Portal:最近の出来事/2012年8月

ナビゲーションに移動 検索に移動
< - 2012年8月 - >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2012年8月[編集]

2012年8月31日[編集]

2012年8月30日[編集]

2012年8月29日[編集]

2012年8月28日[編集]

2012年8月27日[編集]

2012年8月26日[編集]

2012年8月25日[編集]

  • 社会内閣府が「国民生活に関する世論調査」の結果を発表した。物の豊かさ・心の豊かさどちらを重視するかという質問で後者を選択した割合が 64% と過去最高になり、人どうしの絆を重視するようになった傾向が窺える。政府への要望では「景気対策」が「社会保障の整備」を上回り 9年ぶりにトップとなった。--MSN産経日本経済新聞時事

2012年8月24日[編集]

2012年8月23日[編集]

2012年8月22日[編集]

2012年8月21日[編集]

  • 政治)政府は、10日の李明博大統領竹島上陸への対抗措置として、竹島の領有権問題について国際司法裁判所に共同提訴することを韓国へ正式に提案した。同様の提案は過去にも3度あり、今回は初めて実際の提訴に至ると見られるが、韓国の拒否により日本の単独提訴となって裁判そのものは実現しない見通し。--時事日本経済新聞
  • 交通東海道新幹線の新型車両N700Aが浜松工場で公開された。現行の主力車両N700系と外観はほぼ変わらないが、ブレーキ改良による災害時の急停車への対応、照明に LED を採用することによる環境・快適性への配慮、定速走行装置を搭載することによるダイヤの効率化など、各種の改善が施された。--読売新聞MSN産経

2012年8月20日[編集]

2012年8月19日[編集]

2012年8月18日[編集]

  • 社会の税務当局は、強制捜査権を持つ双方の査察部が現場レベルで情報共有する方針で合意した。従来、日本の査察部から内国歳入庁への照会は国税庁の海外担当部門を介していたが、今後は両国の現場担当者が直接協議することで日米同時査察を実現し、両国に査察対象が居るケースへの対応力を高める。--読売新聞MSN産経
  • 芸能)6月に指原莉乃が加入して注目度上昇中の HKT48 で、研究生を含む 5 名が一度に脱退する異例の事態が起こった。運営側は具体的な理由を公表していないが、脱退メンバーの一人は SNS で「芸能界の世界が恐ろしいのも知りました」と意味深な投稿をするなど、ファンの間で困惑と憶測が広がっている。--毎日新聞MSN産経

2012年8月17日[編集]

2012年8月16日[編集]

2012年8月15日[編集]

2012年8月14日[編集]

2012年8月13日[編集]

  • 経済内閣府が第2四半期の国内総生産を発表し、物価変動を除いた実質で第1四半期から 0.3% 増となった。4四半期連続のプラスだがプラス幅は縮小傾向にあり、復興需要の内需下支えがある一方、個人消費と輸出が伸び悩んでいる。古川元久経済財政相は、今後も景気は緩やかな回復を続けるとの見解を示した。--日本経済新聞読売新聞

2012年8月12日[編集]

2012年8月11日[編集]

2012年8月10日[編集]

2012年8月9日[編集]

2012年8月8日[編集]

  • スポーツロンドン五輪レスリング女子で、日本の金メダルが相次いだ。まず、一度は現役を引退しながらも階級を下げて復帰し五輪に臨んだ小原日登美が48キロ級で優勝した。次いで、伊調馨が63キロ級の決勝を危なげなく決めて連勝記録を153に伸ばし、日本女子としては初めて個人種目3連覇を達成した。--NHKMSN産経
  • ビジネス日本たばこ産業は、主力銘柄のマイルドセブンを「メビウス」(MEVIUS) に改名すると発表した。同社は今後の海外展開を強化するため、主力ブランド刷新の検討を2年前から開始し、調査の結果「メビウス」の方が高評価だったため、「相応の決断」としながらも来年2月の改名を決定した。--ロイター日本経済新聞

2012年8月7日[編集]

2012年8月6日[編集]

2012年8月5日[編集]

2012年8月4日[編集]

2012年8月3日[編集]

  • スポーツロンドン五輪マイケル・フェルプス)が、競泳男子200m個人メドレーに続き100mバタフライでも3連覇を果たし、自身が持つ五輪メダル数記録を21個(うち金17個)に伸ばした。個人2種目の3連覇は、陸上男子のレイ・ユーリー(米)以来104年ぶりともなった。--時事NHK
  • 社会)改正労働契約法が成立した。これにより、パート契約社員の勤続年数が5年を超えた場合、本人が希望すれば無期限雇用への切り替えが義務付けられる。非正規雇用労働者の雇用安定と正社員との待遇格差改善を目指すものとはいえ、企業側としては今後の契約更新に慎重になるなど、運用面での課題も残る。--日本経済新聞NHK

2012年8月2日[編集]

2012年8月1日[編集]