PPM1D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PPM1D
識別子
記号PPM1D, PP2C-DELTA, WIP1, protein phosphatase, Mg2+/Mn2+ dependent 1D, IDDGIP, JDVS
外部IDOMIM: 605100 MGI: 1858214 HomoloGene: 31185 GeneCards: PPM1D
遺伝子の位置 (ヒト)
17番染色体 (ヒト)
染色体17番染色体 (ヒト)[1]
17番染色体 (ヒト)
PPM1D遺伝子の位置
PPM1D遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点60,600,183 bp[1]
終点60,666,280 bp[1]
RNA発現パターン
PBB GE PPM1D 204566 at fs.png
さらなる参照発現データ
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_003620

NM_016910

RefSeq
(タンパク質)

NP_003611

NP_058606

場所
(UCSC)
Chr 17: 60.6 – 60.67 MbChr 17: 85.31 – 85.35 Mb
PubMed検索[3][4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

Protein phosphatase 1D はヒトppm1d遺伝子によってコードされる酵素である[5][6]

PPM1DはPPMファミリーに分類されるSer/Thrホスファターゼである。PPMファミリーは細胞ストレス応答経路のネガティブレギュレイターとして知られている。PPM1Dは、当初tumor suppressor protein TP53/p53依存的な様々な環境ストレスに応答して誘導されるホスファターゼとして同定された。p53やp38 MAPキナーゼ (MAPK/p38) の直接的な脱リン酸化によって、それらの活性を負に制御し、細胞周期停止やアポトーシスを抑制する。このことからp53のフィードバック制御因子であると考えられている。また、細胞周期制御因子の脱リン酸化によってp53非依存的に細胞周期を制御することが知られている。この遺伝子は乳癌由来細胞株および、初期乳癌組織において増幅が報告されており、このことは癌発生におけるppm1d遺伝子の役割を示唆している[6]

相互作用[編集]

PPM1DはCDC5L相互作用することが報告されている[7]

引用文献[編集]

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000170836 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000020525 - Ensembl, May 2017
  3. ^ Human PubMed Reference:
  4. ^ Mouse PubMed Reference:
  5. ^ Fiscella M, Zhang H, Fan S, Sakaguchi K, Shen S, Mercer WE, Vande Woude GF, O'Connor PM, Appella E (July 1997). “Wip1, a novel human protein phosphatase that is induced in response to ionizing radiation in a p53-dependent manner”. Proc Natl Acad Sci U S A 94 (12): 6048–53. doi:10.1073/pnas.94.12.6048. PMC: 20998. PMID 9177166. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC20998/. 
  6. ^ a b Entrez Gene: PPM1D protein phosphatase 1D magnesium-dependent, delta isoform”. 2014年7月9日閲覧。
  7. ^ Ajuh, P; Kuster B, Panov K, Zomerdijk J C, Mann M, Lamond A I (December 2000). “Functional analysis of the human CDC5L complex and identification of its components by mass spectrometry”. EMBO J. (ENGLAND) 19 (23): 6569–81. doi:10.1093/emboj/19.23.6569. ISSN 0261-4189. PMC: 305846. PMID 11101529. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC305846/. 

参考文献[編集]