POP FILE 1972-2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
POP FILE 1972-2017
伊藤銀次ボックス・セット
リリース
ジャンル ロック
ポップス
時間
レーベル SMDR
伊藤銀次 アルバム 年表
MAGIC TIME
2017年
POP FILE 1972-2017
(2017年)
テンプレートを表示

POP FILE 1972-2017』(ポップ・ファイル 1972-2017)は、2017年11月21日に発売された伊藤銀次ボックス・セット

解説[編集]

2017年、伊藤銀次がメンバーとして活動していたバンド“ごまのはえ”が1972年9月25日に発売した「留子ちゃんたら」でのプロ・デビューから45周年。ソロとしては、1977年5月25日発売の『DEADLY DRIVE』でのソロ・デビューから40周年を迎えた。この記念イヤーを祝して、ソロ名義のシングル楽曲+作詞・作曲・編曲・プロデュース・演奏した楽曲+初出音源によるレーベルの垣根を越えて収録された4枚組CD-BOX。伊藤銀次本人の監修による全69曲を収録[1]

この商品はスペシャル企画盤や廃盤となったタイトルなどをユーザーがリクエストし、既定のリクエスト数が集まれば商品化・発売するシステム「オーダーメイドファクトリー」にて、予約が規定数に到達したことにより発売が決まった[1]。ソニーミュージックのオンラインショップ「Sony Music Shop」での専売商品[2]

収録曲[編集]

Disc-1 (ALL SINGLE COLLECTION)
初のオール・シングル・コレクションとして、12インチを除くソロでのシングル楽曲を全てシングル・バージョンで収録。佐野元春のコーラス参加で当時話題となった「夜を駆けぬけて」(1985年)のシングル・ミックス・ヴァージョンは初CD化となる[1]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.風になれるなら (Single Version)(伊藤銀次)  
2.デッドリイ・ドライブ (Single Version)(伊藤銀次)  
3.「雨のステラ」(伊藤銀次)  
4.「まっ赤なビキニのサンタクロース」(伊藤銀次)  
5.「恋のリーズン」(伊藤銀次)  
6.「泣きやまないで、LOVE AGAIN」(伊藤銀次)  
7.「あの娘のビッグ・ウェンズデー」(伊藤銀次)  
8.「彼女のミステイク」(伊藤銀次)  
9.「夜を駆けぬけて (Single Mix)」(伊藤銀次)  
10.「フラワーズ・イン・ザ・レイン 〜心わけあいたいエンジェル〜」(伊藤銀次)  
11.「7月のオーロラ」(伊藤銀次)  
12.「IMAGINE」(伊藤銀次)  
13.「グラストゥリーの夜 (GLASS TREE NIGHTS)」(伊藤銀次)  
14.「ロックスターの悲劇 –I'm A Rock'n roll Star–」(伊藤銀次)  
15.「Monday Monday」(伊藤銀次)  
16.「僕達のSummer Days」(伊藤銀次)  
17.「涙の理由を」(伊藤銀次)  
18.「涙の理由を ('94 Mix)」(伊藤銀次)  
合計時間:
Disc-2 (GINJI WORKS 1972-1981)
ギタリストとして初のレコーディング参加となった1972年の加川良「親愛なるQに捧ぐ」から、ごまのはえ「留子ちゃんたら」でのデビューを経て、シュガー・ベイブ、バイ・バイ・セッション・バンドに参加、佐野元春と出会い、沢田研二のアレンジを任されるまでの最初の10年間の記念碑的な楽曲を収録[1]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「親愛なるQに捧ぐ」(加川良)  
2.「留子ちゃんたら」(ごまのはえ)  
3.「台風13号 (Single Version)」(布谷文夫)  
4.「I SHALL BE RELEASED」(岡林信康)  
5.DOWN TOWN(シュガー・ベイブ)  
6.でい どりーむ()  
7.「個人的メッセージ」(GARO)  
8.幸せにさよなら (Single Version)(ナイアガラ トライアングル 山下達郎 伊藤銀次 大滝詠一)  
9.「'Cause We've been together」(りりィ)  
10.「クリスタル・ホテル」(やまがたすみこ)  
11.「Teenage Girl」(クールス・ロカビリー・クラブ)  
12.「マリー」(花伸)  
13.ガラスのジェネレーション(佐野元春)  
14.–CUPID–(松原みき)  
15.「いたいけな夏」(ビートたけし)  
16.「SO YOUNG」(山下久美子)  
17.ス・ト・リ・ッ・パ・ー(沢田研二)  
合計時間:
Disc-3 (GINJI WORKS 1982-2000)
アン・ルイス最大のヒット曲「ラ・セゾン」の編曲から、コンポーザーとしても充実期を迎え、その後はプロデューサーとして活躍するに至る軌跡を収録[1]
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.ラ・セゾン(アン・ルイス)  
2.「愛のセレナーデ」(フランク永井)  
3.「魔法をかけて」(原田知世)  
4.「ブロークン・ジェネレイション (Broken Generation)」(伊藤さやか)  
5.「GOOD TIME JIVE」(憂歌団)  
6.「こぬか雨」(EPO)  
7.サイレントムーンにつつまれて(吉川晃司)  
8.「シンデレラ・スターライト」(早見優)  
9.「Rainbow signal」(ハイ・ファイ・セット)  
10.ハートのIgnition(福永恵規)  
11.「セミ・スィート・ショック」(相楽晴子)  
12.「In The Moon Light」(須藤薫)  
13.「情熱」(井出泰彰)  
14.大阪ストラット(フルサイズ・アルバム・バージョン)(ウルフルズ)  
15.涙のレインボーアイズ(ザ・コレクターズ)  
16.「おもひで!おもひで!!」(七尾旅人)  
17.あくび(Whiteberry)  
合計時間:
Disc-4 (GINJI LIVE & RARE TRACKS)
1985年の佐野元春「ビジターズ・ツアー」にゲストで登場した際の「夜を駆け抜けて」のライブ音源に始まり、伊藤銀次「WINTER WONDER MEETING 2015」のライブ音源、ネットラジオ『伊藤銀次のPOP FILE RETURNS』から、杉真理村田和人とのパフォーマンス音源など初商品化となる貴重なトラックが目白押しなレア・トラック集。さらにココナツ・バンクの最初期音源とされる福生で大瀧詠一によって録られた「こぬか雨」のプリ・バージョンという歴史的発掘音源が収録されている[1]
#タイトル作詞作曲・編曲 時間
1.「夜を駆け抜けて」(佐野元春 with THE HEARTLAND feat. 伊藤銀次)  [Live 1985]
2.「Night Pretenders」(伊藤銀次)  [WINTER WONDER MEETING 2015 LIVE]
3.「真っ赤なビキニのサンタクロース」(伊藤銀次)  [WINTER WONDER MEETING 2015 LIVE]
4.「あの娘のビッグ・ウェンズデー」(伊藤銀次)  [WINTER WONDER MEETING 2015 LIVE]
5.「愛をあきらめないで」(伊藤銀次)  [WINTER WONDER MEETING 2015 LIVE]
6.「いちご色の窓 -Strawberry Windowpane-」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
7.「Monday Monday」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
8.「想い出は止まらない」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
9.「普通の男」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
10.「Dream Time」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
11.「涙の理由を」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
12.「しゃべりたいな」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
13.「天気予報図」(伊藤銀次)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
14.ウキウキWATCHING(伊藤銀次、杉真理村田和人)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
15.幸せにさよなら(伊藤銀次、杉真理、村田和人)  [POP FILE RETURNS STUDIO LIVE]
16.ほこりだらけのクリスマス・ツリー(伊藤銀次)  [Bonus tracks]
17.「こぬか雨 (Fussa Demo)」(ココナツ・バンク)  [Bonus tracks] ※MONO
合計時間:

クレジット[編集]

スタッフ[編集]

  • 監修 / 解説:伊藤銀次
  • 企画:鮎澤裕之 (Sony Music Direct)
  • 制作:蒔田聡 (Sony Music Direct)
  • 制作協力:滝瀬茂 (Sony Music Direct)
  • マスタリングエンジニア:阿部充泰 (Sony Music Stadios Tokyo)
  • ライナーノーツ:市川清師、吉原聖洋、廿楽玲子、安川達也
  • デザイン:林田親悟 (Sony Music Direct)
  • 制作進行:星野真実 (Sony Music Communications)
  • エグゼクティブ・プロデューサー:華岡徹、加納糾 (Sony Music Direct)
  • 協力:林敏明、坂口修、城田雅昭、荒野政寿、佐野元春、小野田清文、ダディ柴田、伊藤隆博、杉未来、杉真理村田和人、渡邊大

リリース日一覧[編集]

地域 発売日 リリース 規格 品番 備考
日本 2017年11月21日 (2017-11-21) Sony Music Direct (Japan) Inc. BSCD2 DQCL 693-6(4枚組) 監修 / 解説:伊藤銀次
Sony Music Shop専売商品

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 伊藤銀次、デビュー45周年記念CD-BOX限定発売”. 全日本歌謡情報センター. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2017年11月20日). 2017年11月20日閲覧。
  2. ^ 伊藤銀次デビュー45周年記念BOX『POP FILE 1972-2017』が発売決定”. amass. amass.jp (2017年11月20日). 2017年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]