PRIMERGY 6000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

PRIMERGY 6000(プライマジー6000)は、富士通オフィスコンピュータ(オフコン)[1]のブランド名である[2]

概要[編集]

FACOM Kシリーズ(K-200シリーズ,K-600シリーズ,K-6000シリーズ)[3]GRANPOWER 6000(GP6000シリーズ)[4]の後継となるオフコン。上位互換性が高いので、FACOM Kシリーズからのユーザーが永い間蓄積してきた経営資産を、オープンシステム等で再構築(レガシーマイグレーション)するよりは容易に継承することが可能。GP6000シリーズ以降はインテルCPUを採用するなど、低コスト化を図っている。また、オープンシステムとの親和性もあり、Javaなどオープン系ソフトウェアの動作、企業間の電子データ交換eコマース)や携帯機器にも対応したWebコンピューティング機能、電子帳票のメール自動配信機能など、現在の業務システムに求められるソリューションも提供されている。なお、オープンシステム(特にWindowsサーバ)と異なり、ウイルス感染などのセキュリティ上のリスクは事実上皆無である。

OSとして ASP(Advanced System Products) (FACOM Kシリーズの中盤までは CSP(Customer oriented System Products))が動作し、主要言語は COBOL GSQLに対応した富士通のCOBOL互換言語)。なお、COBOL GとJavaのプログラム間でデータ連携もできる。

Oracle等の他のRDBMSとの連携を図るため、PRIMERGY 6000はRDBMSとしての側面も持っている(Symfoware6000)。[5]

システム管理者のコンソールにはFM Gシリーズ、利用者はFM GシリーズKシリーズ端末エミュレータWindows上で動作する端末エミュレータ)、Webjetウェブブラウザ上で動作する端末エミュレータ)、MeFt/Web ProWebアプリケーションフレームワーク)などを用いる。

なお、富士通のIAサーバの冠ブランドであるPRIMERGYを掲げているが、PRIMERGY 6000PRIMERGY(富士通のPCサーバ)の間には、動作互換性はない。

Symfoware6000:PRIMERGY 6000におけるRDBMSの名称(例えば、IBM iにおけるDB2 for IBM iと同様、OSの中核部分に統合されているRDBMS)。かつてのFX-RDBRDB/6000の後継機能。Symfoware Serverとは、コマンド体系など共通面も多い。
FM Gシリーズ:UNIX System VベースのSX/G上で動作するオフコン。PRIMERGY 6000がFACOM K-200シリーズからの系譜にあるのに対し、FM GシリーズはFACOM K-10シリーズ[6]からの系譜にある。PRIMERGY 6000や2004年まで販売されていたUNIX System Vベースのサーバ GRANPOWER 7000D(2004年にSolarisベースのサーバ PRIMEPOWERへ変遷)のコンソールとしても用いられる。スタンドアロンでもワープロソフトEPO-OASYS/G表計算ソフトEPOCALC-Gなど[7]が活用できる。

MOデータの移行について[編集]

富士通のオフコンは、2007年3月に販売終了したPRIMERGY 6000/50まで、長らくMOが標準で本体に内蔵搭載されてきたが、2006年11月に販売開始したPRIMERGY 6000/60からはDVD-RAMドライブが標準で本体に内蔵搭載された代わりに、MOドライブは本体に内蔵搭載されなくなった。富士通は同時期にMOドライブの製造を打切り、さらに2012年3月にMOドライブのサポートも打切っている。また、PC用の富士通製MOドライブは、Windows7以降の動作サポートをしていない。 かつて、PRIMERGY 6000では、MOへデータを保存する運用が一般的であったため、大量のMOデータを抱えるユーザーも少なくない。現在、MOへ保存したデータを参照するには、富士通製MOドライブとWindowsVista以前の古いPCを中古市場などで調達して移行作業する等の、不便な運用を余儀なくされている。

IBM形式フロッピーディスクデータの移行について[編集]

現在、富士通のオフコンのフロッピーディスクは、DOS形式が採用されているが、かつてのFACOM Kシリーズでは、メインフレームとの互換性のため、IBM形式が採用されていた。 かつてのFACOM Kシリーズで保存したIBM形式フロッピーディスク上のデータは、そのままでは、PRIMERGY 6000では読取不可能である。なお、PCにて「F*TRAN」(富士通製のフロッピーデータ変換ソフトウェア)等を用いてDOS形式に変換すれば、PRIMERGY 6000で読取することは可能である。

2005年に発生した一斉フリーズについて[編集]

2005年9月5日の午後3時に、OS「ASP」のV15かV16を搭載した PRIMERGY 6000(GRANPOWER 6000)が一斉にフリーズする事態が発生した。翌日以降も午後3時になると毎日フリーズする、基幹系システムとしては前代未聞の深刻な不具合であった。[8][9]PRIMERGY 6000 は、かつてよりユーザー側で修正パッチをダウンロードし適用する方法をとらず、PRIMERGY 6000 についての知識を持つSECEが修正パッチを適用する方法をとっていたため、緊急時に一斉に対応することが難しく、結果的に障害発生より丸一日経過しても復旧できなかったユーザーも多数存在した。なお、この障害とは別の修正パッチを適用していたサーバにはこの障害は発生しなかった。かつて、オフコンはユーザーインターフェースが扱いにくいなどの欠点がある反面、PCサーバやUNIXサーバなどのオープンシステムとは比較にならない程、堅牢性と信頼性が高い利点がある、と言われていた。しかしこの不具合の発生により、オフコン全般に対する評価が大きく揺らぐことになった。

脚注[編集]

  1. ^ かつての FACOM Kシリーズの中盤まではオフコンと呼ばれていたが、1993年10月に従来アーキテクチャを継承しつつも大幅な機能強化を行ったのを機に、「時代遅れ」「クローズ」といったマイナスイメージのあるオフコンからビジネスサーバへと呼び名を変えた。その後、さらにCPUも富士通独自プロセッサからx86にシフトし、外部バス等のアーキテクチャもPC/AT互換機に近いものを利用するようになり、通信プロトコルも富士通独自のFNA(Fujitsu Network Architecture)からTCP/IPにシフトしたのを機に、先進的イメージを持たせるべくインターネット・ビジネスサーバと、再度、呼び名を変えた。しかし、2010年11月より販売開始したモデルより、呼び名をオフコンに戻した。
  2. ^ 内田洋行の販売名は USAC NetGLOBE9000III
  3. ^ FACOM Kシリーズを実質的に開発したユーザック電子工業(現在のPFU)の販売名は USAC2001シリーズ,USAC8800シリーズ(販売代理店は内田洋行)
  4. ^ 内田洋行・PFUの販売名は USAC NetGLOBE9000,USAC NETGlobe9000II
  5. ^ 但しPRIMERGY 6000には「1フィールドに全角文字と半角文字が混在できない」「文字コードに富士通独自の JEF を採用している」などの仕様があるため、他のRDBMSとの親和性が高いとは言い難い。
  6. ^ FACOM K-10シリーズは当時の主流であったダム端末ではなく、スタンドアローンのオフコンとして利用することも、ホスト(サーバ)用のKシリーズ(FACOM K-200の系譜)に繋いでワークステーションクライアント)として利用することもできた。なお、ユーザック電子工業(現在のPFU)の販売名は USACカマラード。内田洋行では USACカマラードを「オフコン」ではなく「ビジネスパソコン」との位置づけで販売していた。
  7. ^ FACOM K-10シリーズのライバルはNECN5200シリーズであった。こちらの陣営もワープロソフトLANWORDや表計算ソフトLANPLANなどを販売していた。なお、1993年にN5200のOS(PTOS)がPC-9800シリーズ移植され、N5200は終焉した。
  8. ^ 「GRANPOWER6000シリーズ」「PRIMERGY6000シリーズ」の障害に関するお知らせ - 富士通
  9. ^ OSの障害で5日午後3時に富士通の一部オフコンが異常停止 - 日経コンピュータ

関連項目[編集]

  • FACOM
  • GRANPOWER
  • PFU - 前身であるユーザック電子工業が1984年に PRIMERGY 6000 の前身であるFACOM Kシリーズを実質的に開発
  • 内田洋行 - かつてユーザック電子工業(現在のPFU)の販売代理店であった経緯で PRIMERGY 6000 を USAC NetGLOBE9000III ブランドにて販売
  • 山田邦子 - PRIMERGY 6000 の前身であるFACOM Kシリーズのイメージキャラクタ(1988年〜1992年)

外部リンク[編集]