P (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

P は、短命に終わったアメリカ合衆国オルタナティヴ・ロック・バンド。1993年はじめにバットホール・サーファーズ (Butthole Surfers) のフロントマンであるギビー・ヘインズ (Gibby Haynes)(ボーカル)、俳優ジョニー・デップ(ギター/ベース)、俳優サル・ジェンコ (Sal Jenco)(パーカッション)、ソングライターのビル・カーター (Bill Carter)(ギター/ベース)によって結成された[1]

活動歴[編集]

このバンドは、1993年のオースティン音楽賞 (the Austin Music Awards) で最初のショーをおこない、エポニム(バンド名と同名)のアルバム『P』を1995年11月21日キャピトル・レコードからリリースした。このアルバムは、後に2007年5月8日キャロライン・レコードから再発売されている。バンドは、かつてデップが共同経営に加わっていたザ・ヴァイパー・ルーム (The Viper Room) で、しばしば不定期にギグを行なった。そのひとつは1993年10月30日に行なわれ、ラインナップにはレッド・ホット・チリ・ペッパーズフリーが参加していた。ヘインズは、その夜のラインナップ全員がそうであったように、俳優リヴァー・フェニックスの親友だった。バンドは「Michael Stipe」(R.E.M.マイケル・スタイプのことを取り上げた歌)を演奏し、その歌詞には「なつかしいマイケル・スタイプに会えてうれしいぜ、奴の車を見かけなかったし。奴とリヴァー・フェニックスは明日旅に出るはずだったけど (I'm glad I met old Michael Stipe, I didn't get to see his car. Him and River Phoenix were leaving on the road tomorrow)」、「でも俺たちはそれには乗らない、俺たちのハートのかけらも、マイケルも、リヴァー・フェニックスも、フリーも俺も (but we didn't have a part, not a piece of our heart, not Michael, River Phoenix or Flea or me)」といった言葉が入っていた。このとき、演奏していたバンドのメンバーは知らなかったのだが、フェニックスはザ・ヴァイパー・ルームの前の歩道上で心臓発作を起こして倒れていた[2]。フェニックスは翌10月31日未明に、コカインヘロインの過剰摂取による心不全で死去した。

ディスコグラフィ[編集]

このバンドの唯一のリリースは、エポニム・アルバム『P』である[1]。オリジナル盤は1995年11月21日キャピトル・レコードからリリースされた。このアルバムは、後に2007年5月8日キャロライン・レコードから再発売されている。バンドのメンバーは、ギビー・ヘインズバットホール・サーファーズ)、俳優ジョニー・デップThe KidsRock City Angels で既に音楽活動をしていた)、俳優サル・ジェンコ(『21ジャンプストリート』の "Blowfish")、ソングライターのビル・カーターであった。このほか、アルバムに参加したミュージシャンには、フリーレッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、スティーヴ・ジョーンズセックス・ピストルズ)、アンドリュー・ワイス (Andrew Weiss)(Weenロリンズ・バンド)、チャック・E・ワイス (Chuck E. Weiss)(ライトニン・ホプキンス、The G.D. Liars)、ルース・エルスワース=カーター (Ruth Ellsworth-Carter) らが含まれていた[3]

トラック・リスト[編集]

# タイトル 作詞・作曲 時間
1. I Save Cigarette Butts(ダニエル・ジョンストンのカバー) ダニエル・ジョンストン (Daniel Johnston])
2. Zing Splash  
3. Michael Stipe  
4. Oklahoma  
5. Dancing Queen(ダンシング・クイーン(ABBAのカバー) ベニー・アンダーソンビョルン・ウルヴァーススティッグ・アンダーソン (Stig Anderson)
6. Jon Glenn (Mega Mix)  
7. Mr. Officer  
8. White Man Sings the Blues  
9. Die Anne  
10. Scrapings from Ring  
11. The Deal    
合計時間:

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Strong, Martin C. (2003) The Great Indie Discography, Canongate, ISBN 1-84195-335-0, p. 248
  2. ^ Aaron, Charles (2007年7月30日). “They Came from Hollywood”. Spin. 2011年5月21日閲覧。
  3. ^ P - P”. Discogs. 2011年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]