RASGRP3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RASGRP3
識別子
記号 RASGRP3, GRP3, RAS guanyl releasing protein 3
外部ID MGI: 3028579 HomoloGene: 15019 GeneCards: RASGRP3
遺伝子の位置 (ヒト)
2番染色体 (ヒト)
染色体 2番染色体 (ヒト)[1]
2番染色体 (ヒト)
RASGRP3遺伝子の位置
RASGRP3遺伝子の位置
バンド データ無し 開始点 33,436,324 bp[1]
終点 33,564,750 bp[1]
オルソログ
ヒト マウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_001166493
NM_207246

RefSeq
(タンパク質)

NP_001159965
NP_997129

場所
(UCSC)
Chr 2: 33.44 – 33.56 Mb Chr 2: 75.44 – 75.53 Mb
PubMed検索 [3] [4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト 閲覧/編集 マウス

Rasグアニル放出タンパク質3(RAS guanyl-releasing protein 3、RasGRP3)は、ヒトRASGRP3遺伝子にコードされているタンパク質である[5][6][7]

GTPアーゼRASサブファミリーのメンバーは、シグナル伝達において不活性型であるGDP結合型と活性型のGTP結合型の間を循環するGTP/GDP-制御スイッチとして機能する。RASGRP3といったグアニンヌクレオチド交換因子 (GEF) は、GTP結合型を維持するためのGTPとの会合を促進することによってRAS活性化剤として働く。また、細胞膜受容体とRAS活性化の間の重要な鍵リンクである。

相互作用[編集]

RASGRP3はPRKCD相互作用することが明らかにされている[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000152689 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000071042 - Ensembl, May 2017
  3. ^ "Human PubMed Reference:". 
  4. ^ "Mouse PubMed Reference:". 
  5. ^ Nagase T, Ishikawa K, Suyama M, Kikuno R, Hirosawa M, Miyajima N, Tanaka A, Kotani H, Nomura N, Ohara O (May 1999). “Prediction of the coding sequences of unidentified human genes. XII. The complete sequences of 100 new cDNA clones from brain which code for large proteins in vitro”. DNA Res. 5 (6): 355–64. doi:10.1093/dnares/5.6.355. PMID 10048485. 
  6. ^ Rebhun JF, Castro AF, Quilliam LA (Nov 2000). “Identification of guanine nucleotide exchange factors (GEFs) for the Rap1 GTPase. Regulation of MR-GEF by M-Ras-GTP interaction”. J. Biol. Chem. 275 (45): 34901–8. doi:10.1074/jbc.M005327200. PMID 10934204. 
  7. ^ Entrez Gene: RASGRP3 RAS guanyl releasing protein 3 (calcium and DAG-regulated)”. 2012年6月28日閲覧。
  8. ^ Brodie, Chaya; Steinhart Rivka, Kazimirsky Gila, Rubinfeld Hadara, Hyman Tehila, Ayres Jolene N, Hur Gang Min, Toth Attila, Yang Dazhi, Garfield Susan H, Stone James C, Blumberg Peter M (Jul. 2004). “PKCdelta associates with and is involved in the phosphorylation of RasGRP3 in response to phorbol esters”. Mol. Pharmacol. (United States) 66 (1): 76–84. doi:10.1124/mol.66.1.76. ISSN 0026-895X. PMID 15213298. 

推薦文献[編集]