Polyptoton

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Polyptotonギリシア語πολύπτωτον)とは、同じ語根から派生した語(たとえば「strong(強い)」と「strength(強さ)」)を繰り返す修辞技法のこと。関連した技法に、同じ語をそれぞれ違う意味で繰り返す同語異義復言法がある。屈折言語においては、polyptotonは同じ語を繰り返すが、現れるたびに異なるである(例えば、ラテン語のIuppiter(ジュピター)の主格:Iuppiter、属格:Iovis、与格:Iovi、対格:Iovem、奪格:Iove)。

[編集]

  • With eager feeding food doth choke the feeder.(しきりに食べさせることで、食べ物は食い手の喉を詰まらせる) - ウィリアム・シェイクスピアリチャード二世』第2幕第1場37
  • Not as a call to battle, though embattled we are.(我々は戦闘隊形を取らせているが、戦えと呼びかけているのではない) - ジョン・F・ケネディ、1961年1月20日の大統領就任演説より

参考文献[編集]

  • Corbett, Edward P.J. Classical Rhetoric for the Modern Student. Oxford University Press, New York, 1971.

関連項目[編集]