えた最新シングル本日配信! 日本人ダンサーのRIEHATAも出演した豪華MVも公開!”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本). 2022年9月19日閲覧。
  5. ^ オマリオンが日本でダンス!人気ダンサーRIEHATAも共演”. Dews(デュース). 株式会社アノマリー (2021年7月7日). 2022年9月19日閲覧。
  6. ^ RIEHATA(リエハタ)”. TWIN PLANET. 2022年9月19日閲覧。
  7. ^ “Dリーグ初代王者にavex ROYALBRATS ディレクター・RIEHATAが感慨「12人の努力が報われた」”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2198658/full/ 2022年9月19日閲覧。 
  8. ^ a b VOGUE Girl「自信」とは、文字通り“自分を信じる”ということ。 ポジティブ&パワフルに躍動する、RIEHATAの原動力。』(インタビュアー:森山和子)、コンデナスト・ジャパン、2022年4月15日https://voguegirl.jp/special/nike/220414/2022年9月19日閲覧 
  9. ^ RIEHATA、明日朝「スッキリ」で生パフォーマンス”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年7月20日). 2022年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]