pedit5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

pedit5は1975年にアメリカのコンピュータ支援教育システムPLATOでRusty Rutherfordによって製作された現存する最初期の[1] コンピュータRPG(en:dungeon crawl video game)である(なお、現存せず失われた最初のコンピュータRPG「m199h」は1974年とされる)。 他のPLATOソフトウェアと同様、ゲームはメインフレーム内で作動していたが、離れた場所に複数設置された端末で操作することができた。

ゲーム内容[ソースを編集]

1974年に誕生した最初のテーブルトークRPGである「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の影響を多分に受けている。 プレイヤーは俯瞰視点でキャラクターを操作して財宝を貯めて怪物を倒しながら、40から50の部屋から成る単一階層のダンジョンを歩き回る。 怪物と遭遇したとき、キャラクターは攻撃をしたり、怪物から逃亡したり、あるいはいくつかの呪文のうち一つを使用することができる。 キャラクターのデータは最大20人分まで保存することができた。

製作背景[ソースを編集]

pedit5という名前は、PLATOシステム上のプログラムを行うワークスペースを指し、 Rutherfordが当時所属していたイリノイ大学の研究グループ"Population and Energy"に由来する。 グループに割り当てられた"pedit1"から"pedit5"までの5つのワークスペースのうち 1から3は実際の研究に用いられ、4をゲームのマニュアル、5をゲーム本体の格納スペースとしていたが、 システム管理者によってPedit5は削除された。

バージョン[ソースを編集]

pedit5のオリジナル版はPLATO上から削除されたが、削除前にゲームのソースを確保していた3人のプログラマー Paul Reschと Larry Kemp、 Eric Hagstromによってゲーム内容を著しく改善した新しいバージョンが、 「orthanc」として作られた(題名は小説『指輪物語』に登場する塔に由来する)。 一方、オリジナルのpedit5は「Orthanc1」として復活し、orthancとorthanc1の両方は削除されること無くPLATOシステムに残された。

これらのゲームは、2014年現在でもインターネットでPLATO(Cybis)システム、あるいはそのエミュレータ上でプレイできる。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Rusty Rutherford (2008年8月31日). “The Creation of PEDIT5”. Armchair Arcade. 2010年2月23日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

  • ロールプレイングゲームサイドVol.1 2014年8月 マイクロマガジン社 ISBN 978-4-89637-470-4

外部リンク[ソースを編集]

  • cyber1.org, 様々なOS用エミュレータを備えた、PLATO専門サイト
  • pedit5 日本語マニュアル上記サイトにアクセスしてpedit5をプレイするための手順が日本語で解説されている。