Peronica

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Peronica
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP
活動期間 2009年 -
レーベル Deracine Music Records
公式サイト dera-music.com
メンバー 豊亭(toyotty)
芋P(imopy)
髪結(camille)
寺尾伴内(Bannai Terawo)
はっぴいえんど
YMO
大瀧詠一
荒井由実

Peronica(ペロニカ)は、2009年7月に結成された日本のポップ・ユニット。東京都を基点として活動している。Deracine Music Records所属。『ナウでヤングなニュー・テクノ』、『ヌーヴェル渋谷系』、2013年以降は『オリーブ少女のフューチャーポップ』を名乗る。キャッチコピーは「ウィスパーボイスを世界にお届け!Peronicaでーす。」である。2015年1月13日以降、世界進出を目標に「SEKAI NO PERONCIA」と名乗ることもある。

概要[編集]

全ての楽曲が何らかのオマージュとして作曲されており、それぞれが極めて雑多なパーツから構成されている。 そのため、Peronicaの音楽性を何らかのジャンルで一括りにすることは困難であり、しばしば便宜的に渋谷系と形容されることがある。しかし、寺尾伴内は渋谷系からの直接の影響を否定している。「ライブをやらないこと」が一つのポリシーであり、そもそも人前に姿を現したことが無い。

メンバー[編集]

  • 豊亭(toyotty) - 作詞および美術担当。
  • 芋P(imopy) - 歌唱を担当。
  • 髪結(camille) - 歌唱を担当。
  • 寺尾伴内(Bannai Terawo) - 作曲、編曲、演奏を担当。

サポートメンバー[編集]

  • 金川卓矢 - ドラムス担当。
    unkie城戸紘志に師事。Kulu Kulu GardenイロメガネふくろうずZIGGYドラムス担当としても知られる。
  • 佐藤大貴 - 音楽ライターギター担当。
    サポートギタリストでありながら、『トリコロール・サマー』発売記念2万字インタビュー[1]のインタビュアーを務めた。
  • 朱鷺野麻帆 - 編曲・演奏を担当。
    2013年発売のマーク from GARO『時の魔法』でもサウンドプロデュースを務めた。
  • てらっしー - ギタリスト。梨の妖精。
    バイブス溢れる速弾きを生業とする。尊敬するミュージシャンは高見沢俊彦
  • DJてらみゅん - 主にトラックメイキングを担当。
  • 初音ミク - ボカロ担当。

共同作業者[編集]

来歴[編集]

作品[編集]

アルバム[編集]

  • A Tricolore Summer (2010年7月7日発売)
    限定枚数しか全国流通していないため、現在は入手が困難である。発売当初のキャッチ・コピーは「珠玉のタイムスリップミュージック ~日本ポップス史に捧ぐ、怒涛のオマージュ盤登場!~」であった。なお、行達也はこのアルバムを評して「約30分間で巡る日本ポップス史絵巻」であると語っている[3]

配信限定シングル[編集]

  • 熟成快感 (2011年11月16日発売)
    Peronicaが初音ミクを初めてメインボーカルに起用した意欲作。慶應大学日吉キャンパスに存在する塾生会館を舞台とした、叶わぬ片想いの恋歌である。コンポーザーである寺尾伴内が監督・撮影・編集に初挑戦したミュージックビデオでは、実際の塾生会館を舞台に謎の女子高生ペロニカとその恋人ムッシューが恋愛悲喜劇を演じている[4]。映像にはピチカート・ファイヴ「恋のルール・新しいルール」の振り付けをはじめ、神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」を意識したTSUTAYAさんの袋の描写、終盤では「の子になれ」という暗号など、様々な秘密が隠されている。

未発表音源[編集]

出演[編集]

  • 行達也 Hello, mona records!(i-Radio、2010年7月)toyottyが出演[5]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]