PK戦の記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

PK戦の記録(ピーケーせんのきろく)では、FIFAワールドカップなど、多くの大会のPK戦の記録を表記する。

代表[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

  • 1982年 第12回スペイン大会 準決勝 西ドイツ 5-4 フランス
  • 1986年 第13回メキシコ大会 準々決勝 フランス 4-3 ブラジル
  • 1986年 第13回メキシコ大会 準々決勝 西ドイツ 4-1 メキシコ
  • 1986年 第13回メキシコ大会 準々決勝 ベルギー 5-4 スペイン
  • 1990年 第14回イタリア大会 決勝トーナメント1回戦 アイルランド 5-4 ルーマニア
  • 1990年 第14回イタリア大会 準々決勝 アルゼンチン 3-2 ユーゴスラビア (現:セルビア)
  • 1990年 第14回イタリア大会 準決勝 アルゼンチン 4-3 イタリア
  • 1990年 第14回イタリア大会 準決勝 西ドイツ 4-3 イングランド
  • 1994年 第15回アメリカ大会 決勝トーナメント1回戦 ブルガリア 3-1 メキシコ
  • 1994年 第15回アメリカ大会 準々決勝 スウェーデン 5-4 ルーマニア
  • 1994年 第15回アメリカ大会 決勝 ブラジル 3-2 イタリア
  • 1998年 第16回フランス大会 決勝トーナメント1回戦 アルゼンチン 4-3 イングランド
  • 1998年 第16回フランス大会 準々決勝 フランス 4-3 イタリア
  • 1998年 第16回フランス大会 準決勝 ブラジル 4-2 オランダ
  • 2002年 第17回韓国/日本大会 決勝トーナメント1回戦 スペイン 3-2 アイルランド
  • 2002年 第17回韓国/日本大会 準々決勝 韓国 5-3 スペイン
  • 2006年 第18回ドイツ大会 決勝トーナメント1回戦 ウクライナ 3-0 スイス
  • 2006年 第18回ドイツ大会 準々決勝 ドイツ 4-2 アルゼンチン
  • 2006年 第18回ドイツ大会 準々決勝 ポルトガル 3-1 イングランド
  • 2006年 第18回ドイツ大会 決勝 イタリア 5-3 フランス
  • 2010年 第19回南アフリカ大会 決勝トーナメント1回戦 パラグアイ 5-3 日本
  • 2010年 第19回南アフリカ大会 準々決勝 ウルグアイ 4-2 ガーナ
  • 2014年 第20回ブラジル大会 決勝トーナメント1回戦 ブラジル 3-2 チリ
  • 2014年 第20回ブラジル大会 決勝トーナメント1回戦 コスタリカ 5-3 ギリシャ
  • 2014年 第20回ブラジル大会 準々決勝 オランダ 4-3 コスタリカ
  • 2014年 第20回ブラジル大会 準決勝 アルゼンチン 4-2 オランダ
  • 2018年 第21回ロシア大会 決勝トーナメント1回戦 ロシア 4-3 スペイン
  • 2018年 第21回ロシア大会 決勝トーナメント1回戦 クロアチア 3-2 デンマーク
  • 2018年 第21回ロシア大会 決勝トーナメント1回戦 イングランド 4-3 コロンビア
  • 2018年 第21回ロシア大会 準々決勝 クロアチア 4-3 ロシア

補足[編集]

  • これまでドイツ(西ドイツ)が1982年にワールドカップ史上初のPK戦から4戦4勝、アルゼンチンが5戦4勝と続いている一方、イタリアは2006年決勝で、イングランドが2018年決勝トーナメント1回戦でそれぞれ4回目の挑戦で初勝利を挙げている。

UEFA欧州選手権(EURO)[編集]

  • 1976年 第5回ユーゴスラビア大会 決勝 チェコスロバキア 5-3 西ドイツ
  • 1980年 第6回イタリア大会 3位決定戦 チェコスロバキア 9-8 イタリア
  • 1984年 第7回フランス大会 準決勝 スペイン 5-4 デンマーク
  • 1992年 第9回スウェーデン大会 準決勝 デンマーク 5-4 オランダ
  • 1996年 第10回イングランド大会 準々決勝 イングランド 4-2 スペイン
  • 1996年 第10回イングランド大会 準々決勝 フランス 5-4 オランダ
  • 1996年 第10回イングランド大会 準決勝 チェコ 6-5 フランス
  • 1996年 第10回イングランド大会 準決勝 ドイツ 6-5 イングランド
  • 2000年 第11回ベルギー/オランダ大会 準決勝 イタリア 3-1 オランダ
  • 2004年 第12回ポルトガル大会 準々決勝 ポルトガル 6-5 イングランド
  • 2004年 第12回ポルトガル大会 準々決勝 オランダ 5-4 スウェーデン
  • 2008年 第13回スイス/オーストリア大会 準々決勝 トルコ 4-1 クロアチア
  • 2008年 第13回スイス/オーストリア大会 準々決勝 スペイン 4-2 イタリア
  • 2012年 第14回ウクライナ/ポーランド大会 準々決勝 イタリア 4-2 イングランド
  • 2012年 第14回ウクライナ/ポーランド大会 準決勝 スペイン 4-2 ポルトガル

補足[編集]

  • ドイツ(西ドイツ)が主要な大会で唯一敗れたPK戦が1976年大会の決勝。試合時間残り1分で追いつきPK戦にもつれ込んだがウリ・ヘーネスが失敗。一方でチェコスロバキアはアントニーン・パネンカがチップキックでループシュートを決め優勝を決めた(通称パネンカ・キックトッティのクッキアイオと同じ)。ドイツはこれ以降ワールドカップとEUROで5連勝中である。
  • そのチェコも、チェコスロバキア時代からPK戦ではEUROにおいて3戦全勝。うち2戦がサドンデスにもつれているにもかかわらず、3戦合計したPK20本を全て決めている(ワールドカップではPK戦の経験はまだない)。また、対西ドイツ以外の二戦は、PK戦では一般的に不利とされている後攻だった。
  • ワールドカップ、EUROのPK戦で4連敗を喫していたイタリアの流れを変えたのがEURO2000年の準決勝オランダ戦、試合中にも2本のPKが相手に与えられたフランク・デ・ブールクライファートが失敗、PK戦でもフランク・デ・ブール、ヤープ・スタムポール・ボスフェルトのPKを止め初勝利を飾ると2006年のワールドカップ決勝でも見事フランスにPK戦で勝利している。

FIFAコンフェデレーションズカップ[編集]

  • 1995年 サウジアラビア大会 グループリーグ デンマーク 4-2 メキシコ
  • 2005年 ドイツ大会 準決勝 アルゼンチン 6-5 メキシコ

その他の大会のPK戦の記録[編集]

女子代表[編集]

FIFA女子ワールドカップ[編集]

クラブ[編集]

インターコンチネンタルカップ[編集]

FIFAクラブワールドカップ[編集]

UEFAチャンピオンズリーグ[編集]

UEFAヨーロッパリーグ[編集]

Jリーグ(1998年まで実施)[編集]

Jリーグ史上初のPK戦
Jリーグ史上最長のPK戦。浦和の14人目・ブッフバルトが失敗し試合終了。
Jリーグ最後のPK戦

Jリーグチャンピオンシップ[編集]

Jリーグカップ[編集]

天皇杯全日本サッカー選手権大会[編集]

決勝がPK戦にもつれ込んだのは今のところこの一度のみである。

アマチュア[編集]

※この試合最初の5人を含む11人全員が1本も外さず1巡目が終了。16人目は双方が失敗し決着がつかず、22人目のGK同士の蹴りあいで東福岡高校が外し決着がついた。なおキッカーとして44人が登場し、GKに止められた選手はいたがゴールの枠を外した選手は一人もいなかった。