PeerCast

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PeerCast
作者 Giles Goddard
初版 2002年(14年前) (2002
最新版 0.1218 / 2007年12月17日(8年前) (2007-12-17
プログラミング言語 C++
対応OS Windows Linux Mac OS X
サポート状況 終了
種別 P2P
ライセンス GPL
公式サイト アーカイブ 2007年6月27日 - ウェイバックマシン
テンプレートを表示
PeerCastStation
作者 kumaryu
初版 2011年10月22日(4年前) (2011-10-22
最新版 2.2.0 / 2016年7月3日(52日前) (2016-07-03
最新評価版 2.3.1 / 2016年7月3日(52日前) (2016-07-03
プログラミング言語 C#
対応OS クロスプラットフォーム
プラットフォーム .NET Framework
サポート状況 開発中
種別 P2P
ライセンス GPL
公式サイト http://www.pecastation.org/
テンプレートを表示

PeerCast(ピアキャスト)は、オープンソースで開発されているPeer to Peer方式のライブストリーミング配信ソフトウェアである。 広義にはそれを中心としたライブストリーミングネットワークやコミュニティのことを指す。 略称にピアキャス・PeCaなどがある。主にゲーム配信や雑談配信などで利用されている。

概要[編集]

PeerCastは2002年にGiles Goddardによって、「誰でもラジオ放送ができるシステム」として開発された[1]。 ソースコードはGPLとして公開され、2007年に公式サイトが閉鎖された以降も有志によってフォークされ開発が続けられた。 主なフォークにはPeerCast IMがある。 また、新たにC#で書き直された互換クライアントであるPeerCastStationがkumaryuによって公開され、開発が続けられている。

Peer to Peerの技術を利用し、配信者から閲覧者へ、その閲覧者から他の閲覧者へと木構造のように配信する仕組み(リレー方式)を用いている。

PeerCastのストリーミング配信
      配信者
     /   \
 閲覧者A  閲覧者B(中継も担う)
         /    \
       閲覧者C   閲覧者D
一般的なストリーミング配信
 閲覧者A  閲覧者B
   \   /
    配信者
   /   \
 閲覧者C  閲覧者D

一般的なストリーミング配信では、閲覧者全てが配信用のサーバにアクセスするため、閲覧者の需要量に応じて莫大な数のサーバや広域帯の回線が必要となるが、PeerCastでは上図のように配信者の負担は直接接続する閲覧者に対する帯域幅が確保されれば、特殊な機器を必要とせずに配信及び閲覧が可能である。一般的なパーソナルコンピュータのファイルのコピーや移動操作やソフトウェアをインストールする知識、ネットワークに関する各種設定の知識がある者なら手軽にストリーミング配信を行うことができる。

PeerCast自体はデータの送受信機能しか備えておらず、視聴をするためにはWindows Media PlayerMPlayerなど、およびそれらに互換性のあるメディアプレーヤーなどが必要である。また、送り手として映像を配信するにはWindows Media EncoderOpen Broadcaster Softwareなどのソフトウェアで映像をストリーミング用にエンコードする必要がある。

配信されるファイル形式はWMV・flv (映像向け)、MP3OGG (音声向け)など配信者や配信場所により異なるため、それぞれのファイル形式を再生できるメディアプレイヤーを用意する必要がある。

最近ではYouTubeニコニコ動画などにPeerCast配信動画が転載されるようになった。この他、平沢進のインタラクティブ・ライブの動画ストリーミング手段として用いられたことがある[2]

様々な問題[編集]

ポート開放[編集]

Peer to Peerで通信を行うため、ルーターを用いている環境ではポートの開放作業が必要となる。これらを行わずに配信ないし受信を行おうとすると、うまく通信ができない場合がある上、PeerCastの特性上、配信がうまく行き渡らないといった問題が発生する。

ポートを開放したにも関わらず配信及び受信できない場合はプロバイダなどで通信規制が行われている場合がある。これはPeerCastがファイル共有ソフトにも使われるGnutella通信プロトコルとして使用しているため、規制の対象となっている可能性がある。

フォールトトレラント性[編集]

最上流に位置する配信者から下流の閲覧者に向かうリレー形式を採用しており、PeerCast方式の番組を一つのシステムとして喩えると、配信者は元より中間の閲覧者が故障するとシステム全体に影響を与えやすいフォールトトレラント性への課題がある。具体的には、リレーの上流にいる閲覧者のコンピュータの処理速度や通信速度が著しく遅い場合にはシステム全体のボトルネックになり、更に下流に位置する閲覧者への配信に影響を与える。

影響の状態としては頻繁にバッファへのデータ受信待ちが発生し、その結果、映像や音声が途切れたり、下流に閲覧者を従えている閲覧者が接続を切るとリレーを受けている下流の閲覧者が巻き添えとなり、再度リレー先を見つけるまでの間は受信できない状態が起きる。

閲覧者全員の配信が確立
    配信者
   /   \
 閲覧者A  閲覧者B
      /   \
    閲覧者C   閲覧者D
閲覧者Bの切断により下流が途絶
    配信者
   /   \
 閲覧者A  閲覧者B
      /   \
    閲覧者C   閲覧者D

個々の閲覧者は上流から配信されたデータを一時的に蓄え、下流閲覧者に向けてデータ転送を行うため、配信元から末端に向かうにつれ時差が大きくなる性質がある。

これらの性質を理解しない閲覧者が多ければ多いほど、こうした問題へのリスクが更に高まるため、多数の閲覧者が受信している配信を長時間安定した状態で視聴するためには、PeerCastの特性を理解した上で配信者及び閲覧者が自分の直下のノードにポート未開放だったり映像をアップロードするのに十分な帯域のないクライアントが接続できないようにするなど対策が必要である。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ mrnakayama (2013年1月30日). “RETRO ARCADE GAME — peercastを作った人” (日本語). 2015年10月21日閲覧。
  2. ^ CHAOS UNION ,.LTD (2006年4月19日). “LIVE 白虎野 プレ・イベント“「考える人」テスト・ドライブ”詳細” (日本語). INTERACTIVE LIVE SHOW 2006“LIVE 白虎野”. 2009年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]