シンセカイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PamperRevivePeopleから転送)
Jump to navigation Jump to search
シンセカイセン
別名 Gimmick!
PamperRevivePeople
出身地 日本の旗 日本 東京都 秋葉原
ジャンル J-POP
活動期間 2014年 - 2015年(Gimmick!)
2016年 - (PamperRevivePeople
・シンセカイセン)
レーベル Dearstage Records
事務所 ディアステージ
共同作業者 Dr.Usui & Wicky.Recordings[1]
公式サイト シンセカイセン #シンセカ
メンバー 鳴海ちか
キャンディスン
松永ゆずり
神楽坂れたす
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

シンセカイセンは、日本の4人組女性アイドルグループ。所属はディアステージ。略称は「シンセカ」または「SSS」。キャッチフレーズは「キミと、セカイをアップデート!」。ファンの総称は「新世界人(しんせかんちゅ)」。

メンバー[編集]

名前 誕生日 出身地 担当色[2] 備考
鳴海 ちか
(なるみ ちか)
8月30日 東京都 プリンセスピンク ソロ曲「Empty」を配信[注 1]
2013年‐2015年、ディスンと共にfripSideのバックダンサーを務めた[3]
店内ではクラスのマドンナとも言われる。
キャン ディスン 11月16日 福岡県 ベイビーブルー
(水色)
ソロ曲「愛Scream!!!」を配信[注 1]
TVアニメ『コンレボ』の挿入歌を担当[4]
何でもポジティブに考えられる[5]
松永 ゆずり
(まつなが ゆずり)
9月23日 愛知県 なまにくレッド 踊り手としても活動[6]
明治大学を卒業。
お洒落が好きでInstagramによく掲載する。
神楽坂 れたす
(かぐらざか れたす)
3月26日 神奈川県 サイバーグリーン ソロ曲「awake」を配信[注 1]
黒髪ロングの人。
滑舌が良くてトークもできる。

来歴[編集]

2013年度、夏にキャンディスン・豊崎ゆづ・鳴海ちか、冬には神楽坂れたす、同い年の4名が秋葉原ディアステージに相次いで入店しディアガールとなる[7]

2014年、ディアステージにて始まったシングルCDシリーズ「ツキイチ!」のvol.06に、この4人でユニット「Gimmick!」を結成して参戦。 投票で1位に選ばれ[8]「BREAK IT OUT」を6月にリリース。 外部のイベントにも出演し始める。

2015年4月、豊崎は同店を卒業するが、しばらく経ってGimmick!の3人と再び合流し、松永柚鈴と改名。

2016年3月、ユニット名を「PamperRevivePeople」と改め、元の4人での活動を開始[注 2][9]。 フェスなどの出演に際し「ゆるゆるMCとキレキレパフォーマンスのギャップが見所」とも紹介された[10]。 なお当面は新曲を得られず、メンバー自身の手作りで音源・振付け・衣装・物販などを模索しながら活動を続けたという。

2017年2月14日、高円寺HIGHでの主催ライブ『paripa〜2/14の片思い編〜』にて「シンセカイセン」への改名が発表され、新曲「ハカイノウタ」を初披露、活動を本格化[11]。 楽曲の持つ特徴や力についても注目され[12]、様々なフェスなどの経験を踏まえて急成長。 ファン層も拡がり、「ハードで美しいテクノサウンドを自分たちのモノにしている」と評された[13]。 同年の後半以降、シングル曲をダウンロードカードという形で次々とリリース[14]

2018年1月20日、初のワンマンライブ「シンセカアップデート中ver.1.0-START NEW WORLD-」を成功させ[15]東名阪ワンマンライブツアー『SSS TOUR2018‐Chaos Theory‐』の開催も決定[16]

4月7日、新たに開店した「秋葉原ディアステージ名古屋店」にも盛り上げ隊長として4人で入店。名古屋に活動拠点を広げて「シンセカハウス」での共同生活を始めた[17]

夏には、3ヵ月連続シングルリリースにも挑戦中。

作品[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 販売形態 備考・内容
Gimmick!
1st 2014年6月29日 BREAK IT OUT MJDS-1022 CD 「ツキイチ」Vol.06[18]
シンセカイセン
1st 2017年7月8日 ハカイノウタ SSR-0001 DLカード(SONOCA) 全5タイプ(ジャケットは全42種)
2nd 2017年9月10日 Want U, Want U to Kiss Me SSR-0002 全5タイプ(ジャケットは全30種)
3rd 2017年10月22日 Actress SSR-0003 全5タイプ(ジャケットは全58種)
4th 2018年1月20日 START NEW WORLD SSR-0004 全5タイプ(ジャケットは全26種)
5th 2018年4月21日 Knock!Knock!Knock! SSR-0005 全5タイプ(ジャケットは全30種)
6th 2018年4月21日 Up to You SSR-0006 全5タイプ(ジャケットは全30種)
7th 2018年6月9日 Trust me SSR-0007 (ジャケットは全12種)
8th 2018年7月7日 あれ あれ? SSR-0008 (ジャケットは全31種)

コンピレーションアルバム[編集]

その他の楽曲[編集]

  • あの娘に伝えて
  • もう少しだけ[20]

ライブ[編集]

主催ライブなど[編集]

  • JOYSOUND監修コンピアルバム『アイドルライブラリー Vol.02』発売記念ライブ(2016年3月25日、渋谷チェルシーホテル)[注 6]
  • Halloween Night MOSO 大作戦 in Yokohama(2016年10月、横浜市開港記念会館
  • PaRiPa(2016年12月・2017年2月、高円寺HIGH)[21]
  • シンセカアップデート中Ver.0.1〜(2017年3月 - ほぼ毎月、高円寺HIGH・TwinBox AKIHABARA・他)[22]
  • シンセカアップデート中Ver.1.0-START NEW WORLD-(2018年1月、TSUTAYA O-WEST)- 1stワンマンライブ

主なフェス[編集]

  • DEARSTAGE SHOWCASE 2015 -(2015年11月 -、赤坂BLITZ・品川ステラボール・他)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2016・2017・2018(2016年 - 2018年8月、お台場・青海周辺エリア)[13]
  • COSMICBOX vol.30(2016年9月、Shibuya eggman)
  • iDL×MAKAI PRESENTS ハロウィンへ逝こう〜前夜祭〜(2016年10月、原宿アストロホール)
  • DEARSTAGEスペシャルライブ(2016年12月、ラゾーナ川崎 2Fルーファ広場)
  • アイドル横丁夏祭り‼︎〜2017〜・〜2018〜(2017年・2018年7月、横浜赤レンガパーク[12]
  • @JAM EXPO 2017(2017年8月26日・27日、横浜アリーナ

イベントなど[編集]

  • JOYSOUND監修コンピアルバム『アイドルライブラリー Vol.02』発売記念イベント(2016年3月26日、J-SQUARE SHINAGAWA
  • 第2回 妄想大運動会(2016年10月、幕張メッセ国際展示場9~11ホール)
  • バロンiドール杯(2017年 -、豊洲PIT・他)- UP-IN-DSチーム[23]
  • 夢みる★ディアステージ in サンリオピューロランド(2017年5月、サンリオピューロランド
  • 東京アイドル大運動会2017〜ただの運動会じゃないもん!〜(2017年10月、幕張メッセ 国際展示場10-11ホール)[24]
  • JOYSOUND presents ねぇもう一回きいて?宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!(2017年12月30日、大阪城ホール[注 7]
  • DEARSTAGE名古屋オープニングセレモニー(2018年4月7日、秋葉原ディアステージ名古屋店)

出演[編集]

ネット配信[編集]

レギュラー[編集]

  • キミの、セカイにおじゃましま〜す!(2017年4月‐2018年3月隔週水曜18時‐18時45分、2018年4月‐毎週水曜深夜23時30分‐0時、SHOWROOM[25][26]‐ ただし東京に滞在中などは従来通り18時 - の場合もある。
  • でぃあの湯(2014年5月 - 9月、ニコニコ生放送

主な単発[編集]

  • TOKYO IDOL 会議中(2016年5月27日、ニコニコチャンネル「TOKYO IDOL CHANNEL」)‐ゲスト。
  • DEARSTAGE SHOWCASE 2017・他(2017年6月25日、LINE LIVE[27](2017年12月1日、Twitch[28]
  • 富士山頂上 生放送!(2017年7月26日、LINE LIVE)[29]
  • 東京アイドル大運動会2017〜ただの運動会じゃないもん!〜(2017年10月9日、ニコニコ生放送)[注 8]
  • IDOL AND READチャンネル vol.3(2018年2月22日、ニコニコ生放送)‐ゲスト。

ラジオ[編集]

  • Dera☆Dear☆Stage(2018年4月7日 ‐ 、19時30分‐20時00分、東海ラジオ)‐不定期レギュラー。

テレビ[編集]

キャンペーンなど[編集]

  • JOYSOUND VR「シンセカイセン VR カラオケ」「シンセカイセン VR シークレットライブ」(2017年8月4日 -、エクシング、フェイス)[33]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c CD『ツキイチ!2015〜DearStage〜』にも収録
  2. ^ 公式サイトの年表ではこの時点を始動としている
  3. ^ 上記の「Break It Out」(Gimmick!名義)を収録
  4. ^ 神楽坂・ディスン・鳴海のソロでのシングル曲を収録
  5. ^ 「Break It Out (PRP Remix)」(PamperRevivePeople名義)を収録
  6. ^ 出演者:Pamper Revive People、ディア☆
  7. ^ バックダンサーとして出演
  8. ^ 準優勝により後半ではライブ出演
  9. ^ ディスンのみ

出典[編集]

  1. ^ ♡スポットライトの3秒前♡|シンセカイセン 鳴海ちかオフィシャルブログ「今日からみんな おちかづき♡」”. Ameba (2018年1月8日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ 今日突然やった自己紹介詳しk......|シンセカイセン キャンディスン オフィシャルブログ「キャン=3.8カロリー」”. Ameba (2016年3月25日). 2018年2月18日閲覧。
  3. ^ リスアニ!LIVE-4 1日目 まとめ”. fripSide fan (2014年1月26日). 2018年4月19日閲覧。
  4. ^ キャンディスンさんからコメントが到着!!|SPECIAL”. TVアニメ「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」公式サイト (2016年4月18日). 2018年2月6日閲覧。
  5. ^ シンセカイセン公式サイト #シンセカ”. 秋葉原ディアステージ. 2018年4月19日閲覧。
  6. ^ 踊ってみたんだ! by ゆっけ”. ニコニコ動画 (2016年). 2018年2月6日閲覧。
  7. ^ ♡1-20♡|シンセカイセン 鳴海ちかオフィシャルブログ「今日からみんな おちかづき♡」”. Ameba (2018年1月20日). 2018年1月22日閲覧。
  8. ^ 5がつ31にち。|シンセカイセン 神楽坂れたすオフィシャルブログ「雲鬢なるれたすに栄養を」”. Ameba (2014年6月2日). 2018年1月25日閲覧。
  9. ^ 苦は楽の種|シンセカイセン 松永ゆずりオフィシャルブログ「かわいいため息」”. Ameba (2016年3月8日). 2018年1月15日閲覧。
  10. ^ 【TIF2016】出演者の意気込みコメント「PamperRevivePeople」”. TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 (2016年5月30日). 2018年2月18日閲覧。
  11. ^ シンセカイセン|シンセカイセン 神楽坂れたすオフィシャルブログ「雲鬢なるれたすに栄養を」”. Ameba (2017年2月14日). 2018年1月18日閲覧。
  12. ^ a b 鈴木妄想 (2017年8月3日). “【写真満載】けもフレ、AKBからグラドルも盛りだくさん!『アイドル横丁夏まつり2017』特濃レポ<2日目>(3-5)”. ウレぴあ総研. ぴあ. 2018年7月7日閲覧。
  13. ^ a b 鈴木妄想 (2017年8月7日). “【TIF2017速報】大集合コラボ、そして感動のシーンも…!最終日写真満載レポート【TOKYO IDOL FESTIVAL 2017】(4-5)”. ウレぴあ総研. ぴあ. 2018年7月7日閲覧。
  14. ^ スマホ用音楽カード『SONOCA(ソノカ)』の導入事例”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2018年1月22日閲覧。
  15. ^ 宗像明将 (2018年1月22日). “シンセカイセンが約4年を経てたどりついた「まだ見ぬ世界」~ファーストワンマンライヴレポート”. Yahoo!ニュース. ヤフー. 2018年7月7日閲覧。
  16. ^ SSS TOUR 2018 ‐Chaos Theory‐ シンセカイセン”. DEARSTAGE (2018年2月3日). 2018年2月19日閲覧。
  17. ^ 着飾って盛ってみたって中身がなきゃゼロ”. シンセカイセン キャンディスン オフィシャルブログ「キャン=3.8カロリー」. Ameba (2018年4月13日). 2018年6月22日閲覧。
  18. ^ [DS 6-29(日) ツキイチ!Vol.06 GIMMICK!「BREAK IT OUT」インストアイベント]”. 秋葉原ディアステージ. 2018年1月18日閲覧。
  19. ^ 『アイドルライブラリー Vol.02 supported by JOYSOUND』発売記念ラリー企画!!”. エクシング. 2018年1月15日閲覧。
  20. ^ 「もう少しだけ」シンセカイセン”. YouTube (2017年12月10日). 2018年1月18日閲覧。
  21. ^ スケジュール «”. KOENJI HIGH. 2018年1月15日閲覧。
  22. ^ 3/17 シンセカさん主催ライブ ももたん ໒꒱”. Ameba (2018年3月20日). 2018年4月19日閲覧。
  23. ^ フットサルとeスポーツで最強アイドルを決める「バロンiドール杯」が開幕!”. サッカーキング (2017年12月1日). 2018年1月18日閲覧。
  24. ^ 東京アイドル大運動会2017”. DEARSTAGE. 2018年1月15日閲覧。
  25. ^ シンセカイセン「キミの、セカイにおじゃましま~す!」‐プロフィール”. SHOWROOM(ショールーム). 2018年1月27日閲覧。
  26. ^ 愛乙女☆DOLL、アキシブproject、フルーティー、パンダみっく等期待のグループが@JAM PARTYに集結”. GirlsNews (2017年4月20日). 2018年1月18日閲覧。
  27. ^ DEARSTAGE SHOWCASE 2017”. LINE LIVE (2017年6月25日). 2018年1月18日閲覧。
  28. ^ DEARSTAGE - DEARSTAGE SHOWCASE 2017 WINTER”. Twitch (2018年1月6日). 2018年1月27日閲覧。
  29. ^ メディア掲載情報”. LaMont. 2018年1月18日閲覧。
  30. ^ アイドルもエンジニアも…。みんなの夢が実現する街、秋葉原! 探検バクモン”. NHKオンライン (2016年9月30日). 2018年6月20日閲覧。
  31. ^ 神楽坂れたすさんのツイート 10月5日に放送された ♯探検バクモンにDREAM LANDとしてきゃんちかと共に出演しました!…”. Twitter (2016年10月7日). 2018年1月15日閲覧。
  32. ^ でんぱ組.inc・藤咲彩音が富士登山で明かす「苦しいことに挑戦する理由」は?”. テレ朝POST (2017年8月28日). 2018年1月18日閲覧。
  33. ^ エクシングとフェイス、「JOYSOUND VR」にアイドルユニット「シンセカイセン」のVRカラオケを提供”. 日本経済新聞 (2017年8月1日). 2018年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]