Quarter Inch Cartridge

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
QIC: 左 400MB、 右 120MB.

Quarter Inch Cartridge(1/4インチ・カートリッジ、QIC)は、1970年代から現代まで使われているコンピュータ用の磁気テープ規格である。

概要[編集]

3M Data Cartridge (DC)[編集]

初期のQICテープドライブは内部の2つのリールがベルトでドライブされるデータカートリッジ (DC) である。大きさは5.875x3.875インチで金属の土台をもつ。ベルトは一部露出しているプーリー (滑車) でドライブされ、リールの軸は外部に出ていない。テープにテンションを掛けることなく一定速度で送ることができる。3Mにより1972年に開発され、その後さまざまな形式の QIC DCが開発された。

QIC内部、上部の黒と左右下部の白プーリーのベルトでリールに回転を与える。外からの動力は黒プーリーに加えられる。
  • QIC-11: 4トラック、容量20MB (DC300XLカートリッジ、長さ450ft)[1]
  • QIC-24: 9トラック、容量45MBまたは60MB (DC600Aカートリッジ、長さ450ftないしは600ft)[2]
  • QIC-120: 15トラック、容量125MB (DC6150カートリッジ)[3]
  • QIC-150: 18トラック、容量150MB (DC6150カートリッジ)[4]
  • QIC-525: 26トラック、容量525MB (DC6525カートリッジ、長さ1000ft)[5]
  • QIC-1350: 30トラック、容量1.35GB (DC9135カートリッジ)[6]

他のQIC DCの規格としてはQIC-02やQIC-36というドライブ接続用のインターフェイス標準があったが、後にQIC DCではSCSIが標準として使われるようになった[3][7]

QIC Mini Cartridge (MC)[編集]

その後より小さいミニカートリッジ (MC) が開発された。サイズは2.375x3.125インチの大きさで3.5インチベイに収まるサイズである。QIC-40およびQIC-80フォーマットはそれぞれ40MB、80MBを記録でき、フロッピーディスクと同じインターフェイスを利用して[8]MFMもしくはRLLエンコードに対応した[9]

  • QIC-40: 20トラック
      • 容量40MB (DC2000ミニカートリッジ、長さ205ft)[10]
      • 容量60MB (DC2000XLミニカートリッジ、長さ307.5ft)[10]
  • QIC-80: 28トラック
      • 容量80MB (DC2080ミニカートリッジ、長さ205ft)[11]
      • 容量120MB (DC2120ミニカートリッジ、長さ307.5ft)[10]

出典[編集]

  1. ^ “New on the Market: TG-4020 and TG-4045”. PC Magazine: 560. (1983年7月). 
  2. ^ James Winsor (2003). Solaris Operating Environment System Administrator's Guide. p. 245. ISBN 0131014013. 
  3. ^ a b M. David Stone (1990年10月16日). “Backing Up: Guide to Media Choices”. PC Magazine: 283. 
  4. ^ M. David Stone (1990年10月16日). “QIC 150 Tape Drives: The Rising Star for Backup”. PC Magazine: 270. 
  5. ^ J.K. Petersen (2002). The Telecommunications Illustrated Dictionary (2 ed.). CRC Press. p. 768. 
  6. ^ Oliver Rist (1992年4月14日). “Backup Alternatives: What's Out There”. PC Magazine: 196. 
  7. ^ John Black, ed (1992). The System Engineers Handbook (1 ed.). p. 324. ISBN 0121028208. 
  8. ^ Catherine D. Miller (1989年8月). “Beyond Floppy Disks: A Look at Backup Alternatives”. PC Magazine. 
  9. ^ Scott Mueller (2003). Upgrading and Repairing PCs (14 ed.). Que. p. 698. 
  10. ^ a b c “Everex Systems Excel 60F”. InfoWorld: 58, 62. (1990年7月23日). 
  11. ^ Andrei Khurshudov (2001). The Essential Guide to Computer Data Storage: From Floppy to DVD. Prentice Hall. p. 140. ISBN 0130927392. 

関連項目[編集]