PGM ヘカートII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PGM ヘカート II
PGM Hecate.jpg
PGM ヘカート II
PGM ヘカート II
種類 対物ライフル
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 Gilles Payen
PGMプレシジョン
年代 現代
仕様
口径 12.7mm
銃身長 700mm
使用弾薬 12.7x99mm NATO弾
装弾数 7発
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1380mm
1140mm(ストック折りたたみ時)
重量 13.8kg(スコープ非着装)
発射速度 825m/秒
最大射程 2km超
有効射程 1.8km
歴史
設計年 1994年~1995年
配備期間 1993年~配備中
配備先 フランス軍など
関連戦争・紛争 アフガニスタン紛争 (2001年-)
テンプレートを表示

PGM ヘカートII (仏:PGM Hécate II)はフランスのPGMプレシジョン社が開発、製造している狙撃銃である。同社の展開するウルティマ・ラティオシリーズでは最大の12.7mm弾薬を使用する。ヘカートとはギリシア神話の女神ヘカテーの事。

フランス陸軍が大型狙撃銃FR-12,7として制式採用している。これは仏語で「12.7mm口径ボルトアクションライフル」を意味するFusil à Répétition de calibre 12,7を略したものである。

概要[編集]

NATO標準の重機関銃弾薬である.50BMG(12.7×99mm)を使用するボルトアクション対物ライフルで、約1,800m以上での射撃を想定して設計されている。2000年代前半までは、他のウルティマ・ラティオシリーズと共に、ベルギーのFN社ブランドで販売されていたが、現在はPGMプレシジョンの自社ブランドから販売されている。

ヘカートIIは他のPGM製ライフルと同様の金属製スケルトン構造を採用し、スケールアップが施されている。射撃精度を高めるため、前方に二脚、後方に一脚を装備し、これらは両方とも調整が可能である。銃床も調整式で、射手の体型に合わせることができる。

放熱と重量軽減のため、銃身表面に螺旋状の溝を掘るフルーティングが施されている。また、射撃の反動を7.62x51mm NATO弾用小銃程度に軽減するために、高効率のマズルブレーキを装着している。

標準的な照準器として、10倍の望遠性能を持つSCROME LTE J10 F1照準眼鏡が制式化されている。

運用[編集]

フランス陸軍はFR-12.7を長距離射撃、嫌がらせの射撃、カウンター狙撃に使用している。また、不発弾を安全な距離から破壊するための、HEIAPを使用した対物ライフルとして用いられる。

写真[編集]

採用国[編集]

登場作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Kaitseministeerium ostab Eesti kaitseväele snaiprirelvi
  2. ^ Arme'e de Terre -
  3. ^ Latvian National Armed Forces, Facts and Figures
  4. ^ Slovenian Armed Forces,armament

関連項目[編集]

外部リンク[編集]