Portal:最近の出来事/2016年2月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
< - 2016年2月 - >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

2016年2月[編集]

最近の出来事追加の約束事(改定案)
新しい日付節の追加は手動で行ってください。
日付は出来事のあった日順とします。追加した日ではなく、出来事のあった日に情報を書いてください。後から判明して報道された場合は、報道された日に加筆することも妨げません。
このページの書き方については、記事の書き方を参照してください。
できるだけ複数の情報源を参照し、キーワードを抜き出して、事実のみの簡潔な文にまとめてください。
正確性と重要性を担保するために、複数の信頼できる情報源を出典として付記してください。情報源がひとつしか見つからない場合は、見つかるまで掲載を待つほうがいいかもしれません。
掲載例
=== 2010年□月□日 ===
* (''国際'')□月□日のナニナニ国大統領選で[[だれそれ]]が大統領に選出された。[http://example.com ○○新聞]、[http://example.com □□通信]、[http://example.com □□□□ニュース]
ニュースの文をそのまま引き写すこと(文書の転載)は「著作権の侵害」にあたる恐れがあるので絶対に行わないでください。(参考
事件・事故における一般人の実名の表記は、「プライバシー権の侵害」にあたる可能性があるので、原則的に匿名で記載してください。(参考


2016年2月29日[編集]

  • 社会)フランス警察は夜明けにカレーの移民キャンプへ到着し移民にキャンプから立ち去るよう命じた。カレーでのキャンプにおける移民問題は英国とフランスの間の緊張を引き起こしており、極右勢力の台頭も促していた。その移民キャンプは英国のEU離脱是非に関する案件の一つとなっている。英国はフランスに対してカレーからの移民流入をストップさせるように求めており、カレーの英仏海峡トンネルや港での国境審査などにかかる費用を増大させている。フランス政府によればキャンプにおける1000人の移民が英国行きを目的としており、それら移民をキャンプから退去させることは「人道的な処置」だという。彼らにはフランスの他の場所にある移民センター内に住居が与えられることになっているという。--The Daily Telegraph

2016年2月26日[編集]

  • 時事)2015年度ドイツで約110万人が難民申請したが、そのうちの13万人が所在不明となっていることをドイツ政府が認めた。行方不明となっている難民申請者のなかにイスラム過激主義者や犯罪組織の者らが含まれている恐れがある。ドイツ政府は、それらの消えた難民の多くは単に他国へ行ったがその他の者たちは不法にどこかに潜伏していると考えている。--The Daily Telegraph

2016年2月22日[編集]

  • 時事)2016年6月23日に行われることになっているイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票に関して、ロンドン市長であるボリス・ジョンソンが離脱支持を表明した。ジョンソン市長によればEUの権限の肥大化が英国の主権や自己決定権まで侵害し始めているのだという。ジョンソン市長はEU側がギリシャ経済を叩きのめした事実に言及し、今後EUがさらに膨張すれば英国もただではすまなくなるだろうと論じた。--The Daily Telegraph
  • 時事マケドニア政府がギリシャ・マケドニア間の国境審査を厳格化させた。マケドニア警察はアフガニスタン人をマケドニアに流入させることを停止し、シリア人やイラク人の入国審査も厳しくしている。これによって多くの難民・移民がギリシャで足止め状態となっている。この国境審査厳格化はマケドニア、クロアチアセルビアスロベニアオーストリアが2月18日にザグレブで開いた会議で決定した事項である。中央・東ヨーロッパ諸国は2016年3月までに事態が改善しないようならギリシャ・マケドニア間、ギリシャ・ブルガリア間の国境を封鎖すると警告している。--The Wall Street Journal

2016年2月19日[編集]

  • 国際コロンビア大学教授ジェフリー・サックスらがTPPに含まれるISDS条項を削除するべきと唱えた。国家が課す法・規制が外国の企業の収益に不利に働く場合、ISDS条項に従ってその企業はその国家を訴えることができ仲裁人は国家の国内法に従う必要がない。TPPやTTIPに含まれるISDS条項はNAFTAに含まれるISDSをさらに拡大させたものになる。そのISDS条項は米国の食品安全と薬品安全にかかわる政策、環境保護にかかわる政策、国防にかかわる政策、公的医療サービスにかかわる政策、気候変動にかかわる政策に関心を持つ市民にとって大きな懸念事項になるとサックス教授らは指摘する。--CNN

2016年2月12日[編集]

2016年2月11日[編集]

2016年2月10日[編集]

2016年2月6日[編集]

2016年2月5日[編集]

2016年2月4日[編集]

2016年2月1日[編集]