RGD-33手榴弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RGD-33 Grenade and cutaway.jpg
正式名称 РГД-33
長さ 191mm
直径 52mm
重量 771g
炸薬 TNT 80g
遅延時間 3-4秒
製造国 ソビエト

RGD-33手榴弾(RGD-33しゅりゅうだん、:РГД-33)は、1933年ソ連で開発された手榴弾である。

概要[編集]

第一次世界大戦ロシア軍が使用していたM1914手榴弾の後継手榴弾である。RGD-33の「RGD」とは、「ルチノア・グラナータ・デグチャレフ(Ruchnaya Granata Degtyareva)」の事で、DP28軽機関銃の開発で有名なデグチャレフが設計した手榴弾である(グラナータとはロシア語グレネードの意)。形状は、ドイツ軍で使用されたM24型柄付手榴弾に似ているが、全金属製で独自の構造を持つ。円筒形の炸薬部に金属製の柄が付属し、柄は撃発機構を兼ねている。炸薬部にかぶせる着脱式スリーブの表面には爆発後、破片が均等に広がるように細い溝が彫られている。安全措置として、信管は工場出荷時には取り付けられていなかった。

支給されたRDG-33を使用可能状態とするには、まず柄の安全レバーを左へずらし、白い安全表示が見えるようにする。炸薬部と柄をそれぞれ手で持って柄を引き出し、柄を時計回り方向へひねり、再度押し込むと赤い危険表示が見えるようになる。安全レバーを右へずらすと危険表示が隠れ、同時に柄が固定されて撃発できないようになる。この状態で炸薬部頭頂部の蓋を開けて信管を挿入し、蓋を閉じれば使用可能状態となる。

信管を取り付けたRDG-33の柄を持ち、安全レバーを左へずらして、振りかぶって投げ付けると手から離れた直後に内蔵されたストライカーピンが作動し、延期薬に点火する。この際、投擲の動作を素早く一挙に行わないと、撃発機構が働かないおそれがある。炸薬には80gのTNT火薬を使用して、有効殺傷範囲は10-15mとされる。防御型手榴弾に分類され、発火後の遅延時間は約3-4秒。全体重量は771gで、これは他国の手榴弾と比較して若干重いが、体格の良いソビエト兵は約35-40mまでの投擲が可能であった。

RGD-33手榴弾は第二次世界大戦中期から使用され、内部構造を単純化させた後継のRG-42が登場するまで主にソビエト連邦軍で使用された。その後のベトナム戦争でも、RGD-33手榴弾はF1手榴弾と同様に南ベトナム解放民族戦線(通称:ベトコン)によって使用されている。