pH調整剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

pH調整剤(ピーエッチちょうせいざい)とは、食品添加物のひとつ。 食品における腐敗防止や変色防止の目的で加工食品などに含有されている食品添加物の総称。酸性またはアルカリ性の度合を調整するために用いられる。

「ph調整剤」という表記は特定の物質を指すのではなく、クエン酸、クエン酸ナトリウム、リン酸などを一括表示したもの。食品のphを4から5の酸性に保つことで変色防止、腐敗防止の効果に作用している。

主な添加物[編集]

関連項目[編集]