QED 鬼の城伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
QEDシリーズ > QED 鬼の城伝説
QED 鬼の城伝説
著者 高田崇史
発行日 2005年1月
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ノベルス
前作 QED 〜ventus〜 鎌倉の闇
次作 QED 〜ventus〜 熊野の残照
コード ISBN 4-06-182409-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

QED 鬼の城伝説』(キューイーディー おにのしろでんせつ)は、高田崇史による推理小説QEDシリーズの第9作である。

出版履歴[編集]

あらすじ[編集]

平成8年8月初頭、岡山を訪ねた奈々、沙織、小松崎の一行。そこで起こる殺人事件、そして「桃太郎伝説」の謎を、桑原が解決する。

登場人物[編集]

桑原 崇(くわばら たかし)
通称、タタル。萬冶漢方(漢方薬局)勤務の薬剤師。本当は、奈々たちと一緒に岡山に向かうはずだったが、同僚の家族に不幸があったため、1人遅れてやってくる。
棚旗 奈々(たなはた なな)
ホワイト薬局勤務の薬剤師。小松崎・沙織とともに岡山へ旅行に行く。
小松崎 良平(こまつざき りょうへい)
通称「熊つ崎」。ジャーナリスト。鬼野辺家で起こった密室殺人の調査で岡山へ向かう。
棚旗 沙織(たなはた さおり)
奈々の妹。私大文学部卒業後、現在は出版関係会社に勤務。城フリーク。今回の岡山旅行にあたって、温羅のことなどを調べてきた。

鬼野辺家[編集]

鬼野辺 健爾(きのべ けんじ)
鬼野辺家長男。明日香の婚約者。土蔵で撲殺されたのち、首を斬られる。
鬼野辺 圭祐(きのべ けいすけ)
鬼野辺家次男。
鬼野辺 風美子(きのべ ふみこ)
鬼野辺家長女。20歳。
鬼野辺 笙子(きのべ しょうこ)
健爾たちの母。50歳。
鬼野辺 源蔵(きのべ げんぞう)
健爾たちの祖父。10年前、鬼野辺の釜が鳴った2ヶ月後に、屋根から転落死した。
鬼野辺 康一郎(きのべ こういちろう)
健爾たちの父。一昨年、鬼野辺の釜が鳴った3ヶ月後に車にはねられ死亡。

その他の関係者[編集]

妙見 明日香(みょうけん あすか)
岡山市役所観光課勤務。健爾の婚約者。
妙見 巧実(みょうけん たくみ)
明日香の兄。葡萄農家。
八田 久蔵(はった きゅうぞう)
鬼野辺家使用人。
遠童(えんどう)
鬼野辺家の主治医。妻子がいる。
八田 トキ(はった トキ)
久蔵の祖母。85歳。占い師。
桃田 優子(ももた ゆうこ)
明日香の友人。岡山駅近くの小料理屋に勤務。奈々たちの観光案内をする。
猫村 吉子(ねこむら よしこ)
明日香の友人。保健所勤務。桃田とともに奈々たちの観光案内をする。「七福神」のときの事件記事を読んで、小松崎に連絡した。
丸部 隆三(わにべ りゅうぞう)
美作の造り酒屋。遠堂医師の遠い親戚。

警察[編集]

忍田 悟志(おしだ さとし)
岡山県警捜査第一課警部。
片岡
巡査。忍田の部下。

関連項目[編集]