インテルパラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Paragon XP/S 140から転送)
移動先: 案内検索
Intel パラゴン XP-E 単ラックシステムであるCats

インテルパラゴン(Paragon)は、インテル社が開発した超並列スーパーコンピュータ。 Paragon XP/Sカリフォルニア工科大学で1992年に開発された実験的なTouchstone Deltaシステムの製品版である。パラゴンは密接に関係したインテルの初期のiPSC/860システムを置き換える。

概要[編集]

同系のParagon XP/S 140が世界スーパーコンピュータTOP500において1位に輝いた事がある。カルフォルニア工科大学内に設置された[1]

XP-Eの筐体内の内部接続

一連のパラゴンはIntel i860 RISC マイクロプロセッサを備える。2048個までの(後には4000個まで) i860が2Dグリッドに接続される。1993年に32台までの計算ノードを備えた入門機のParagon XP/E派生型が発表された。

脚注[編集]