Pleiades (スーパーコンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Pleiades(プレイアデス、プレアデス)は、SGIが開発し、NASAエイムズ研究センターに設置された、スーパーコンピュータである。

概要[編集]

Pleiadesは、ペタスケール(ペタFLOPS級)のスーパーコンピュータで、SGIにより製造され、アメリカカリフォルニア州マウンテンビューにあるNASAのエイムズ研究センターに、Columbiaの後継として設置された。主な目的はNASAの次世代宇宙船の開発支援で、突発的な故障のシミュレーションなどに使用されている。

2009年11月のTOP500ランキングで、ピーク時性能が 540 テラフロップス以上として世界6位の高速コンピュータとされたが、その時点ではまだ構築中であった。拡張後には、2009年には1000テラフロップス (1ペタフロップス)、2012年には 10ペタフロップスの達成が予定されている[1]

Pleiadesは、Columbiaと同様にSGI Altixベースであり、110のキャビネットの中に、56,320 個のXeonベースのプロセッサコア、74.7TBのメモリを格納する。オペレーティングシステムSUSE Linuxベースである[2]

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]