Pppd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
pppd
作者 Paul Mackerras, based on earlier work by Drew Perkins, Brad Clements, Karl Fox, Greg Christy, and Brad Parker
最新版 2.4.7 / 2014年8月9日(3年前) (2014-08-09
対応OS Linux, Solaris
種別 インターネット
ライセンス BSD-like licenses. Not all of them apply to all parts of pppd
公式サイト http://ppp.samba.org
テンプレートを表示

pppdは、Point-to-Point Protocol(PPP)のデーモンであり、Unix系OSの2つのノード間のネットワーク接続を管理するのに用いられる。コマンドライン引数や設定ファイルにより設定される。

当初はダイヤルアップ接続の管理にのみ用いられていたが、後にDSLのようなブロードバンド接続にも用いられるようになった(PPPoEPPPoAを使用する場合)。

pppdの役割は、PPPセッションの接続・切断の管理である。セッションが生成される間、pppdは以下の動作を行う。

以下の様な場合、pppdはPPPセッションを切断する。

  • 異常なFCSフィールドを持つフレームを大量に受信したとき
  • 接続が「休止」状態であるとみなされるとき(設定がある場合)
  • 他のプログラムや対向側がリンク切断を要求したとき

pppdのいくつかの新しいバージョンは、Dial-on-demand routing英語版(DDR)をサポートしている。

外部リンク[編集]