CTY-FM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PORT WAVEから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
シー・ティー・ワイ株式会社
愛称 CTY-FM
コールサイン JOZZ6AN-FM
周波数/送信出力 76.8 MHz/20 W
本社・所在地
〒510-0093
設立日 1988年6月20日
開局日 1999年9月1日
(エフエムよっかいち)
演奏所 本社と同じ
送信所 三重県四日市市霞2-1-1ポートビル
中継局 菰野 76.8 MHz/5 W
放送区域 四日市市、菰野町の各一部
ネット配信 SimulRadio
ListenRadio
公式サイト http://cty-fm.com

CTY-FMは、超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者シー・ティー・ワイ株式会社内ラジオ放送局の愛称である。この放送局は三重県四日市市および三重郡菰野町の各一部地域を放送区域としている。

シー・ティー・ワイに合併されるまで、別会社のエフエムよっかいち株式会社としてコミュニティ放送を行なっていた。

概要[編集]

1999年7月30日に、エフエムよっかいち株式会社が設立され、同年9月1日にコミュニティ放送を開局した。

その後、エフエムよっかいちは、2011年4月から2017年3月まで四日市市に本社を置くケーブルテレビ局シー・ティー・ワイ完全子会社であった。同局のほか、津市に本社を置くケーブルテレビ局ZTV(津・亀山エリアのみ)が再送信している。長らくPORT WAVE(ポートウェイブ)の愛称でコミュニティ放送をしていたが、2017年4月1日に合併のためコールネーム全体がCTY-FMに変更された。本社と演奏所(スタジオ)は四日市市本町8番2号、送信所四日市港ポートビルにある。また、サテライトスタジオが文化の諏訪駅(四日市諏訪町商店街内)にある。放送エリアは、四日市市と菰野町の他、鈴鹿市いなべ市桑名市朝日町川越町東員町で、エリア内合計人口77万6千人の85%をカバーする[1]愛知県の一部でも良好に聞こえる地域がある。

株式会社シー・ティー・ワイとエフエムよっかいち株式会社は、2017年4月1日付にて合併。[2]エフエムよっかいちの名称も2017年4月1日付でコールネームからなくなった。コールネームにはCTY-FMとハイフンが入っているが、新ロゴにはハイフンは省略されている。時報通知の際も「CTYが午前(あるいは午後)○○時をお伝えします」とCTY提供であることを明示している。呼出名称は放送内で用いられていない。新しいジングルエレキギターのソロの後で「シー・ティー・ワイ・エフエム(x2-3)セブンティ・シックス・ポイント・エイト(x1)」で、PORT WAVE時代の周波数コール[3]を含んだSFの後に短く全員で愛称を囁くヴァージョンよりボーカルを前面に出した構成。[4]予報・正報音は省略される。

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)
  • 2008年(平成20年)6月10日 SimulRadioに参加。インターネットでの聴取が可能となる。
  • 2011年(平成23年)4月1日 四日市市に本社を置くケーブルテレビ局シー・ティー・ワイの完全子会社化。
  • 2012年(平成24年)3月までは自社制作番組以外の時間はJ-WAVEの番組を放送していたが、4月よりミュージックバードに変更された。
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)7月1日 独自のスマートフォン向け聴取アプリを開発・リリース[6]
  • 2017年(平成29年)4月1日に会社合併のため愛称を「FM Portwave」から「CTY-FM」へリニューアル。[7]従来用いられてきたコールネーム「エフエムよっかいち Portwave」が「CTY-FM」に置き換えられることとともに、エフエムよっかいちの名称がコールネームから消滅。公式サイトからも「エフエムよっかいち」の名称が消えた。[8]この日は特別番組「わたしと街の未来~この街で出来る事・したい事」を9時間50分にわたって展開した。
    • 5月 FM++の公式ホームページからWindowsのブラウザのほとんどで聴取可能になった。
    • 9月30日 ListenRadioによる配信を終了[9]10月1日からは独自のスマートフォン向け聴取アプリのみ使用可能。

放送内容[編集]

  • 地域住民とインターネット利用者をターゲットとした番組構成。
  • 番組の制作を支えているのはボランティアのパーソナリティとディレクター。

特色[編集]

  • 地元のアーティストを支援することがあり、四日市発インディーズバンド・スプーンタップが3人編成だったころ、また国際ノンルーフ楽団解散間際に番組枠を与えていた。
  • PORT WAVE時代には、2台のオンド・マルトノ電子ピアノ[10]を用いた災害・減災対策CMを掛けていた。減災対策は三重県のコミュニティFMの中でも特に力を入れており、2017年の台風情報では平時の番組を休止して警報解除までノンストップで放送した。
  • 番組CM「みんなの夢を教えてください」[11]はPORT WAVE時代から引き継いでいる。
  • 2017年は高校野球の地方大会や、ヴィアティン三重のサッカー中継など、スポーツ実況にも力を入れている。

CTY-FMの番組[編集]

  • ブエノスディアス、タンゴでおはよう
  • MUSIC BOX
  • MAKOMO Station
  • Morning Wave
  • ラジオなんやかんや
  • よっかいちわいわい人探訪!
  • マンスリーよっかいち
  • 4-sailsのフォーセール!
  • WANGAN MUSIC
  • よっかいちカフェ
  • めっちゃめちゃ四日市
  • なうい洋一のコミカル症候群(シンドローム)
  • なうい洋一のコミカル症候群+
  • 黒田モーター商会presentsほんサタ★スマイル
  • 煌めき☆アンフォレントの「煌めけ!アンフォレディオ☆」
  • Evening Wave
  • パワープレイ
  • アストロウェイブ768
  • カリブ文学者山本伸のMonday Nite GrooVe!
  • Estrada da vida[12]
  • ALO!YOKKAICHI[13]
  • 人に巡り会う旅
  • 応援兄弟のラジオDeご縁
  • アムリタイム
  • 三重バイオレットアイリス・ハンドボールガールズ
  • 水曜アニソンスペシャル[ひ]~ちゃん探検シリーズ
  • ヤジばなサタデー
  • バリバリ☆
  • 音楽煮込み

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送エリア エフエムポートウェイブ(Internet Archiveのアーカイブ:2014年12月30日収集)
  2. ^ 合併に関するお知らせ 2017年3月28日 1:29 UTC閲覧。
  3. ^ ミックスダウン後のSFがあまりにも大きく、周波数コールが聞き取りにくかった。
  4. ^ このほかにスティールパンを鳴らしながら周波数コールを行い、短く一人でPORT WAVEと唱えるタイプもあった。また電気チェンバロのソロに合わせて周波数コールを行うタイプもあり、ジングルやCMに何らかの楽器がフィーチャーされた傾向がPORT WAVE時代は強かった。
  5. ^ 取得日は、無線局等情報検索結果(総務省電波利用ホームページ、国立国会図書館のアーカイブ, 2014年6月1日収集)による。
  6. ^ スマホで聴いてね 四日市のFM局、公式アプリ始める 中日新聞 2015年7月9日(Internet Archiveのアーカイブ:2015年7月12日収集)
  7. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、21 Mar 2017 13:01:35 UTC閲覧。
  8. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、31 Mar 2017 20:45:53 UTC閲覧。
  9. ^ 外部リンク
  10. ^ これが鍵盤楽器であるという証明はないが、五線譜に直すとピアノ作品にみられる伴奏音形であることから、エレクトリック・ピアノまたはその類似の音源である可能性は高い。アタックをかなり丸めたやわらかい音色であった。現在の減災CMはシンセサイザー音源による環境音楽風の作品である。
  11. ^ 主に、小学校低学年に何になりたいかを問う。
  12. ^ ポルトガル語番組
  13. ^ ポルトガル語番組

外部リンク[編集]