q-類似

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

q-類似(きゅうるいじ、: q-analog, q-analogue)とは、理論に q → 1 の極限で、元の理論に一致するように径数 q を導入するような拡張のことをいう。q-拡張(: q-extension)などとも呼ばれる。

概要[編集]

q-数[編集]

最も基本的な q-数 [n]q とは、自然数 nq-類似であって、q → 1 の極限で [n]qn となるように

と定義される。ただし、文献によっては、とくに量子群の文脈では、 で不変な

あるいは

と定義される。この記事では最初の定義を用いるが、他の定義でも後述の q-階乗やq-二項係数は q-数を用いて同様に定義される。

q-階乗[編集]

またq-階乗 [n]q! は、q-数によって

と定義される。ただし (q; q)nq-ポッホハマー記号を表す。

このとき Snn 次の対称群inv(σ)置換 σ転倒数として、

が成り立つ[1]。これは の極限で、通常の階乗 個のものを並べる順列の総数を表すことに対応している。 また有限体 Fq 上の一般線型群 GL(n, q)位数

と表せる。

q-二項係数[編集]

q-二項係数は、二項係数q-類似で、

によって定義される[1]q素数のべきのとき、q-二項係数は有限体 Fq 上の n 次元線型空間内における k 次元部分空間の数に等しい[1]

より一般に q-多項係数は n = k1 + … + km のとき

によって定義される[1]。 このとき

のようなよく知られた等式の類似が成り立つ[1]

q-微分[編集]

q-微分は微分q-類似で、任意の関数 ƒ(x) について q-微分を

によって定義する。さらに導関数q-類似である q-導関数は

によって定義される[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Stanley 2012, § 1.7.
  2. ^ FUNCTIONS q-ORTHOGONAL WITH RESPECT TO THEIR OWN ZEROS, LUIS DANIEL ABREU, Pre-Publicacoes do Departamento de Matematica Universidade de Coimbra, Preprint Number 04–32

参考文献[編集]

関連項目[編集]