PERFECT BLUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Base Ball Bear > PERFECT BLUE
PERFECT BLUE
Base Ball Bearシングル
初出アルバム『二十九歳
A面 PERFECT BLUE
B面 アイノシタイ
Typical Girl
リリース
ジャンル ロック
レーベル EMIミュージック・ジャパン
チャート最高順位
Base Ball Bear シングル 年表
Tabibito In The Dark/スローモーションをもう一度 part.2
(2011年)
PERFECT BLUE
(2013年)
ファンファーレがきこえる/senkou hanabi
(2013年)
テンプレートを表示

PERFECT BLUE」(パーフェクト ブルー)は、Base Ball Bearの15枚目のシングル

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. PERFECT BLUE
  2. アイノシタイ
    • ライターの三宅正一が考案したタイトル。元々はスガシカオの新曲タイトル公募に三宅が応募したものであり、最終候補まで残ったが落選(選ばれたタイトルは「Re:you」)。このタイトルを気に入った小出は三宅に打診し、タイトルを譲り受けた。
    • ブックレットに歌詞が掲載されていないため、歌詞が未公開となっていたが、2016年のデビュー10周年・バンド結成15周年を記念して開設された特別サイト「青い春.com」(現在は閉鎖)にて、歌詞の一部が初めて公開された[2]
    • 楽曲のイメージは、小出曰く「暗いサンバ」。
  3. Typical Girl
    • 関根がメインヴォーカルを務める曲。関根がメインヴォーカルを務めるのは「LOVESICK」以来、約2年5か月ぶり。
    • 楽曲のイメージは、小出曰く「20代後半のOLの独り言」。
    • タイトルは、スリッツの楽曲「Typical Girls」から。

脚注[編集]

  1. ^ Base Ball Bear「バンドBのベスト」&「PERFECT BLUE」インタビュー (5/7ページ)”. ナタリー (2013年). 2017年11月29日閲覧。
  2. ^ 小出のツイート”. Twitter (2016年8月19日). 2017年11月29日閲覧。